大阪府|

泉大津漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種 キジハタ
スズキ
チヌ
タチウオ

浜プランの取組内容

○魚価の安定化

・船曳網漁業者は、イカナゴ・シラス等地元水産物を中心に、大阪府鰮巾着網漁協と連携協力して、従来の専属加工業者との相対販売方法から段階的に、当組合及び近隣組合との協議により加工業者間による競争入札方法を採り入れ、同競り場を通してバイヤーへ入札販売する。この取り組みの継続によって、地場での水揚げが可能になり、運搬時間が短縮され鮮度が保たれることや、入札方式により相対価格に左右されずに、魚価の向上を目指す。

○ブランド化の推進
・近隣漁業者と大阪府鰮巾着網漁協が中心になり、「いわしとしらすの親子まつり」等の魚食推進活動イベントに全漁業者で参加し、大阪湾海域で水揚げされる大阪湾鮮魚を地元消費者をはじめ、隣接地域等の消費者へ地産地消を広めるために販売促進を行い、その中で「泉大津ブランド」のPRを全漁業者で積極的に行う。
・泉大津地区地域水産業再生委員会は、大分県漁業協同組合佐賀関支店の先進地視察を実施し、その地域での「鮮魚ブランド化」への取り組み等を
学び、当地域の取り組みに「反映」させる。
・漁協は、放流キジハタの生育状況の調査(魚体の長さ・重さ・大きさ等)を月1回実施し、年間のデータ収集を図り、今後の操業方針に生かす。
・また、キジハタを漁獲する漁業者は、キジハタを「活魚」として出荷することを前提に漁獲から出荷まで取り扱うこととし、他の地域の鮮魚のキジハタとの「差別化」を目指す。
・漁協は、全漁業者の参加のもと、商工会や泉大津市等の関係機関や団体の協力を得ながら、「さくら祭り・キャンドルナイト・商連ワイワイフェスタ等」へ産魚産直市場的なテーマを持って参画し、地元を中心に「泉大津ブランド」を広くアピールする。漁協はホームページを開設し、様々な取り組みを「浜の情報」として常に情報発信する。

これらの取組により前年度(以下基準年とする)実績に対して1%の漁業収入向上を確保する。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 泉大津漁業協同組合
住所 〒595-0054 大阪府泉大津市汐見町116
電話番号 0725-32-2310