新潟県|佐渡漁協南佐渡地域水産業再生委員会

佐渡漁業協同組合赤泊支所(松ヶ崎地区含む)

取組概要 鮮度保持、地域の知名度向上
キーワード 地産物の知名度向上
販路開拓
鮮度保持
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 サザエ
ナマコ
タイ
ワカメ
エビ

浜プランの取組内容

①魚価の向上対策
・ナガモや昆布の養殖技術を関係機関と連携を取りながら技術向上を図り、赤泊地区では増産出来るよう進めると共に小木地区・真野地区においては技術提供し養殖に取り組む。
・鮮度保持の為、赤泊地区を始め小木地区・真野地区と神経しめ・血抜き方法を確立させ品質向上を図り魚価向上に努める。
・小木地区で取り組んでいる低利用魚(カマス・トビウオ・シイラ)の一次加工や二次加工品作りの魚種(小アジ)を広げ各地区で取り組む。(全地区)
・漁獲物の函に地産シールやタグなど取り付け商品知名度の向上を図り、価格向上につなげる。(全地区)
②販路拡大対策
・漁協と漁業者は佐渡魚市場や新潟市場に限らず他の市場への出荷やインターネット販売など視野を広げて協議・検討し取り組む。
③漁業種類転換対策
・漁業者と漁協は資源の有効利用を諮るため、漁業種類の転換を促し安定した収入が入る漁業を目指す。
④後継者育成・新規漁業者育成対策
・後継者育成や新規漁業者育成などの漁業経営の支援を始め、教育・研修会等の積極的行う。
⑤漁港施設の機能保全・管理徹底対策
・漁協は、漁港施設の機能が引き続き発揮されるよう適切な維持管理を推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①魚価の向上対策
・漁協と養殖漁業者は、水産技術センターとの連携を密にし、ナガモやコンブの養殖技術を向上させ、作付け量を増量する。また、養殖わかめの早生品種導入の検討を行う。
・一本釣り・延縄・刺し網漁業者は、鮮度保持のため、タイ・ヒラメ・ブリなどへの活 〆・神経〆等の導入を検討する。また、漁業者は漁協の指導の下、船上での鮮魚冷却 水や、洗い水、掛け水等、鮮魚等に使用する水は全て殺菌冷海水を使用徹底することで衛生管理の強化を行う。
・かご・小型イカ釣漁業者は、活魚出荷を視野に置き漁協、市場・流通業者と連携することで、先進地の視察を検討しつつマーケットの分析を行い、活魚出荷の本格的な実施を検討する。
・漁業者は、島外出荷する水産物の知名度向上のために、魚箱とパーチに当地区の地名の表示を行う一方、冷海水装置搭載のえび篭漁船による活ナンバンエビや海洋深層水を利用した蓄養活ズワイガニ、活イカなど、特定の魚種に対して漁獲漁船名や漁業者の顔写真入りのタグやシールを付け、漁獲された背景を書くことで差別化を図ることを検討する。
・漁業者は、漁協と共に全漁連のプライドフィッシュプロジェクトで新潟のプライドフィ ッシュに登録されたナンバンエビをはじめ延縄漁によるマダイ、海洋深層水を利用し た活スルメイカなどを島内の旅館へ供給する。併せて、観光客の満足度向上、リピーターの確保につなげるため、お客様目線で求められている商品開発をするため、島内の旅館や旅行業者等と共に、ナンバンエビやベニズワイガニの新メニューやお土産の 開発を検討する。
②積極的な種苗放流と藻場の管理造成による資源管理の徹底
・漁協は県、市との情報交換を行い藻場造成に係る検討会を企画し、漁業者はアワビ・サザエの種苗放流や天然種苗採取によるナマコの種苗放流により資源量の増大を図る。
③意欲ある漁業者の育成と新規就業者の確保
・漁業者は、計画的な漁業経営を行うことができる意欲ある漁業者となるため、県等が主 催する様々な分野の研修に積極的に参加し、自己研鑽を行う。
・漁業者は漁協と伴に、新規漁業者就業者総合支援事業を活用し、新規就業者に対し漁 業研修を実施し、新規就業者の受入等を行い、新規就業者の育成や確保に取り組む。
④漁港施設の機能保全
・管理の徹底・漁協は、漁港施設の機能が引き続き発揮されるよう適切な維持管理を推進する。

団体情報


JF・団体名 佐渡漁業協同組合赤泊支所(松ヶ崎地区含む)
住所 〒952-0711
新潟県佐渡市赤泊2456
電話番号 0259-87-2031