新潟県|新潟地域水産業再生委員会

新潟漁業協同組合

取組概要 鮮度・衛生管理を徹底した魚価の向上
キーワード 神経締め
直売所
保育園への給食食材
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 ヤナギガレイ
アンコウ
タイ
アジ
南蛮エビ

浜プランの取組内容

①鮮度・衛生管理を徹底した魚価の向上
・漁業協同組合は、鮮度・衛生管理の徹底のため、生産者への指導体制を強化するため一般社団法人海洋水産システム協会が作成した産地市場の品質・衛生管理マニュアルに基づき、漁業者及び仲買人とともに、継続的に指導に努める。
②急速冷凍施設を活用した魚価向上の取組
・当地域で水揚げされる魚介類の大部分は鮮魚として出荷されており、一時的に大量に水揚げされる魚介類は非常に安価に取引され漁業者は大変苦慮している現状が未だに続いているため、平成28 年度から2カ年をかけ整備した、一体型の急速冷凍冷蔵施設を活用し、他県産、外国産が流通している加工原料について、高品質な地場産冷凍原料に展開できるよう安定的な供給体制を構築していく。
・整備された急速凍結庫を利用し、市場において低利用で取引されるカナガシラを漁協が直接購入し凍結、加工、販売を行うことにより漁業者の所得向上、県内産の安心・安全な加工原料の提供、冬季閑散期の加工職員の作業の効率化を図る。
・平成29 年度より供給を開始した保育園への給食食材が好評を得ている為、新たな低利用魚を使用した商品を提案するとともに、生産体制、配送体制の強化を検討する。
・新たな取り組みとして、市場において低価格で取引されるサイズのアジを漁協が安定的に購入して、専用の冷凍パンで急速凍結し、新潟県内外水族館等へ餌料用アジとして供給を始める。また低価格で取引されるアジを餌料として扱うことにより魚価の底上げを図る。それに加え、専用の冷凍パンを使用することにより、出荷経費(氷、箱)を削減し、漁業者の所得向上を図る。
③ブランドを活用した魚価の向上
・平成29 年度より新潟越後広域水産業再生委員会で取り組みを始めた「越後本ズワイ」を活ガニ出荷しブランド化を進めるため、統一した規格に基づく選別が行えるよう、新潟県水産海洋研究所が開発した身入り指数を図るスケールを使用し、品質管理の徹底を図るとともに、高需要期に安定出荷できる体制の構築を検討し、イベントやPR 活動を引き続き行い、県内外への評価向上に努める。
④新規就業者や乗組員の確保、定着促進の取組
・漁業経営体等の育成対策として、漁業協同組合は、経験豊富な漁業者を講師として就業希望者への長期研修、着業後の経営自立化及び生産基盤の整備を行い、担い手不足の解消と浜の活性化を図る。
⑤漁港管理者による漁港の機能保全の取組
・漁港管理者は、漁港の機能を保全し出漁日数を確保する。
なお、上記の取組内容は、取組の進歩状況や得られた成果等を踏まえ、必要に応じて見直すこととする。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①漁業協同組合は、鮮度・衛生管理の徹底のため、生産者への指導体制を強化するため先進地を視察し、漁業者とともに地域の実情に合った「鮮度・衛生管理マニュアル」作成の検討を行う。
②ごち網、定置網及び底曳網漁業者は、先進地の状況を参考にノドグロ、ヒラメなどを対象に魚種や時期、用途に応じた沖締め方法(血抜き、神経締めなど)を検討する。
③漁業協同組合と板曳網漁業者は、水産加工業者と連携を図り、カナガシラなど大量漁獲で魚価が低迷する魚種の加工原料としての供給や、規格外のマダラなど未利用魚、低利用魚を使った製品開発について、急速冷凍冷蔵施設の整備を前提とした検討を行う。
④漁業経営体等の育成対策として、漁業協同組合は、経験豊富な漁業者を講師として就業希望者への長期研修、着業後の経営自立化及び生産基盤の整備を行い、担い手不足の解消と浜の活性化を図る。
⑤漁港管理者は、漁港の機能を保全し出漁日数を確保する。なお、上記の取組内容は、取組の進捗状況や得られた成果等を踏まえ、必要に応じて見直すこととする。

団体情報


JF・団体名 新潟漁業協同組合
住所 〒950-0078
新潟県新潟市中央区万代島2-1
電話番号 025-244-6181