大分県|杵築地域水産業再生委員会

大分県漁業協同組合杵築支店

取組概要 荷さばき加工場を新設し漁協一括集出荷体制を検討
キーワード 荷さばき加工施設
骨切りハモ
アサリ母貝団地
販路 その他
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 ハモ
カキ
アサリ
カレイ
エビ

浜プランの取組内容

1)漁業基盤整備の取り組み
①荷さばき加工施設の整備・活用
・漁協はハモ活魚出荷用の蓄養水槽及び骨切り加工施設と、カキ生食出荷用の海水滅菌装置を備えた荷さばき加工場を導入して、供用を開始する。
②沿岸及び干潟漁場の整備・活用
・杵築市は臼石鼻地先でのカレイを対象とした増殖礁の設置を行う。
・アサリ資源回復のため、漁業者と漁協、杵築市、大分県は協力して試験設置中の母貝団地を増設する。
2)漁獲物集約、魚価安定の取り組み
①漁協による集出荷体制の確立
・漁協は一括集出荷に向けて、個人取引により出荷を行う漁業者及び仲買人と、新設する荷さばき施設の運用方法を協議する。
②高鮮度出荷
・漁協は漁業者に対して製氷機の利用を促し、利用率を向上させる。
・漁業者は漁獲物の高鮮度出荷に努め、杵築地区全体としてのブランド価値向上に努める。
③販路拡大
・漁協と杵築市は杵築地域の水産物及び加工品の販路拡大に向け、県内外の先進地へ視察を行う。
3)資源の維持管理の取り組み
①種苗放流の実施
・杵築市はクルマエビ、ガザミ、アワビなどの種苗放流を継続して行い、資源回復に努める。
・漁業者はクルマエビ放流の際に囲い網等により馴致放流を行い資源回復に努める。
・漁協と杵築市は大分県に対しアサリ人工種苗の生産を要望する。
②干潟域の資源管理
・漁業者は杵築市、大分県と協力し母貝団地の運用方法をまとめ、管理マニュアルを策定する。
・漁業者は干潟域での二枚貝類採捕に関して、より厳しい殻長制限などの規定を定める。
4)新規就労者不足への対策の取り組み
①新規漁業就労者支援
・杵築市は新規漁業就労者に対して初期投資の補助や漁業学校への参加などの支援策を盛り込んだ条例を策定し、市内外に向けて発信することで新規漁業就労者の獲得に努める。
・漁協と杵築市はホームページ等で就業支援を受けるために必要な申請書、手続き、段取りなどの情報を発信する。
②陸上施設の人員確保
・漁協は荷さばき施設の整備に伴い漁村女性の他、新規就労者を募る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1)6次産業化の取り組み
①高鮮度出荷によるブランド化の取り組み
・漁協はシャーベット状製氷機導入による高鮮度出荷実現に向け、関係機関と協力し、設置済みの先進地を視察して利用実態を調査する。
・漁協は、漁業者に製氷機の需要調査を行い必要規模を検討する。
・漁協は、製氷機の導入にあたって製氷機メーカーの協力を得て事前に市内漁港にデモンストレーション機を設置し、漁業者は実際に使用することによって高鮮度出荷を実感する。
②加工品開発の取り組み
・漁業者の所得向上を図るため、漁協はハモ及び未利用魚を利用した加工品開発に取り組むこととする。まず、未利用魚については加工原料として使える未利用魚の量を精査する。次に骨切りハモや未利用を用いて浜の加工技術を活かして作る「すりみ天ぷら」等加工品の学校給食や商工会等における需要を調査し、加工場、冷凍施設の規模を検討する。
・漁協と行政が一体となりで既存の浜の加工技術(練り製品など)の情報を収集し、商品化を検討する。
③販路拡大の取り組み
・漁協は、行政と協力し、市内学校給食や市内飲食店等と協議を開始する。
・漁協は加工品の市外や県外の販路を検討すると共に、販路拡大を模索する。
・漁協は通信販売等の流通システム導入へ準備を進める。
2)就労対策の取り組み
・漁村活性化の取組として、漁協は漁業高齢者や現在パート等に務めている漁村女性を対象に、新たに設置する水産加工場での就労可否の調査、広報を行う。
3)集出荷体制の改革の取り組み
・漁協はは現在の出荷方法(漁業者→直接仲買人・個人出荷)を改めて、安定出荷と漁価の向上を図るため、対象魚種(ハモ、養殖カキ)の漁協一括集出荷実現及び加工原料とする未利用魚集荷に向けて各浜で説明、協議を行う。
4)漁業環境の保全と水産資源増大による漁業生産の向上
①漁場保全の取り組み
・漁業者は地元で養殖された牡蠣殻を利用した増殖礁の設置を杵築市に要望し、杵築市は大分県と協力し事業を実施することにより漁獲量の増大を図る。
・漁協及び漁業者は漁船を用いて漁場の海底耕耘によって堆積物の除去と耕耘を行い漁場の保全を行う。杵築市は予算を確保し、積極的に事業を推進する。
 ②資源増大の取り組み
・漁業者は地元で養殖された牡蠣殻を利用した増殖礁の設置を杵築市に要望し、杵築市は大分県と協力し事業を実施することにより漁獲量の増大を図る。
・漁協及び漁業者は漁船を用いて漁場の海底耕耘によって堆積物の除去と耕耘を行い漁場の保全を行う。杵築市は予算を確保し、積極的に事業を推進する。

団体情報


JF・団体名 大分県漁業協同組合杵築支店
住所 〒873-0033
大分県杵築市大字守江4777-5
電話番号 0978-63-9226