岩手県|

宮古漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 ブリ
ヒラメ
タラ
ワカメ
アサリ
ホッキガイ

浜プランの取組内容

以下の取組により、漁業収入を基準年比0.1%向上させる。
① 養殖漁業の生産量増加、生産性向上
・漁協は、養殖漁業の空き漁場が有効利用できるよう、行使規則の見直しをする。
・漁協は、ホヤ種苗を安定供給できるよう、岩手県水産技術センター等から講師を招いて講習会を開催し、安定供給を図る。
・ワカメ養殖業者は、他のワカメ製品より単価の高い干しワカメの生産拡大を図るため、漁消費者の動向調査を実施する。
② 貝類(アサリ、ホッキ)の生産量増大
・漁協は、第1種共同漁業権の行使規則の見直し(行使地区の拡大)を行い、行使可能な漁場が拡大することで放流資源の有効利用を図る。
・採介藻漁業者及び漁協は、貝類の害敵であるサキグロタマツメタの駆除や干潟の耕運による漁場改善を実施し、貝類の生息環境を整備する。
③ ウニ生産量の増大と付加価値向上
・採介藻漁業者は、ウニを資源水準に応じ、積極的に漁獲することで生産量を増やし、また、漁獲時のウニの相場を勘案のうえ、塩ウニ製造を行うことで付加価値向上に努め、価格の維持・向上を図る。
④ アワビの資源管理、資源造成と適正利用
・採介藻漁業者は、東北区水産研究所・岩手県水産技術センター等と協力し、種苗放流適地調査を行い、確実に放流適地に種苗を放流することで、放流効果を最大限に高める。
⑤ 6次産業化の取組の支援強化の実施
・漁協は、宮古産水産物のPRに繋げるため、市内でカキの直売を行っている津軽石牡蠣養殖組合及び宮古湾牡蠣養殖組合(いずれも漁協の組合員が組織する団体)に対して、機器の整備の支援を行う。また、その他の漁業者グループから希望があれば随時取組を支援する。
⑥ 定置網漁獲物の高鮮度出荷による高付加価値化
・漁協は、ブリ、ヒラメ、タラなどの漁獲物の一部を活〆・血抜き処理して高鮮度を維持して市内鮮魚店や飲食店へ出荷し、付加価値を向上する取組を試験的に行い、評価を分析する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 宮古漁業協同組合
住所 〒027-0005 岩手県宮古市光岸地4-40
電話番号 0193-62-1234