富山県|

新湊漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 マグロ
サワラ
マアジ

浜プランの取組内容

1 魚価向上に向けての取組
(1)水産物の高鮮度化・販路拡大
①新湊漁業協同組合(以下、「漁協」とする。)は、高鮮度保持、高度衛生管理、作業の効率化と維持経費の軽減を図るため、水産施設の配置再編、給水施設、製氷施設、漁具倉庫の新設や改修などを検討する。
②若手漁業者らは、海の富栄養化をくい止めるため、窒素やリンなど海の富栄養化の原因となる物質を吸収して育つ性質がある昆布の養殖を行っている。また、これらの柔らかい昆布は市場からの需要が高いので、保存方法の改善や新たに地元スーパーなどへの販売を検討し販路の拡大を目指す。
③若手漁業者らは、産官学の連携したいみずマリンバイオテクノロジー研究会が育成試験、食の安全性確保等をはじめとした研究を基礎に養殖事業化の検討等に取り組んでいる岩ガキの養殖について、生育状況により試験販売を検討する。
④延縄・刺し網漁業者は、ブランド魚「万葉かれい」6のイベント会場で試食会を実施するなど認知度の向上と種苗の確保等による生産量の安定に努めるとともに、高値が期待できるガザミを「越のわたり蟹」7として新たに地ブランド化を図る。
(2)地域交流・啓発普及
①漁協は、地元消費拡大に伴う魚価向上を目指し、市内全小学6年生に対するカニ一人一杯給食や高校生、大学生を対象に魚のさばき方教室を継続して実施することで魚食文化の継承及び普及を図る
②漁協青年部8と射水市(以下「市」とする。)は共同で市内小学校において訪問授業を行い、漁業や魚、海の環境保全に対する大切さを伝え、身近な魚食の普及活動を行う。
③漁協組合員は、「新湊カニかに海鮮白えびまつり」のPRイベントにおける直接販売等を継続して実施し、全国ブランドとなっているベニズワイガニやシロエビのさらなる知名度の向上を図るとともに、他の魚種についても効果的なPR方法について検討する。また、姉妹漁港の由比港漁港(静岡県静岡市)と連携し、継続的にPR活動行う。
④漁協組合員は、全国豊かな海づくり大会9のメーン会場であることや北陸新幹線の開業効果、映画やテレビの舞台10となったこと、さらには「ディスカバー農山漁村の宝」グランプリの受賞11など、さまざまな要因によって射水市新湊地区の知名度が上昇したことにより増加した県内外から訪問客に対して鮮度の高い地元の魚を提供することで、地元魚の消費拡大を図る。

2 環境保全・資源の維持、増大
①漁協は、ヒラメやクルマエビ、アワビなど種苗放流を行い資源の維持及び増大を図る。
②漁協組合員は、富山湾を愛する会(高見貞徳 理事長)等のNPO法人が実施する藻場の維持管理や再生活動等12に協力し、資源の維持及び増大を図る。
③漁協組合員は、海底清掃や海岸清掃による漁場の環境保全に取り組む。
④漁協組合員は、豊かな海づくりに向け植樹活動13を庄川流域等にて行う。
⑤かごなわ漁業者は、資源確保のための水曜日の自主休漁を継続する。
⑥小型底曳漁業者は、漁業者同士の過度な競争を抑え十分な水揚げを効率よく確保し、さらに海の資源を保護、再生産を促すために、水揚げ金額を全員で頭割りする「プール制」及び2チームに分かれて日ごとに操業する「輪番制」を引き続き実施する。また、富山県農林水産総合技術センター水産研究所等の調査結果を参考にしながら、漁獲方法や漁獲場所等について改善していく。

3 人材確保・育成
①漁協は、(公社)富山県農林水産公社主催の各就業相談会やフェアへ情報提供を行い、担い手の確保に努める。市は、漁業研修費及び居住費の支援を行い他漁港との差別化を図る。
②漁協青年部は、定期的に講師を招き、活〆や網掛け等の講習会を開催して漁業技術の向上を図る。
⇒ 以上の取組みにより、漁業所得を基準年比6.7%向上させる。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 新湊漁業協同組合
住所 〒934-0025 富山県射水市八幡町1-1100
電話番号 0766-82-7707