静岡県|小川地区地域水産業再生委員会

小川漁業協同組合

取組概要
キーワード
販路
取組タイプ
魚種

浜プランの取組内容

1.漁業収入の向上

①高度衛生管理対策による付加価値向上
小川魚市場内で駿河湾海洋深層水の使用を継続するとともに、小川魚市場を改修し、高度衛生管理への対応を講じることにより取扱水産物の品質向上を図る。また、船上での施氷の改善によるサバの高鮮度維持に取り組む。

②活魚販売の拡大
現在、定置網漁業の一部の漁獲物で行われている活魚販売であるが、サバたもすくい漁業によるマサバについても活魚販売に取り組む。サバの活魚流通は知見が少ないため、静岡県水産技術研究所と連携して活魚槽での輸送調査・実証を進める。

③商品開発とPR による販売力強化
水産物の価値を磨く事業(静岡県水産振興課事業)により、静岡県水産振興課・静岡県水産技術研究所等と連携した、小川港産ゴマサバを使った新商品の開発・販売・PRを実施する。また、生協・農協等と連携した商品開発や地元イベント等での積極的な集客により、小川サバの知名度向上を図る。

2.漁業コストの削減

①餌料費の削減(棒受網、たもすくい網漁業)
フィッシュソリュブル(ミール加工の際に副次的に製造される安価な濃縮エキスであり、まき餌に混ぜて使用)、LED集魚灯等の活用による餌料使用量の削減に取り組む。
漁協による一括仕入れにより安価な餌料の確保を図る。

②燃油コストの削減(全魚種)
船底・プロペラ清掃、減速航行による燃油使用量の削減を図る。

さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)
※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内、取組初年度の内容を転載しています。

団体情報

JF・団体名 小川漁業協同組合
住所 〒425-0033 静岡県静岡県焼津市小川3392−9
電話番号 054-624-8131