愛媛県|多喜浜地区地域水産業再生委員会

多喜浜漁業協同組合

取組概要 神経締めによる鮮度保持技術の向上
キーワード 冷却装置
神経〆
活魚出荷
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 マダイ
スズキ
ヒラメ
ハモ
トラフグ

浜プランの取組内容

1.漁獲物の鮮度保持方法の改善
(1)漁船の活け間の冷却による漁獲物のへい死防止
小型機船底びき網漁業者は、所有する漁船の活け間にチラーを配管し水温を低下させる冷却装置を作成、装着し、夏場の水温上昇を防ぐことにより、漁獲物の斃死を防止することが出来ないかを検討する。
【対象漁業者】小型機船底びき網漁業者3名
【対象魚介類】タコ類、エビ類
(2)神経締めによる鮮度保持技術の向上
神経締めの技術を習得した会員漁業者が小型機船底びき網漁業者等を対象に、神経締めの研修を実施し、水揚げした漁獲物を自らが神経締めの技術を習得し、漁獲物の鮮度保持を図る。
【対象漁業者】小型機船底びき網漁業者3名、一本釣り漁業者1名
【対象魚介類】マダイ、スズキ、ヒラメ

2.漁獲物の販売・出荷方法の改善
小型機船底びき網漁業等の漁獲物を漁協と取引のある流通業者を通じて、地元より単価の高い関西(大阪、京都)の市場に活魚出荷する。漁業者は活魚の状態を良好に保つため、エアーポンプ付活魚箱を使用する。
【対象漁業者】小型機船底びき網漁業者13名、一本釣り漁業者1名
【対象魚介類】ハモ、トラフグ

以上の取り組みにより、漁業収入を基準年比で6%向上させる。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 多喜浜漁業協同組合
住所 〒792-0892 愛媛県新居浜市黒島2-3-35
電話番号 0897-46-1090