浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

青森県|鰺ヶ沢町つがる市地域水産業再生委員会

赤石水産漁業協同組合

取組概要 ヤリイカの船上箱詰めなど付加価値向上、漁協直売所での販売強化
キーワード神経締め
低温管理
観光連携
販路域内流通
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 ヤリイカ
マダイ
ヒラメ
サザエ
ハタハタ

浜プランの取組内容

①沖合底曳網漁業
漁業者は、高温による鮮度劣化が懸念される夏場を中心として、漁獲物を収容する漁船内の魚槽を冷却して鮮度保持を図る。また、船上でのタイ・ヒラメ等の神経締めを行い、その後の迅速な箱詰め、施氷作業及び一般鮮魚との差別出荷等により、付加価値向上を図り、漁業所得の8%向上を目指す。
②底建網漁業
ヤリイカ漁において、船上箱詰めした「沖詰めヤリイカ」の単価を、他との差別出荷により向上させ、漁業所得の23%向上を目指す。これまで、漁獲物が魚槽に入りきらない際には、船上に野ざらしで寄港後に洗浄、箱詰めをしていたため鮮度や品質にばらつきがあったが、今後は、漁獲量を調整することで鮮度・品質の保持・向上に努める。
③一本釣り漁業
漁業者は、漁獲されたマダイ(2㎏以上)の色揚げを目的として、船上で漁獲後直ちに血抜きするとともに、氷と海水を1対3の割合で充填した魚倉に収容し、魚体温度を一定(5℃以下)に管理する。また、釣獲された傷物の除外選別の徹底を図るべく、作業工程の見直しを行うことで魚価向上を図り、漁業所得の6%向上を目指す。
④いか釣り漁業
漁業者は、粉砕氷を平らに敷き詰めた魚箱に、イカを迅速かつきれいに並べ、すぐに蓋をすることで異物混入を防ぐ。また、魚箱をシートで覆うことで直射日光等による高温化を防ぎ、低温管理(5℃以下)を徹底することで魚価の向上を図る。さらに、溶解水によるイカの白色化を防止するため、箱の底部に水抜き穴のついた発泡スチロール箱を使用することで漁業所得の13%向上を目指す。
⑤刺網漁業
漁業者は、相互監視によるサザエの漁獲時の殻高制限(殻高6cm以上)を徹底することで資源増殖に努めるとともに、サザエの餌場・生息場となる藻場を保護するため、ウニ等の害敵駆除にも取り組む。また、出荷時には、殺菌海水装置を活用した海水で一時飼育し、衛生管理および砂抜きを徹底することで漁業所得の8%向上を目指す。
◆販売促進活動
漁協及び漁業者は、地元観光施設「海の駅わんど」内の漁協直売所において、県内外から世界自然遺産白神山地観光に訪れる観光客等のニーズを踏まえて、数量規格に満たない鮮魚やその簡易加工品の販売戦略を立てる。また、町や観光協会などが開催する各種イベントに積極的に参加するなどして、試食や販売による水産物のPRに努める他、SNSを活用し情報発信・販売促進に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 赤石水産漁業協同組合
住所 〒038-2731
青森県西津軽郡鯵ヶ沢町大字赤石町字砂山146
電話番号 0173-72-3094