気になる浜プランをコラムで紹介
Pick Up! 浜プラン

鮮度保持の工夫は、魚の価値を高める手段の一つだ。だが、鮮度と価値ともに高い魚であっても、ブランドとして認められるためにはそれ以外の工夫が求められる。ブランド魚の確立に際して行われた創意工夫を、釧路市漁...

釧路市漁業協同組合

2018年3月7日に行われた「浜の活力再生プラン 優良事例表彰」では、全国から8つの再生委員会がその優れた取組みから受賞を果たしました。今回のコラムでは、このうち当コーナーで未紹介だった新潟県の能生・...

浜プラン優良事例表彰

2017年度に創設された浜プラン優良事例表彰において、栄えある第1回目の農林水産大臣賞を受賞した高知地区地域水産業再生委員会清水部会(高知県漁協 清水統括支所)。安全安心、高鮮度なブランド漁『土佐の清...

高知県漁業協同組合 清水統括支所

全国657ある浜プランの中でも特に優良な取組みを表彰する、『浜の活力再生プラン 優良事例表彰』が2018年3月7日(水)に開催されました。当日は、齋藤健 農林水産大臣、長谷成人 水産庁長官も出席され、...

浜プラン優良事例表彰

販路の拡大や開拓など、商品をどこへ出荷するかについての検討は、鮮度が求められる漁業においては特に難しい課題であることに間違いない。大消費地への開拓か、地元での拡大か。大分県 津久見で取組まれ、収益向上...

大分県漁業協同組合 津久見支店

「地元にある商品を使って、何か加工食品を開発しよう!」こうしたアイデアは、漁業所得の向上を考えるにあたってはごく自然な発想だ。だが、それを実現するために本当に必要なことは、高鮮度処理でも、冷蔵技術でも...

小川漁業協同組合

多くの漁村地域で取組まれる、次世代の担い手対策。物価の安さや豊かな自然、恵みある食材など、移住を招くための様々なアピールをするものの手応えがない、というのが多くの地域での実感ではないだろうか。三重県の...

尾鷲漁業協同組合(早田支所)・㈱早田大敷

ブランド魚は地域にとってノドから手が出るほど欲しいものの一つに違いない。だが、あまりにそれに頼りすぎてしまうと、大きな打撃を受けることには、考えが及びにくいのかもしれない。サバの街として名高い福井県 ...

小浜市漁業協同組合

目の前にある課題に対して、適切な対策を打つことは商売の基本とも言えるが、その難しさも同時に語られるところだ。山口県漁業協同組合の中堅・若手漁業者たちによる朝市の取組は、そのための糸口を提供してくれる。...

山口県漁業協同組合

地産地消が重視される中、様々な事情で地域での販売見込みが立たない場合、外へのルート開拓は避けては通れない道だ。だが、単純に地区を変えて販売するだけでは、利益を生み出すこともまた容易ではない。山形県漁協...

山形県漁業協同組合

どのような漁業でも求められる効率性。漁の仕方、水揚げ方法、出荷体制など、改善するポイントは多く考えられるが、大阪・泉州地区で取組まれた広域浜プランは、地域全体で取組んだ徹底した「効率追求プラン」と言え...

大阪・泉州広域水産業再生委員会

高齢化や過疎化に喘ぐ漁村を復活させるために開発された「ご当地グルメ」。食材に妥協が許されないことは確かだが、地域を再生させるために本当に必要なことは、「意識改革」だ。関係者全員が納得し、一致団結して取...

小泊漁業協同組合

多くの漁業者が目指す魚価の向上。「付加価値をつける」ことが糸口であることは想像できるものの、具体的に何を進めればよいかは不明確であることがほとんどだ。京都府漁業協同組合は、魚の価値の見直し、品質を高く...

京都府漁業協同組合