大分県|臼杵地区地域水産業再生委員会

大分県漁業協同組合臼杵支店

取組概要 「臼杵ん地魚」のネーミングで地元産魚介類のPR強化
キーワード 海鮮朝市
学校給食
地産地消
販路 その他
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 タチウオ
クログチ
ブリ
クロアナゴ

浜プランの取組内容

① 販路拡大と価格向上の取組
・漁協は、協議会を活用して、加工品・特産品の開発や流通・販売ルートの確立、地産地消や魚食普及を推進する。また、大分県東京事務所や東京にある県のアンテナショップ坐来大分が主催する商談会を利用し、東京などの飲食店に対する販路拡大を図る。
・漁協の主力であるタチウオ釣り漁業者は、現在の共同出荷体制を維持・強化することで品質を安定化した上で、福岡魚市への出荷を持続的に行うことで魚価向上・安定を図る。
・タチウオ釣り漁業者以外の漁業者は、現在タチウオ釣り漁業者が確立している臼杵から福岡魚市への流通経路を活用し、カマガリ(標準和名クログチ)等、タチウオ以外の漁獲物を取引価格や他地区の漁獲状況などに応じて、県内市場だけでなく福岡魚市への出荷することに引き続き取り組む。これにより魚価向上・安定を図る。
・養殖漁業者は、県特産柑橘のカボスを飼料に混ぜて給餌した「かぼすブリ」の取組を継続する。かぼすブリ生産マニュアルに基づいた養殖を徹底することで、品質の向上を図る。
・漁協は、市場ニーズに応える高鮮度処理を目指し、最新の知見を収集するとともに、県の水産研究部等の協力を得て漁業者に対する「神経締め」等の講習会を開催する。漁業者は、積極的に技術を習得し市場の求めに応じた処理を行い出荷する。
② 水産物消費拡大の取組
○魚食普及
・漁協女性部員は、地元の小中高校生や一般市民を対象としたお魚料理教室や魚さばき方教室を開催し、魚食普及活動を継続する。
・漁協は、平成24 年7 月から毎週土曜日に臼杵魚市場で行っている「うすき海鮮朝市」の取組を継続し、地元産魚を直接地元で購入できる機会を増やす取り組みを行う。漁協女性部員は、海洋科学高校生徒の協力のもと、朝市で客が購入した魚の無料さばきサービスを行い、魚がさばけない消費者も魚を購入出来る取組を行っており、その取組も継続する。漁協は、朝市でせりの体験や抽選会等のイベントを定期的に開催し、朝市の魅力向上による来場者の増加を図る。
・また、漁協女性部員は平成25 年8 月から朝市時に営業している「海鮮食堂うすき」の営業を継続的に行うとともに加工品を開発・販売し、臼杵産魚を気軽に食べられる機会の提供を行う。
○PR 活動
・漁協は、臼杵産魚の認知度を高めるとともに、販路拡大を図るため、協議会を活用し、臼杵市観光PRキャラクター「ほっとさん」とコラボした「臼杵産魚のシール」を使用して、臼杵市で水揚げされた水産物のPRを行う。
・漁協は、協議会を活用し、タチウオ、カマガリ、レースケ(標準和名:クロアナゴ)を含む臼杵産魚を「臼杵ん地魚」として積極的にPR し、市内飲食店に対し利用促進を図る。協議会は、「臼杵ん地魚」を提供している飲食店を認定し、パンフレット、ホームページ等で提供店を紹介する。
・漁協は、大分県水産振興祭や臼杵市内で行われるうすき竹宵、旬食フェスタなど多くの人が集まるイベントに積極的に参加し、漁業者の取組の周知や臼杵産魚のPR を行う。また、毎月第4金曜日を「うすき産魚の日」として、定期的にスーパーの店頭でPR 活動を行う。
③ 資源増加に向けた種苗放流や資源管理への取組
○種苗放流の取組
・漁協は資源の増大を目的に漁業者自らが行う種苗放流を推進する。地域漁業者は、アワビやアカウニなどの磯根資源の保護のために禁漁区を設定し、クルマエビは囲い網による馴致放流、アワビは基質に付着させた放流、マコガレイは海底への直接放流を行うなど、より効果の高い取組を行う。
○資源管理の取組
漁業者は大分県資源管理指針に基づく資源管理計画に従い、休漁日や体長制限等を遵守し、水産資源の維持・回復を図る。
④ 水産環境整備による生態系全体の生産力向上への取組
・漁協は、地元漁業者が実施するカジメ藻場保全活動の取組を推進する。地元漁業者は、県の水産研究部等の協力を得て食害生物の駆除や岩盤清掃、母藻設置を実施する。
・漁協・県・市は、水産生物の動態、生活史に対応した良好な生息環境空間を創出するような魚礁設置や海底耕耘等の漁場整備を行い、海域全体の生産力を向上させ、水産資源の維持・回復を図る。
⑤ 担い手の確保による漁村の活性化
・漁協は、市・県・国の新規漁業就業者に対する支援事業を活用し、漁業後継者の確保に努めるとともに、市のUIJ ターン事業や空き家バンク事業を活用し、新規就業者を定住させることで漁村の活性化を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①価格向上と販路拡大の取組
・漁協は、平成26年7月、漁協、臼杵市、市議会、市観光情報協会、市料飲店組合、生産者を構成員として設立した「うすき海のほんまもん漁業推進協議会(以下、協議会)」を活用して、加工品・特産品の開発や流通・販売ルートの確立、地産地消や魚食普及を推進する取組を行う。この協議会を活用し、大分県東京事務所や東京にある県のアンテナショップ坐来大分が主催する商談会の場を利用し、東京などの飲食店に対する販路拡大を図る。
・漁協の主力であるタチウオ釣り漁業者は、現在の共同出荷体制を維持・強化し、福岡魚市への出荷を持続的に行うことで魚価向上・安定を図る。また、「臼杵たちうお」として、地域団体商標への登録を目指し、上記協議会を活用し、県内における知名度向上を図る。
・タチウオ釣り漁業者以外の漁業者は、現在タチウオ釣り漁業者が確立している臼杵から福岡魚市への流通経路を活用し、タチウオ以外の漁獲物を取引価格や他地区の漁獲状況などの情報に応じて、県内の市場への出荷だけでなく、福岡魚市へ出荷することに新たに取り組む。これにより魚価向上・安定を図る。
・漁協は、市場等ニーズに応える漁獲物の高鮮度処理を目指し漁業者に対する「神経締め」等の講習会を開催を検討する。
②水産物消費拡大の取組
○魚食普及
・漁協女性部員は、地元の小中高校生、一般を対象としたお魚料理教室や魚さばき方教室を行い、魚食普及活動を継続的に行う。
・漁協は、平成24年7月から毎週土曜日に臼杵魚市場で行っている「うすき海鮮朝市」の取組を継続し、地元産魚を直接地元で購入する機会を増やす取り組みを行う。漁協女性部員は、朝市で客が購入した魚の無料さばきサービスを行い、魚がさばけない消費者も魚を購入出来る取組を行っており、その取組も継続して行う。
・また、漁協女性部員は平成25年8月から朝市時に営業している「海鮮食堂うすき」の営業を継続的に行い、臼杵産魚を気軽に食べられる機会の提供を行
う。
・漁協は地元産魚の給食への利用を推進し、児童・生徒らに対して魚食普及を行う。(今年度は平成27年1月27日に市内で初めて、カマガリ(標準和名ク
ログチ)を用いた学校給食を旧臼杵市内の小中学校で約3,000食程度提供した)
○PR活動
・漁協は、臼杵産魚の認知度を高めるとともに、販路拡大を図るため、協議会を活用し、臼杵市観光PRキャラクター「ほっとさん」とコラボした「臼杵産魚のシール」を製作し、販促素材として使用して、臼杵市で水揚げされた水産物のPRを行う。今年度は大分県漁協が経営するおさかなランド明野店・わさだ店の2店舗で本シールの試験導入を行い、その効果把握を行う予定である。
・臼杵市はタチウオの漁獲量が県内1位であり、また共同出荷体制を構築し、漁業者が一定の品質を守っていることからタチウオの鮮度・状態は高く評価されている。しかし、ほとんどが福岡魚市に出荷されることから地元や県内外での知名度は低い。そこで、漁協は、平成25年9月から県内外から多くの観光客が訪れる石仏観光センターと連携し、臼杵産タチウオを用いた「たち重」の提供を行い、臼杵産魚の高い品質を県内外にPRしていることから、その取組を継続する。
・漁協は、協議会を活用し、カマガリなどの臼杵市特産魚を積極的にPRし、飲食店に対し利用促進を図る。今年度はPR活動として、平成26年9月に行われたOBS大分放送主催のおおいたB級グルメNo.1決定戦に協議会を主体としたチームがカマガリバーガーを出品し、3位となるなど、大きな成果を得ている。現在、この取組の成果として、カマガリバーガー、カマガリラーメンなどカマガリを利用した料理が市内飲食店で提供されている。
・漁協は、大分県水産振興祭や臼杵市内で行われるうすき竹宵、旬食フェスタなど多くの人が集まるイベントに積極的に参加し、漁業者の取組の周知や臼杵産魚のPRを行う。
③資源増加に向けた種苗放流や資源管理への取組
○種苗放流の取組
 漁協は資源の増大を目的に漁業者自らが行う種苗放流を推進する。地域漁業者は、アワビやアカウニなどの磯根資源については資源保護のための禁漁区を設定したり、クルマエビについては、囲い網により馴致するなど、より効果の高い取組を行う。
○資源管理の取組
 漁業者は大分県資源管理指針に基づく資源管理計画に基づき、休漁日や体長制限等を遵守し、水産資源の維持・回復を図る。

団体情報


JF・団体名 大分県漁業協同組合臼杵支店
住所 〒875-0034
大分県臼杵市大字板知屋1257
電話番号 0972-63-1414