高知県|高知地区地域水産業再生委員会高岡部会

高知県漁業協同組合(高岡部会)

取組概要 刺身用の高鮮度ウルメと活サバ・アジ
キーワード 活〆
冷水機
ブランド
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 ウルメ
サバ
タイ
イセエビ
アサリ

浜プランの取組内容

【多鈎釣りの振興】
 ・ウルメ: 主な用途が塩干物などの加工用であり、一度に大量に漁獲があると価格が下落する傾向にある。そのため、漁業者は自主的に1日1隻あたりの水揚げ量の上限を定める漁獲制限により、魚価の維持に取り組む。
 ・漁業者は、県と共同開発した自動針はずし機を使うことによって、手で触れることなくウルメを漁獲し、漁獲直後から海水氷で保冷することで、高鮮度のウルメを水揚げする。漁協は、このウルメを刺身用としての出荷に取り組む。これにより、刺身用の高鮮度ウルメの取扱高を増加させることで、漁獲制限の上限を上げ、かつ魚価の向上を図る。
 ・漁業者は、漁獲したサバの一部を活かしたまま水揚げする。漁協は、このサバを活〆して「宇佐サバ」と名づけ、刺身用としての出荷に取り組む。 同時に、アジについても同様の取り組みを行う。
 ・漁協は、人口が集中している高知市周辺へのアクセスが、他の主要な水揚地に比べて近いという利点を活かし、これらの高品質な高鮮度ウルメ、宇佐サバ、活〆アジを量販店や飲食店に販売する。
 ・活かして水揚げされたサバやアジは、市場の水槽で泳がされ、注文に応じて活〆して出荷される。しかし、スレなどのため最長で2日しか持たない。そこで、漁協はより日持ちさせるための工夫を検討する。また、現在は常温海水を利用しているため、海水温が上昇すると魚が斃死するために活〆出荷が出来ていない。そこで海水温を一定温度に保ち、海水温が上昇する時期であっても出荷できる体制を整えるため、冷水機の設置を検討する。
 ・漁協及び漁業者は、ヒラメやイサキの種苗放流を行い、地先海域での水産資源の増大に取り組む。また、放流魚種の漁獲量の推移を調査し、混獲率や回収率が判別できる魚種については、その割合についても調査した上で、事業効果を検証し、翌年以降の放流有望種苗についての検討を行う。

【ひき縄の振興】
 漁協及び漁業者は、中層に生息するシイラやカツオなどの回遊性魚類の保護育成場としての蝟集基盤の確立を図るため、中層式ビニール海藻魚礁の設置に向けて情報収集を行うとともに、設置の効果を検討する。

【アサリ漁の復活】
 漁協及び漁業者は宇佐地区協議会の構成員として、「かぶせ網」や「海底耕うん」などに取組み、アサリ資源の回復に取り組む。また、禁漁区の設定、稚貝の間引きや放流などのアサリ資源の増殖策の検討を行う。 
 ※かぶせ網…干潟に網をかぶせ、エイやチヌなどの外敵からアサリの稚貝を保護する方法

【観光釣り筏による地域振興】
 漁協は、利用客を増進し、できるだけ多くの申込者を受け入れるため、釣り筏1基を再設置する。また、広域キャンペーン「奥四万十博」の開催に向けて、関係機関と連携してホームページへの掲載等によるPRを行う。

【イセエビ漁の資源管理型漁業の推進と地域PR】
 ○資源保護の取り組み
  ・ イセエビの採捕に関しては、県漁業調整規則がある。本地域の主要産地である須崎市池ノ浦地区及び久通地区、中土佐町矢井賀地区及び四万十町志和地区の漁協及び漁業者は、この規制より更に厳しい基準をそれぞれ独自に設定し、資源管理型漁業の確立に努めている。
  ・ 池ノ浦地区では、180g以下のイセエビ(調整規則では13cm、概ね100g以下)の採捕を禁じており、このサイズのイセエビが漁獲された場合は、漁協が買い取った上で放流することにより、資源の維持に努めている。 他の地区でも、地域独自の禁漁期間の設定(月ごと)や禁漁区の設定等により、資源の維持に努めている。
  ・ また、すべての地区において漁協及び漁業者はウニや魚の駆除を行い、環境保全に取り組んでいる。
 ○資源増殖の取り組み
  ・ 志和地区の漁業者は、平成24年度より資源の維持増大を目的に、間伐材を利用した稚エビ魚礁の設置に取り組んでいる。平成26年度は、県水産試験場と連携し、人工海藻の設置を試験的に行った。
  ・ 今年度は、間伐材による稚エビ魚礁の設置を引き続き行うとともに、人工海藻の設置の効果を検証し、今後の活用方法について検討する。
 ○産地のPR活動
  ・ 池ノ浦地区の漁業者で組織する池ノ浦伊勢えび組合は、漁協と連携してイセエビの個人配送に取り組む。この取り組みは、長年に亘り行ってきたもので、現在は固定客のリピーターを確保しており、口コミなどにより徐々にではあるが広がりを見せている。また、今年度より須崎市ふるさと納税の贈答品にもリストアップされ、人気を博している。
  ・ 志和地区では、地域が一体となって年に1度、地域イベントを開催している。イベント時には漁業者はイセエビを販売し、産地としての知名度向上と消費の拡大に努めており、この取り組みを継続していく。

【養殖業の振興】
 ○ブランド鯛に関する取り組み
  ・乙女会のうち3養殖業者は、1養殖業者あたり1基の小割を増設し、薄飼いに着手、飼育魚の高品質化を目指す。
  ・また、関連企業B社と連携し、ドレス加工による付加価値の向上を図る。加工した乙女鯛は、B社が販売ルートを持つ北関東から東北方面の量販店・業務筋に向けて、航空便を活用しての高鮮度流通により販路を開拓する。
  ・土佐鯛工房は、1養殖業者あたり1基の小割を増設し、それぞれ5000尾の増産を図る。併せて、自治体及びC社と協力してメインの流通先である西日本方面へのPR活動や商談を行い、既存取引先の契約維持と新規顧客の獲得を図る。
 ○種苗の中間育成
  ・養殖業者は、地元種苗会社A社の生産したマダイ初期種苗の中間育成を受託することで、漁業収入の上乗せを図る。また、同社が新たに事業展開を図っているカンパチ種苗についても中間育成試験、成長試験に協力し、今後の中間育成の受託に向けて連携を強化する。
 ○漁場環境保全
  漁協及び養殖業者は、地元種苗会社A社の協力で底質改良剤を散布し、漁場環境悪化防止の取り組みを継続する。

【漁業者の育成】
 ・漁協は、新規漁業就業希望者を漁業研修生として積極的に受け入れ、担い手の育成を推進し、将来的な水揚量の増加を図る。
 ・漁業者及び漁協は漁業研修生と定期的に面談等を行い、漁業研修生が漁業者として定着できるよう支援する。

これらの取組みにより、基準値より0.4%の収入向上を目指す。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 高知県漁業協同組合(高岡部会)
住所 〒780-0870 高知県高知市本町1-6-21
電話番号 088-854-3600