鳥取県|境港市地域水産業再生委員会

鳥取県漁業協同組合境港支所

取組概要 高度衛生管理型漁港・市場を活用した魚価向上、6次産業化や輸出促進
キーワード 活魚出荷
産地一次加工
インバウンド
販路 域内流通
取組タイプ 安全・衛生管理
魚種 イカ
マグロ
ベニズワイガニ
サケ
イワシ

浜プランの取組内容

【中型いかつり漁業】
① 6次産業化
・中型いかつり漁業者は、付加価値向上による魚価向上を目指し、従来から自社加工場で生産していたイカ加工品に加え、さらに手軽に食べられる新商品の検討を行う。
② 代船建造
・いかつり漁業者は、省エネ・高鮮度機能型の漁船の建造を検討する。
【大中型まき網漁業】
①産地一次加工販売
・山陰旋網漁業協同組合は、付加価値向上による魚価向上を目指し、アジ、サバ、イワシ等の一次加工機械の導入を検討する。
②クロマグロの料理方法を提案・PR した販売方法の転換(丸→ブロック)
・山陰旋網漁業協同組合と境港水産物直売センター内の仲買と連携を拡大し、小売り向けのマグロをラウンドからブロック出荷に変更し、単価向上を図る。
③ 多目的施設での食の提供・魚食普及
・山陰旋網漁業協同組合は、漁港・周辺観光情報の提供や魚食普及、食の提供等を目的とした「多目的施設」を運営し、インバウンド対応や、バーベキューなどによる食の提供で所得向上を図る。また、料理教室やパネル展示により魚食普及を図る。
④ 缶詰原料の海外輸出
・境漁港に水揚げするまき網漁業の漁獲物は、複数魚種が混獲された状態で水揚げされており、単一魚種でないため養殖用の餌料としてしか扱われず、安価で取引される。そのため、山陰旋網漁業協同組合は、缶詰原料向け輸出魚のサバ、マイワシについて、選別(サイズ、魚種)を行うことにより輸出対象物を増やし、単価向上を図る。また、境港輸出入協議会と協力して輸出促進を行う。
⑤ 継続的なイベントによる魚食普及
・大中型まき網漁業関係者は、現在、境漁港で開催している「まぐろ感謝祭」「水産まつり」などのイベントを、市内の他の観光資源も活用しながら引き続き市等と協力して開催し、魚食普及を推進する。
⑥ 水産物直売施設の改修
・山陰旋網漁業組合は、境漁港に隣接する水産物直売施設の改修を検討及び計画を策定する。
【べにずわいがに漁業】
① 代船建造
・べにずわいがに漁業者は、高鮮度ベニズワイの水揚げに繋げるため、建造した省エネ・高鮮度機能型漁船で水揚げの実証試験を実施する。
・べにずわいがに漁業者は、省エネ・高鮮度機能型の漁船の建造を検討する。
② 活ガニ出荷の推進
・一航海(1週間)の最終水揚げ分の一部で基準を満たすものを活魚として出荷し、単価向上を図る。
③ 船名入りタグ付け出荷
・船名を記載したタグを作成し、活ガニに取付け、消費者の認知度向上、イメージアップ、単価向上を図る。
④ 継続的なイベントによる魚食普及
・べにずわいがに漁業関係者は、現在、境漁港で開催している「カニ感謝祭」などのイベントを市内の他の観光資源も活用しながら引き続き市等と協力して開催し、魚食普及を推進する。
【沿岸漁業】
①漁場環境の改善及び生産力向上
・鳥取県漁業協同組合境港支所の採介藻漁業者は、一文字防波堤周辺のアラメ藻場が形成されていない海域にアラメの母藻を植え付け、藻場拡大によってサザエ、アワビの増産を図る。
・小型底びき網漁業者等は産卵期にバイ産卵器を100基設置し、産卵を促進させることでバイの増産を図る。
②種苗放流
・鳥取県漁業協同組合境港支所の小型底びき網漁業者は、ヒラメの種苗を6万尾放流することでヒラメの増産を図る。
・鳥取県漁業協同組合境港支所の漁業者は、アワビの種苗を3千尾放流することでアワビの増産を図る。
③ 新市場整備に伴うヒラメ等の活魚出荷推進
・鳥取県漁業協同組合境港支所の漁業者は、新市場を活用して、ヒラメを活魚出荷する。
④ 小型底びき網への新規着業
・鳥取県漁業協同組合境港支所は、就業者フェアなどを通じて新規就業者の確保に努める。
⑤ 刺網への新規着業
・鳥取県漁業協同組合境港支所及び漁業者は、刺網漁業を主体として、多角的な漁業が操業できる漁船を建造する。
⑥ 代船建造
・鳥取県漁業協同組合境港支所及びいかつり漁業者は、建造した冷凍機能型漁船により、効率的な漁業経営の実証試験を行う。
⑦継続的なイベントによる魚食普及
・鳥取県漁業協同組合境港支所及び漁業者は、現在、境港で開催している「漁村市」などのイベントを、市内の他の観光資源も活用しながら引き続き市等と協力して開催し、魚食普及を推進する。
⑧生産者と流通・加工業者のタイアップによる未利用資源の活用
・鳥取県漁業協同組合境港支所の漁業者は、未利用資源の活用について流通加工業者と協力し、学校給食として食材提供を検討する。
【養殖漁業】
① ギンザケの養殖・加工
・鳥取県漁業協同組合境港支所の養殖漁業者は、ギンザケ養殖の生産量を増産する。
② 大山湧水サーモンの養殖
・鳥取県漁業協同組合境港支所の養殖漁業者は、継続して大山湧水サーモンを生産する。
③ マサバの養殖
・鳥取県漁業協同組合境港支所の養殖漁業者は、継続してマサバを生産する。
④ 養殖魚の加工販売
・鳥取県漁業協同組合境港支所の養殖漁業者は、養殖魚のフィレーなど加工品を販売する。
⑤ 代船建造
・鳥取県漁業協同組合境港支所の養殖漁業者は、ギンザケ養殖で使用する餌料運搬船の大型化を検討する。
【沖合底びき網漁業】
① 経営指導
・鳥取県漁業協同組合は、平成29年、30年に加入した沖合底びき網漁業者(3隻)に対して、経営指導を行うなどサポート体制を強化し、漁業所得の増加を図る。
【全体】
① 冷蔵庫整備
・鳥取県漁業協同組合境港支所は、沿岸漁業、沖合漁業の漁獲物の保管とあわせて、ギンザケ養殖の増産に対応するため、既存の冷凍冷蔵施設を改修することにより、漁獲物の保管量を増やす。
② 市場見学ツアーの充実
・境港水産振興協会は、主に観光客を対象とした市場見学ツアーを実施する。また、県と協力して、新漁港の魅力ある見学コース、学習室の整備を進め、直売施設や周辺加工施設と協力し、更なる充実を図る。
【鳥取県営境港水産物地方卸売市場整備】
① 高度衛生管理型漁港・市場整備
・陸送上屋、1号上屋の供用を開始する。いかつり及び沿岸漁業者は、供用が開始された高度衛生型荷さばき所及び活魚施設を利用することにより魚価向上を図る。
② 衛生管理・品質管理向上にむけた監視体制、マニュアル作成・漁業者及び市場関係者は、市場利用協議会で作成した、場内ルール、マニュアルに沿って運用を開始する。
③ 高度衛生管理型市場運営に必要な資機材の導入
・市場関係者は、鳥取県と連携し衛生管理資機材を開発し、段階的移行を開始する。
④市場施設内のお魚学習室・調理実習室の整備
・山陰旋網漁業協同組合及び境港水産振興協会は、鳥取県が整備する施設について県と協議の上検討する。
⑤漁港・市場を核とした輸出促進
・漁業者及び市場関係者は、鳥取県と連携し、輸出促進に向けた漁港・市場の課題を検証すると共に、海外調査や商談会・物産展への出展を検討する。
⑥ 高度衛生管理型市場PR
・境港高度衛生管理型市場の一部供用開始に伴い、市場関係者は地元や首都圏で広報・宣伝活動を行うことで、境港に水揚げされる水産物の価格向上を図る。
【漁港の維持管理】
・漁業者は、港内の安全航行並びに出漁日数の確保を図るため、鳥取県に漁港の浚渫・漁港施設の長寿命化対策を要望する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

○中型いか釣り漁業
  ・6次産業化:手軽に食べられるイカの新商品(イカハンバーグ、イカリング等)の検討。
○大中型まき網漁業
 ①産地一次加工(フィレー・練製品)販売: アジ、サバ、イワシ等の一次加工場整備計画の検討。
 ②クロマグロの販売方法の転換(丸→ブロック): 仲買と連携した小売り向けマグロのブロック出荷化。
 ③多目的施設での食の提供・魚食普及
  ・「多目的施設」の境港水産直売センター敷地内整備(漁港・周辺観光情報の提供、魚食普及、食の提供等)
 ④缶詰原料の海外輸出(マレーシア、シンガポール等)
  ・サバ、マイワシ類の選別強化(サイズ、魚種)による缶詰原料の取扱量増加。
 ⑤市場見学ツアーの充実
  ・観光客向け市場見学ツアーにおける早朝セリ見学の試験的組み入れ。
 ⑥継続的なイベントによる魚食普及
  ・「まぐろ感謝祭」「水産まつり」などのイベントを通じた魚食普及活動の継続。
○べにずわいがに漁業
 ①漁業の構造改革: 省エネ・高鮮度機能型漁船の建造検討。
 ②継続的なイベントによる魚食普及: 「カニ感謝祭」などのイベントを通じた魚食普及活動の継続。
○沿岸漁業
 ①漁場環境の改善および生産力向上
  ・アラメ母藻の植え付けを通じた藻場の拡大によるサザエ、アワビの増産。
  ・バイ貝産卵器設置しを通じた産卵促進によるバイの増産。
 ②ヒラメ種苗放流尾数増加
  ・ヒラメ種苗放流によるヒラメの増産。
 ③小型底びき網への新規着業
  ・経営指導サポート体制強化による着業間もない漁業者に対するスキルアップ指導。就業者フェアなどを通じた新規就業者の確保。
 ④継続的なイベントによる魚食普及
  ・「漁村市」などのイベントを通じた魚食普及活動の継続。
 ⑤生産者と流通・加工業者のタイアップによる未利用資源の活用
  ・「美保湾ブランド」を活用した未利用資源の加工商品開発の検討。
○養殖漁業
  ・ギンザケ養殖の増産、生食用加工品生産に向けた新規加工場の整備。
○卸売市場整備
 ①高度衛生管理型漁港・市場整備の設計
  ・衛生管理・品質管理向上にむけた監視体制、マニュアル、場内ルールの作成。必要な資機材の導入(プラスチック魚箱、活魚水槽、選別台、ベルトコンベア、電動フォークリフト等)。
  ・現状の荷捌き作業での危害要因分析。
 ②市場施設内のお魚学習室・調理実習室の整備
 ③漁港・市場を核とした輸出促進
  ・輸出促進に向けた漁港・市場の課題の検証。海外調査・商談会・物産展の出展検討。
○漁港の維持管理
  ・漁港の堆砂浚渫・漁港施設の長寿命化対策の要望。

団体情報


JF・団体名 鳥取県漁業協同組合境港支所
住所 〒680-0908
鳥取県鳥取市賀露町西4-1806
電話番号 (0857)28-0111