茨城県|

久慈丸浜小漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 アンコウ
タコ
シラス

浜プランの取組内容

漁業収入向上のための取組
a 底びき網漁業者6名が中心となって、主に小型底びき網漁業で漁獲される地魚を船上での海水冷却機などの活用による鮮度保持と陸上での電解水装置などの活用による衛生管理の徹底で高品質化させることで、魚価の向上を目指す(アンコウ、ヤリイカ、ヒラメなど)。鮮度保持及び衛生管理と併せて、冷凍向きの水産物を選定し、好・不漁により激しく変動する水産物の価格安定化を図るため冷凍出荷に向けた検討を開始する。
a 久慈浜丸小漁協及び久慈町漁協が、漁業者や水産加工業者、日立市内飲食店等と連携しながら、冷凍生シラスやCAS製品を活用した新商品の開発及び施設整備について検討する。(久慈町漁協は、CASを平成22年に導入し、シラス、アワビ、ヒラメなどが商品化されている。今後、水産加工業者や市内飲食店等と連携し、上記の高品質化とあわせ、「さくらダコ」を活用した炊き込みご飯などの新たなCAS製品の商品開発に取り組む。また、市内飲食店等と連携し、冷凍出荷調整を行うための冷凍施設整備について検討を開始する。)
a 底びき網漁業者6名が中心となって、東日本大震災の前に、学校給食の食材に導入されていた「さくらダコ」の取扱いを復活させることを目指す。(学校給食が廃止されたのは、震災による操業自粛、水揚げ減少などが理由であったが、現在は、漁が再開し、水揚げも回復しているため、学校給食を復活させるために供給体制を再構築することについて検討を行うこととする。)
a 全漁業経営体及び日立市内の各漁協が「日立港秋の味覚まつり」や産業祭などの地域イベント等での日立市の魚「さくらダコ」などの地魚販売等によるPR活動の実施に取り組む。また、併せて漁連、漁業士会、県等と連携し、風評被害を払拭するための店頭販売等の安心・安全PRキャンペーンも実施する。
b 沿岸小型船漁業者と採鮑漁業者が中心となって、アワビやヒラメ種苗の放流、ウニの密度管理等の栽培漁業や資源管理等に積極的に取組むことにより、資源の増大を図る。また、海浜清掃、岩盤清掃等漁場環境の保全にかかる活動も併せて推進する。
b 日立市内の各漁協と県立海洋高校が連携して、高校生の研修を積極的に受入れることで、漁家・非漁家、漁業内・外に関わらず多方面からの漁業就業者を確保する。
b 久慈浜丸小漁協が所有する老朽化した製氷機について、日立市内の各漁協が連携し、漁業者の意見を取り入れながら改修・整備することについて検討する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 久慈丸浜小漁業協同組合
住所 〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-1-2
電話番号 0294-52-2066