和歌山県|和歌山南地区地域水産業再生委員会

和歌山南漁業協同組合

取組概要 地理的表示登録などのブランド化
キーワード 地理的表示登録
紫外線殺菌
イベント
販路 域内流通
取組タイプ ブランド化
魚種 イサキ
カツオ
シラス
ヒロメ

浜プランの取組内容

①観光業との連携促進
 漁業者は、観光業と連携して各種イベントを実施し、漁船チャーター料や直売会の売り上げなど新たな収入源確保に取り組む。1年目は、観光関係者との協議を重ね、連携可能な観光業者の掘り起こしを行う。

②イサキ・シラス等の販売促進
 ・イサキ: 当地域の代表的水産物であり、一尾ずつ丁寧に釣り上げられ、水揚げ直前に活けしめと血抜き処理が行われる。漁協は、これらを紀州イサギと命名し、鮮度が良く美味であるとしてブランド化を進めている。
 ・シラス: 曳網時間が短く、人力で丁寧に水揚げされることから、他地域よりも傷が少なく、高値で取引されている。そこで、イサキ及びシラス漁業者は、上記の漁獲・処理方法を継続することにより、品質特性の維持に務める。
 ・漁協は、イサキやシラス等について、直売会や地元の飲食店と連携したフェアを開催するなど、さらなる販売促進を図る。また、現在直売しているイサキ等の生鮮品、加工品、冷凍品について、学校給食や地域内外の飲食施設、宿泊施設、量販店への売りこみを行うとともに、ネット販売を促進し、販路拡大・販売促進を図る。

③認証制度の活用による付加価値向上
 ・すさみ町では、伝統の「ケンケン漁」によりカツオを傷つけないよう一尾ずつ丁寧に漁獲した後、すぐさま活け締めや血抜きといった鮮度保持のための処理を施し、温度管理に気を配りながら漁港へ運搬している。このため、市場では高鮮度・高品質であるとして一定の評価をえている。
 ・漁協は、このような当地域特有の品質特性を活かし、ブランド保護とさらなる付加価値向上のため、地理的表示登録への申請を検討する。1年目は、品質の良さを示す客観的データの収集・整理を行い、申請に向けた準備を行う。
 ・その他の産品についても、地理的表示保護制度や和歌山県優良県産品推奨制度「プレミア和歌山」など各種認証の取得を検討し、付加価値の向上を図る。

④ヒロメ県外出荷の促進
 ・当海域に自生するヒロメは、比較的低コスト・低労力で採捕できることから冬~春季の貴重な収入源となっているが、大部分が県内で消費されることから、漁獲盛期には値崩れがひどかった。このため、漁協は、漁業者からヒロメを買い上げ、紫外線殺菌海水を用いて洗浄するなど取り扱い方法を差別化し、「紀州ひろめ」として大阪近郊のイオンに出荷している。これらは県内出荷に比べて高値で取引されている。そこで、漁協は、県外出荷量の増大を念頭に、洗浄行程の見直しや機械化などにより出荷体制の効率化を進める。

⑤磯根漁場の造成
 当地域では、近年の磯焼け現象により、食用海藻や貝類の主食となる海藻が減少するなど、沿岸漁業の生産基盤である磯根漁場が衰退している。そこで、漁業者は、ウニ等の食害生物の駆除、クロメ母藻移植やヒロメ種糸移植による藻場造成、天然石の投入等による磯根資源の育成場の造成を実施し、磯根漁場の再生と磯根資源の増大を図る。
⑥海底耕うん
 漁業者は、海底耕うんを行い、海底の有機物を湧出させることで、海中へ栄養を補給するとともに、底質改善も併せて行うことにより、漁場の環境改善及び資源の回復を図る。
⑦種苗放流
 漁業者は、当地域の重要漁獲対象であるイサキ、マダイ、イセエビ、クエ、カサゴについて、種苗放流を継続して実施する。また、漁獲状況に応じて、放流数の増加を検討する。
⑧資源管理計画の履行
 資源管理計画において、まき網及び船びき網漁業者は定期休漁日を定めており、一本釣り及びひき縄漁業者は操業日数制限を定めている。各漁業者は資源管理計画を履行することにより、資源の維持・増大を図る。
⑨新規就業者確保
 漁業者は、新規就業者の確保や後継者育成のため、漁業就業を希望する未経験者(研修生)を受け入れ、研修生を支援し、円滑な研修生の指導育成に努める。また漁協は、新規就業者確保に向けたPRを行うとともに、就業希望者と受け入れ漁業者とのマッチング等、良好な研修環境の整備に務める。
⑩魚食普及の取り組み
 漁協は、女性部を中心に、子供から地域女性まで幅広い年代を対象とした料理教室や魚の捌き方教室を開催し、魚食普及を図る。また、漁業者及び漁協は、「芳養しおさい祭り」「ケンケンかつお祭り」「農林水産祭り」など、地元の自治体や市民団体が主催するお祭りや食育イベントに参加し、地魚の販売やPRを行うことで、魚食普及や地産地消を促進する。
以上の取組により、基準年との対比で2%の収入向上を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 和歌山南漁業協同組合
住所 〒646-0054 和歌山県田辺市江川43-35
電話番号 0739-22-8520