長崎県|佐世保市相浦地区地域水産業再生委員会

佐世保市相浦漁業協同組合(佐世保市相浦)

取組概要 世界文化遺産登録を活用した地域水産物のPR、ヒジキ養殖参入による経営の多角化
キーワード 観光連携
ブランド化
体験ツアー
販路 その他
取組タイプ 観光(体験漁業・レジャー・渚泊など)
魚種 ヒジキ
カキ
アワビ
アジ
タイ

浜プランの取組内容

① 水産資源の維持・増殖・管理
国、県、市の支援事業を活用し、カサゴやアワビなど根付魚種を中心に種苗放流を行うとともに、藻場回復のためのガンガゼ駆除やイカ柴など産卵礁の設置など、水産資源の維持増大に努める。
また、水産資源の管理については、漁協のほか地域各支部や漁業種類毎の部会で管理計画の作成や取り決めを行い、水産資源が枯渇することなく永続的に利用できるよう努める。
② 観光業等との連携
佐世保市観光コンベンション協会やさせぼパール・シー㈱、黒島観光協会などの観光関係団体等と連携し、地域の食文化や体験ツアー等の企画を行い地域の魅力を発信する。あわせて、九十九島かきを代表とする豊富な水産物の認知度を高めるためのPR を行うとともに、市内飲食店におけるこれら地域水産物の活用を促進する。
③ 地域水産物の利活用の促進・高付加価値化
地域漁業者を中心に、国、県、市の支援事業等を活用し、地域水産物の高付加価値化によるブランド化を推進するとともに、婦人部活動や地域内民間加工会社と連携し、地域外で販売できる加工品の開発を行う。
④ 漁業経営安定のための多角化や意欲ある漁業者に対する機器整備等の支援
ヒジキの試験養殖に着手するための事前準備として、先進地視察等を行い養殖に対する知識を深める。
県の支援事業により漁業者の経営計画を作成し、経営の多角化が真に有効な手法であるか個別に検討し、意欲がありその実現可能性が高い漁業者に対し、機器等の導入に対する支援を行う。
⑤ 後継者の確保・育成
県の支援事業を活用し、新規就業者の確保・技術習得支援に努める。本年度は、1名の新規就業に係る技術習得支援を行う。あわせて、将来の地域水産業を担う中核的漁業者の育成に努める。
⑥ 漁協が所有する共同利用施設の適正管理及び整備
漁業者が利用する製氷機や冷蔵施設並びに船体上架施設などの漁業生産活動施設については老朽化が進行しており、このまま放置すると生産活動が停滞する可能性があるため、国県市の支援事業を活用し計画的な維持・補修を行うとともに、更新が必要なものについて更新を行う。
以上の取組を行うことで、その効果として漁業収入の基準年比1.0%以上の向上を目指す。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①水産資源の確保近年の磯焼けに伴う藻場の喪失は、同地区においても例外ではない。水産資源の確保は水産振興を行う上で、最も基本的かつ重要な課題であり、特に、漁業者の高齢化等を考慮すると、沿岸域における漁場環境の保全は今後さらに重要度を増すと考えられる。こうしたことから、地区をあげて継続的に藻場の回復事業、放流事業を行い、水産資源の確保を図る。具体的な取り組みは下記のとおり。
【相浦地区全体】地区全体の漁業者は、九十九島増殖場整備工事で整備した増殖場において、継続的に海藻類の食害生物の駆除を行う。(魚類、ウニ類、貝類)また、核藻場となる藻場礁を設置する。さらに、カサゴ、ヒラメ、アワビ等の稚魚・稚貝を放流し、生産力の向上を図る。
【浅子地区】地区の漁業者等は、ウニフェンスの設置・ガンガゼ駆除・母藻投入、モニタリングを行い、集中的に藻場の回復を図る。
【高島地区・黒島地区】地区の漁業者等は、ガンガゼ駆除・母藻投入・産卵場育成場整備(柴の設置)を行い、漁場環境の保全を図る。
②観光客へ浜の魅力を売り込む観光庁が進める新観光圏に『「海風の国」佐世保・小値賀観光圏』が認定を受け、今後、本市は国内外から選ばれる観光地域づくりに取り組んでいく。今後、相浦港周辺整備、新たな観光航路の開設、黒島での受け入れ体制整備(土産品店の新設も含む)等、観光面での事業・整備を強化されていく。これらの動きと同調し、既存の体験型ツアーを活かし、観光客に対し水産物及びその土産品の提供、遊漁船クルーズや漁業体験等のブルーツーリズムを積極的に提供し、PRを強化するすることで、浜の魅力を広く発信し、水産都市としても認知度向上を図る。具体的な計画は下記のとおり。
【ブルーツーリズム・漁業体験学習等の体験型ツアーの展開】黒島・高島・九十九島においては、遊漁船クルーズや漁業体験等、水産資源を活用した体験型ツアーが実施され、漁師料理が提供されている。地区の漁業者がツアーガイドを行うなど主体となって取り組んでいるが、経験や知識不足は否めず、小規模な実施に止まっている。このため、地区の漁業者は、佐世保観光コンベンション協会等の関係団体と連携し、情報を得るとともに事業を拡大・継続する中で完成度を高める。特に、ツアーや体験学習の食材を積極的に提供し、受入人数を増やすなど、リピーターの確保、規模拡大につなげる。これらにより、魚食普及による需要拡大や漁業外の副収入を向上させ、漁業収入の増加につなげる。
③加工品開発販売・ブランド化による価値の創出黒島、高島のウニや練り製品、『九十九島岩がき』や『西海・瀬付き恵アジ』等、消費者からの評判がよく、ポテンシャルの高い産品があり、現在は、零細であり、まだ認知度も低いが、今後の伸びしろが期待できる。加工品開発やブランド化をめざし、付加価値を付け販路の拡大を図る。
【加工品開発販売】黒島、高島の採海藻・吾智網漁業者は、黒島では新たにウニのビン詰め等を生産し、市内の水産会社に出荷できるよう商談を進める。また、高島ではエソを100%使ったすり身の作成・試験販売に取り組みつつ、更に他の魚種での加工品開発も検討する。
【ブランド化】(岩がき)まがき養殖業者が岩かき生産団体を結成し、シングルシード方式で丁寧に養殖した岩かきを「九十九島岩がき」として販売し、首都圏等での販売が軌道に乗ってきているものの地元での販売が少ない。このため、岩がき生産団体は関係団体と連携し、TV・ラジオ等のメディアを活用した地元向けPRを実施し、認知度向上を図る。26年度の販売目標を27,500千円(前年25,000千円)とする。(恵アジ)一本釣り漁業者は、釣り上げてから出荷するまで一切素手で触らない等品質管理を徹底した瀬付きのアジを「西海・瀬付き恵アジ」として、まずは、地元での販売を中心展開する。漁協は、関係団体と連携しつつ、量販店、直売所での試食会を継続開催し、PRを継続する。26年度の販売目標を88,000千円(前年57,228千円)とする。

団体情報


JF・団体名 佐世保市相浦漁業協同組合(佐世保市相浦)
住所 〒858-0918
長崎県佐世保市相浦町2733
電話番号 0956-47-2227