山口県|宇部地区地域水産業再生委員会

山口県漁業協同組合宇部統括支店(宇部岬支店、東岐波支店、床波支店、藤曲浦支店)

取組概要 直売・加工施設「うべ新鮮市場 元気一番」の充実による6次産業化の推進
キーワード 直売所
加工品開発
移動販売車
販路 域内流通
取組タイプ 直売所・食堂
魚種 キジハタ
ガザミ
ノリ
アサリ
タコ

浜プランの取組内容

① 資源管理と漁場環境保全
・宇部岬支店の海苔養殖漁業者は、海苔養殖場への施肥(塩化アンモニウム等)の実施及び潮どおし等を考慮した効率的な海苔枠の設置(宇部岬漁場は栄養塩が少なく、藤曲浦漁場は栄養塩が多い。
宇部岬支店と藤曲浦支店において、藤曲浦漁場への入漁協議を行い、海苔枠の間隔を広げる)により漁場を有効利用し、海域の低栄養塩環境下での生産性向上を図る取組みを続ける。
・宇部統括支店は、市下水道局に協力を呼びかけ、現在の制度で実施可能な範囲で下水道の季節別緩和排水運転を実施し、海域への栄養塩供給を実現させる。また県漁協本店とも協力し、市、県と協議の場を設け海域の栄養塩を増大させるための排水規制緩和等を実現させる方策について検討を行う。
・建網、小型底びき網等漁業者は、市や県等と連携し、クルマエビ、ガザミ、キジハタ、マコガレイ等の種苗放流を実施するとともに、小型底びき網やかにかご等で漁獲される抱卵ガザミを再放流する。また、山口県資源管理指針に基づき作成した資源管理計画の内容を遵守するとともに、値の付かない小型魚についても再放流を行う。
・東岐波支店、床波支店、藤曲浦支店の漁業者等は、干潟において被覆網設置によるアサリ保護を図り、資源管理を行って間引きによるアサリ漁獲を行う。東岐波支店の漁業者は漁港内での垂下カゴでカキの蓄養試験を行い身入り状況を確認する。
・宇部岬支店の潜水器及びさし網漁業者等は、二枚貝の食害生物であるナルトビエイの駆除による二枚貝資源の保護、床波支店漁業者等は、アマモ場の造成による稚魚育成場の確保、藤曲浦支店漁業者等は、干潟の耕耘及び被覆網設置、宇部岬支店・床波支店・東岐波支店漁業者等は、海岸・海浜への漂流・漂着物の回収・処分等を行い、資源の増大を図る。
② 漁獲物の品質・付加価値向上及び加工業の振興対策
・宇部統括支店は、市、県及び関係機関と連携し、直売所及び水産物加工施設である「うべ新鮮市場 元気一番」の充実を図ることで、地元水産物の販売促進を強化する。宇部統括支店女性部などは各漁業者の協力を得て、地元水産物を利用した加工品の開発(小型魚を活用した干物等)や、レストラン新メニューの検討、先進地視察を実施し、水産物の付加価値向上、販路拡大、流通コスト削減等による収益改善を図る。
・宇部統括支店は、「うべ新鮮市場 元気一番」から徒歩圏外で移動手段を持たない買い物弱者への販売、中山間地域及び市外での販売を可能とするために、移動販売車を整備し、下関市を除く山口県内に対応した鮮魚販売許可(自動車)の取得を目指す。鮮魚販売許可を取得した後、移動販売を開始し、地域のニーズ等を把握しながらきめ細かな販売ルートと販売地域拡大で魚食普及を目指す。
・全漁業者は、神経締め・活締め出荷等鮮度保持技術の統一的導入に努めるとともに、魚を傷つけない新たなエア抜き技術を習得することで、鮮度保持対策を徹底、出荷サイズの規格統一により、漁獲物の市場価格向上を図る。
③ 宇部地区水産物の積極的な情報発信によるPR 対策
・宇部市コンベンション協会と協力して、宇部市外の消費者向けにPR するための水産物を選定し、観光協会ホームページやポスター等に掲載する。
・宇部市コンベンション協会と協力して、観光漁業の活動を協議していく。
・宇部・美祢地域地産地消推進協議会と協力して、「うべ新鮮市場元気一番」のレストランメニューが地産地消として優れたものであることを消費者に周知するため、やまぐち食彩店として登録しガイドブックに掲載する。
・「うべ新鮮市場 元気一番」における祭りやイベント、東岐波支店及び床波支店における朝市等について報道機関を通じて消費者へ積極的に周知し、水産物の消費拡大を図る。
④ 漁業経営体等の育成対策
・経験豊富な漁業者による就業希望者への長期研修、着業後の経営自立化及び生産基盤の整備を行い、昨今の担い手不足に対応し、浜の活性化を図る。
・地域漁業振興への寄与の実績を有する者、漁業者の中核として活躍が期待される者として、山口県より認定を受けた青年漁業士、指導漁業士を中心に、担い手の育成、共同出荷等新たな取組みによる経営改善を推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①資源管理と漁場環境保全対策
海苔養殖漁業者は、海苔養殖漁場への施肥(塩化アンモニウム等)の実施及び潮どおし等を考慮した効率的な海苔枠の設置(宇部岬漁場は栄養塩が少なく、藤曲浦漁場は栄養塩が多い。宇部岬支店と藤曲浦支店において、藤曲浦漁場への入漁協議を行い、海苔枠の間隔を広げる。)により漁場を有効利用し、生産性向上を図る。
・建網・小型底びき網等漁業者は、県・市等と連携し、クルマエビ・ガザミ・キジハタ・マコガレイ等の種苗放流を実施するとともに、小型底びき網やかにかご等で漁獲される抱卵ガザミを再放流する。更に、値の付かない小型魚についても再放流に取組み、資源管理強化を図る
・潜水器漁業者は、ミルクイの種苗放流及び操業時間の自主的な制限(漁業許可上は、「午前7時から午後5時まで」となっているが、資源保護のため、「午前7時から午後1時まで」としている。)により、資源管理強化を図るとともに、蓄養(中間育成)を試みる。
・建網等関係漁業者は、タコを中心とした定着性資源の増殖を図るため、砂地に自然石を投入した魚礁の整備事業を市に要請する。
・ノリ養殖業者は、県水産研究センターにより生産技術が試験レベルで達成できた本邦では稀少で単価の高いカイガラアマノリを、新たな養殖品種として生産する。生産技術には、手間や時間、コストのかかる部分も多く、実際の生産を行いつつ、県水産研究センターの指導のもと、改善点等を洗い出し、フィードバックしていく。
・床波支店漁業者等は、アマモ場の造成による稚魚育成場の確保、藤曲浦支店漁業者等は、干潟の耕耘及び被覆網設置、宇部岬支店潜水器・さし網漁業者等は、二枚貝の食害生物であるナルトビエイの駆除等による二枚貝資源の保護、宇部岬・床波・東岐波支店漁業者等は、海岸・海浜への漂流・漂着物の回収・処分等を行い、資源の増大を図る。
②漁獲物の品質・付加価値向上び加工業の振興対策
漁協は、県、市及び関係機関と連携し、水産物加工施設・レストランを併設した水産物直売施設を整備することとし、地元水産物の販売拠点を確保する。宇部統括支店女性部等は各漁業者の協力を得て、地元水産物等を利用した加工品の開発(ハモの缶詰、食害生物であるナルトビエイを活用したエイヒレジャーキー等)やレストランメニューの検討、先進地視察等を実施し、水産物の付加価値向上、販路拡大、流通コスト削減等による収益性改善を図る。(事業実施年度H26~H28。施設整備はH27。H26は加工品開発、レストランメニュー検討、先進地視察等実施。)
・海苔養殖業者は、既存の板海苔生産に加え、海苔の需要拡大のため、新たにバラ干し海苔の生産に取組むことにより、新たな収益の確保を図る。
県、市等と連携し、カイガラアマノリ等の新たな養殖品種の生産・加工・販売を行うことで、収益性の向上を図る。
・建網漁業者は、国産ヒジキの需要が高まっていることから、低利用資源であった天然ヒジキを積極的に採取することで、新たな収益の確保を図る。
・全漁業者は、神経締め・活締め出荷等鮮度保持技術を統一して導入し、鮮度保持対策を徹底、出荷サイズの規格の統一により、漁獲物の市場価格向上を図る。
・東岐波支店漁業者等は、地元幼稚園児対象の魚食方法の普及活動、藤曲浦支店漁業者等は、地元中学生対象の小型定置網の漁業体験等(操業方法の説明、操業体験)を通じた魚食文化・漁村文化(地元で親しまれている魚料理)の提供を行い、地元水産物のPRを図る。また、宇部岬支店は、各漁業者の協力を得て、地元中学生を対象としたたこつぼ漁や建網漁体験を行う。
・宇部岬支店における魚まつり及び浜市、東岐波支店及び床波支店における朝市について報道機関等を通じて消費者へ積極的に周知し、水産物の消費拡大を図る。
③漁業経営体等の育成対策
・経験豊富な漁業者による就業希望者への長期研修、着業後の経営自立化及び生産基盤の整備を行い、昨今の担い手不足に対応し、浜の活性化を図る。
・地域漁業振興への寄与の実績を有する者、漁業者の中核として活躍が期待される者として、山口県より認定を受けた青年漁業士・指導漁業士を中心に、担い手の育成、共同出荷等新たな取組みによる経営改善を推進する。

団体情報


JF・団体名 山口県漁業協同組合宇部統括支店(宇部岬支店、東岐波支店、床波支店、藤曲浦支店)
住所 〒755-0151
山口県宇部市八王子町12番24号
電話番号 0836-31-0233