山口県|光熊毛地区地域水産業再生委員会

山口県漁業協同組合光熊毛統括支店(光支店、田布施支店、平生町支店、室津支店、上関支店、四代支店、祝島支店)

取組概要 道の駅「上関海峡」の出荷者協議会への参画、高鮮度の魚介類や水産加工品の販売強化
キーワード 資源管理
水産加工の振興
漁業経営体の育成
販路 その他
取組タイプ 未利用・低利用魚
魚種 ハモ
カレイ
エビ
カニ
ヒジキ

浜プランの取組内容

①資源管理と漁場環境保全
・底曳網漁業者等は漁協とともに、(公社)山口県光・熊毛地区栽培漁業協会と連携しガザミ、エビ類などの底びき網対象魚の種苗放流等の推進を継続する。
・底曳網・延縄漁業者は、当地区の主要魚であるハモの資源管理のため、抱卵魚、小型魚(概ね200g以下)の自主的な再放流を継続する。
・採介藻漁業者は漁協とともに、干潟漁場について、ナルトビエイ等による食害防止のため被覆網※を利用することにより、アサリの増殖と併せて的確な漁場管理を行う。
※被覆網:アサリの食害や、波浪・流れによる稚貝散逸を防止することを目的に、稚貝に被せて育成するための網。
・底曳網・建網漁業者は漁協とともに、ウシエイ・ホシエイ等による食害防止のため山口県水産研究センター内海研究部とともに駆除を検討し、魚類の増殖と併せて的確な漁場管理を行う。
②漁獲物の直販による付加価値向上及び水産加工の振興
・漁業者、漁協、漁協女性部は、道の駅「上関海峡」の出荷者協議会に積極的に参画し、道の駅や朝市での高鮮度の魚介類や低利用魚加工品の販売強化と拡充を図る。
・漁業者、漁協、漁協女性部は、道の駅「上関海峡」の集客力強化のため、道の駅との連携による料理教室等のイベント開催を検討する。
・田布施支店の地元の漁業者とIターンの新規漁業就業者で組織するグループ「新鮮田布施」は、取組んでいる地元の低利用魚(規格外、時期外のハモ、グチ等)の加工販売を拡充し、県内の漁協市場等での販売を検討する。
③漁業経営体の育成
・漁業士等の主幹漁業者は、新規就業者確保、育成に取組み、浜の活性化に努める。
・漁協は漁船リース事業等を活用し、中核的漁業者の儲かる漁業への漁業種転換を推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①資源管理と漁場環境保全
・底びき網漁業者等は漁協とともに、(公社)山口県光・熊毛地区栽培漁業協会と連携しガザミ、エビ類などの底びき網対象魚の種苗放流等を推進する。
・底びき網・延縄漁業者は、当地区の主要魚であるハモについて、抱卵魚、小型魚(概ね200g以下)の自主的な再放流を継続して実施し、資源管理措置を講じる。
・採介藻漁業者は漁協とともに、干潟漁場について、ナルトビエイ等による食害防止のため被覆網※を利用することにより、アサリの増殖と併せて的確な漁場管理を行う。
※被覆網:アサリの食害や、波浪・流れによる稚貝散逸を防止することを目的に、稚貝に被せて育成するための網。
②漁獲物の直販による付加価値向上及び水産加工の振興
・室津支店の建網・延縄漁業者で構成された定置網漁業者グループ(室津支店定置部会)は、道の駅「上関海峡」や室津支店朝市等での販売のほか量販店等への直販を推し進め、漁業所得の向上を図る。
・漁業者、漁協、漁協女性部は、道の駅「上関海峡」の出荷者協議会に積極的に参画し、高鮮度の魚介類や水産加工品の販売を強化していく。
・田布施支店の漁業者グループ「新鮮田布施」は、事業展開の拡充を図り、新商品開発や他地区朝市等新規販売先の確保に取組む。また、漁協は、本取組をモデルとして、新たな漁業者グループへの普及を積極的に推進する。
③漁業経営体の育成
・漁業士等の主幹漁業者は、新規就業者確保、育成に取組み、浜の活性化に努める。
・漁協は、漁業種類別のグループによる共同経営化を積極的に推進する。

団体情報


JF・団体名 山口県漁業協同組合光熊毛統括支店(光支店、田布施支店、平生町支店、室津支店、上関支店、四代支店、祝島支店)
住所 〒742-1402
山口県熊毛郡上関町長島第4902番地の2
電話番号 0820-62-0014