秋田県|

秋田県漁業協同組合(南部地域)

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 トラフグ
マダイ
ヒラメ

浜プランの取組内容

①漁業協同組合は血抜き・神経抜きによる漁獲物の高付加価値化を図るため飲食店等エンドユーザーのニーズの調査や調理方法等の用途にあわせた規格についての情報収集を行う。また、トラフグ等活魚として生産可能な魚種(漁獲後も生存し、活魚としての需要が高い魚種)について取り扱いを検討するとともに、試験出荷を開始する。
②漁業協同組合は魚価の向上のため競売方法や一度に大量に水揚げされる漁獲物の販売方法等の見直しや流通ルートを拡大するため、聞き取りにより流通業者等のニーズの把握を行う。
③漁業協同組合は、地場産魚介類についてのアンケート等により消費者ニーズの把握を行い、関係する加工業者や飲食店と連携し、商品開発やレシピ考案に取り組む。
④底曳網漁業者は魚の住みやすい環境を整えて資源の増大を図るため、海底清掃や海底耕耘の計画検討を行う。
その他の漁業者は海上の浮遊物回収に努め、地先海岸線や藻場等の清掃活動を行い、水産生物の周辺環境の保全を図る。
⑤漁業協同組合は秋田県水産振興センターと連携し、藻場の規模等に応じたアワビの適正放流数算定の為の調査を行う。
また、漁業協同組合は資源の増大を図るため、にかほ市および由利本荘市と連携の上、アワビ・ガザミ等の放流を実施し、漁業者も種苗放流活動に協力金拠出等で協力する。更に、漁業者は小型魚の保護など、資源管理と一体的な取り組みにより資源の持続的利用を図る。
⑥漁業協同組合、関連行政機関および漁業者は、地域漁業の活性化を図るため、漁業研修・体験を連携して実施し、新規就業者の確保・育成に取り組む。
⑦漁業協同組合は秋田県水産振興センターと連携し、調査船による漁海況データ等の活用を図りながら、新たな漁場の開発や漁具の改良などについて漁業者への情報提供を行う。

以上の取組により漁業収入を基準年対比 0.78%向上させる。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 秋田県漁業協同組合(南部地域)
住所 〒011-0945 秋田県秋田市土崎港西1-5-11
電話番号 018-845-1311