青森県|

八戸みなと漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 イカ

浜プランの取組内容

(1)中、小型いか釣り漁業における高度衛生型荷捌施設活用や新規格による魚価向上
○漁協は、市が定期的に行う衛生管理講習会を活用し、漁業者に対して積極的な受講を呼びかけ、漁業者と協力して船上での選別や箱詰め作業にかかる取扱いルールを定めるなど、衛生管理意識の啓発・普及を図る。また、漁業者は船上での選別や箱詰め作業にかかる取扱いルールに基づき、衛生に関する技術の習得に努め、対策の徹底を図る。
○中型いか釣り漁業者は、高度衛生型荷捌き所がH28年度末に完成されるのにあわせて、一層の価格向上を目指し、船上での分別等の作業工程を凍結までの時間短縮や、釣り針破片の混入防止のために目視検査体制を強化するなどの観点で再点検を行い、必要に応じて見直しを図ることで、鮮度・品質向上に取り組む。加えて、従前の出荷形態(規格サイズ毎にまとめたブロック凍結)から1尾毎に分けて凍結する一本凍結(IQF)へ移行するが、さらに市場等の要望を聞きながら漁協と共に、刺身用食材として活締個体のIQFや、頭足を胴から外した坪抜きIQF等の製品の開発にも取り組む。
なお、盛漁期は作業に余裕がないことから、比較的漁獲の少ない漁期の序盤や終盤に試験的に行うこととする。
○小型いか釣り漁業者は、中型いか釣漁業者と同様に、高度衛生型荷捌き所の完成に合わせて、一層の価格向上を目指し、水揚げ時の鮮度を現状よりも向上させるため、漁獲量の少ない時期や夏場の昼操業の際は直射日光による品質低下を防ぐため、施氷量を調整したり、積み上げた魚箱に遮光シートを被せるなど保温(5℃以下)に努め、鮮度保持を図る。 また、漁業者は市場等の要望を聞きながら活イカの出荷や、神経締めした個体を下氷に直接触れないようシート等を挟んだ活〆イカの出荷にも取り組むこととし、あわせて販売ルートの開拓に漁協と漁業者が協力して取り組む。

(2)小型底びき網漁業による出荷形態の検討
○小型底びき網漁業は、漁業種の性格上、多くの魚種が一度に混獲されるが、漁業者は大きさや数が揃わず商品価値のあまりない所謂「低・未利用魚」について、洗浄や鮮度管理を他の魚種と同様に扱うよう改め、魚価の高いキチジやヒラメなどと同一箱に詰め販売するよう試みることで、市場要望の発掘に努める。漁協はこれらの魚種を用いた流通、販売を試験的に行い流通経路の構築を目指す。

(3)直販施設を含む海業支援施設整備やイベント参加による魚食普及活動
漁業者及び漁協は、「八戸ハマリレーションプロジェクト」等の地域イベントの活用等販売戦略をたて、当地域における水産物の販売促進を目指す。加えて、将来的な魚食普及の観点から、地域の子供を対象とした魚食に関する体験学習など、魚食や漁村文化伝承機会を県内外の子供達に広く提供するため、直販施設を含む海業支援施設の整備に向け、協議検討を行う。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 八戸みなと漁業協同組合
住所 〒031-0822 青森県八戸市大字白銀町字三島下101
電話番号 0178-33-3311