三重県|早田地域水産業再生委員会

尾鷲漁業協同組合 早田支所

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 ヒラソウダ
シイラ

浜プランの取組内容

① 早田地区の大型定置網漁業において、老朽化が著しい網持ち船の代船建造、建造に伴う操業体制の効率化、網の改良について検討し、もうかる漁業創設支援事業の活用に向けた取組を進める。
② 養殖業の複合化にかかる取組として、尾鷲湾内における貝類養殖の可能性を検討するため、魚類養殖業者と協力しながら、試験的にマガキ養殖を実施するとともに、区画漁業権の取得に向けた検討を進めていく。
③ ヒラソウダ、シイラ等のブランド化を目指し、ブランドの基準となるデータを収集するために「フィッシュアナライザ」を導入し、尾鷲市や定置網業者が中心となり体長や重量、脂肪含量等の定期的なデータの収集を行う。
④ 尾鷲マグロの知名度向上のために、漁協、商工会議所、加工組合等が中心となり、マグロを使用した料理の開発や尾鷲マグロを提供できる飲食店のマップの作成等に取り組む。また、漁協及びマグロ延縄漁業者は、マグロを周年提供できる体制を構築するため、マグロ船の誘致や地区内での新船建造の可能性について議論を進める。
⑤ 早田支所魚市場の仲買人が減少しているため、早田地区の大型定置網漁業者による尾鷲市場への出荷体制等の検討を行う。
⑥ 「おわせ魚まつり」、「早田寒ブリまつり」等のイベントを実施し、尾鷲の水産物の知名度向上を図るとともに、積極的な情報発信により県内外からの誘客に努め、消費の拡大を図る。
⑦ 定置網漁業を中心とした漁業体験教室、早田漁師塾の実施により新規就業者の確保につなげる。
⑧ 魚類養殖業者及び加工業者が中心となり、中学生を対象とした魚調理体験を実施することにより、若年層に対する魚食普及を推進する。
⑨ 漁協、各種漁業者が中心となり市等の協力のもと、藻場の保全のために食害生物の駆除を実施するほか、積極的なカサゴ等の種苗放流を行い、水産資源の増大を図る。
⑩ 漁協職員を中心に市場の衛生化に係る意識の向上を図るため、衛生管理型市場の視察等を行う。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 尾鷲漁業協同組合 早田支所
住所 〒519-3604 三重県尾鷲市港町3-6
電話番号 0597-22-0621