新潟県|佐渡漁協南佐渡地域水産業再生委員会

佐渡漁業協同組合小木支所(羽茂地区・素浜地区含む)

取組概要 鮮度保持、地域の知名度向上
キーワード 地産物の知名度向上
販路開拓
鮮度保持
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 サザエ
アワビ
ヒラメ
ナマコ
南蛮エビ

浜プランの取組内容

①魚価の向上対策
・ナガモや昆布の養殖技術を関係機関と連携を取りながら技術向上を図り、赤泊地区では増産出来るよう進めると共に小木地区・真野地区においては技術提供し養殖に取り組む。
・鮮度保持の為、赤泊地区を始め小木地区・真野地区と神経しめ・血抜き方法を確立させ品質向上を図り魚価向上に努める。
・小木地区で取り組んでいる低利用魚(カマス・トビウオ・シイラ)の一次加工や二次加工品作りの魚種(小アジ)を広げ各地区で取り組む。(全地区)
・漁獲物の函に地産シールやタグなど取り付け商品知名度の向上を図り、価格向上につなげる。(全地区)
②販路拡大対策
・漁協と漁業者は佐渡魚市場や新潟市場に限らず他の市場への出荷やインターネット販売など視野を広げて協議・検討し取り組む。
③漁業種類転換対策
・漁業者と漁協は資源の有効利用を諮るため、漁業種類の転換を促し安定した収入が入る漁業を目指す。
④後継者育成・新規漁業者育成対策
・後継者育成や新規漁業者育成などの漁業経営の支援を始め、教育・研修会等の積極的行う。
⑤漁港施設の機能保全・管理徹底対策
・漁協は、漁港施設の機能が引き続き発揮されるよう適切な維持管理を推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

① 魚価の向上対策
・ 漁協と漁業者は、地域水産加工会社と連携しトビウオ・シイラ・カマス等の低利用魚を用いた、すり身・味噌漬け・塩漬け・塩麹漬け加工品開発や販売方法を協議・検討を行い平成27年度以降に備える。
・ 漁協は、漁業者の低価格魚を買い支えるとともに、規格外の魚をすり身等に加工し販売することにより付加価値を付け収益アップにつなげる。
・ 漁協と漁業者は、新たな取り組みとしてサザエ選別機で大きさごとに選別を行い他の地域との違いを出しながら付加価値を付け販売することを協議・検討する。(大きさを選別することにより居酒屋・スーパーなど用途に応じた対応により付加価値を付ける)
② 観光業と連携推進対策
・ 漁協と漁業者は、新たな取り組みとして佐渡市と佐渡市観光協会等の地域観光業と連携しブルー・ツーリズムやグリーン・ツーリズムの勉強会を行う。「番屋めし」「一日漁師体験」「大型定置網観光」また「体験ダイビング」等の実施に向けて地域の方々と協議・検討を行う。(「番屋めし」とは大型定置組合の漁業者の方々と朝定置網に揚がった魚を使った朝ごはんを一緒に食べるイベント)
③ 販路拡大対策
・ 漁協と漁業者は、佐渡魚市場や新潟魚市場に限らず地の地方市場への出荷を協議・検討する。また、インターネット販売・通販・スーパー等への直接についても検討を行う。
④ 漁業種類転換対策
・ 漁業者と漁協は、刺網漁業からこの地域で行なわれていない第三種手繰りうになまこけた網漁業へなどの漁業種類への転換について県佐渡地域振興局農林水産振興部を交え協議・検討する。
⑤ 漁港施設の機能保全・管理の徹底
・ 漁協は、漁港施設の機能が引き続き発揮されるよう適切な維持管理を推進する。

団体情報


JF・団体名 佐渡漁業協同組合小木支所(羽茂地区・素浜地区含む)
住所 〒952-0604
新潟県佐渡市小木町1949
電話番号 0259-86-3125