大阪府|岬町水産業再生委員会小島部会

小島漁業協同組合

取組概要 アワビの養殖、「とっとパーク小島」との連携
キーワード 産直
販路拡大
販路 その他
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 アワビ

浜プランの取組内容

基本方針1:安定的な収入の確保
・安定的・計画的な収入を確保するため、貝類(アワビ等)の養殖事業に取り組む。
・餌となる海藻が豊富であるという地域特性を生かし、高品質アワビの生産に努めブランド化を進める。
・ハイブリッド種を導入し成長期間の短縮を図るとともに、簡便な海面養殖筏・生簀を導入し初期コストの削減に努める。
・流通業者との連携を深め、より市場ニーズに応じたサイズの出荷並びに適切な時期の出荷を進める。
・養殖アワビの販売を「契機」とし、後述する産地直販、多様な販路の確保を並行して進める。
基本方針2:付加価値向上・産直販売の拡大
・とっとパークの水槽などを活用し、小規模な活魚センター機能の確立に取り組む。魚のブランド化、付加価値化に取り組む。
・年間約5万人が来場する「とっとパーク小島」「道の駅とっとパーク小島」に設置されている活魚水槽を活用した産直販売の拡大により、魚価の向上を図る。
基本方針3:販路の多様化
・少量多品種というデメリットをメリットとして生かし、絞め方(神経抜き)などの扱いを丁寧にし、高品質・高付加価値商品が求められる小規模なニッチ市場を目指す。
・大消費地に近いメリットを生かすために新たな販売網の形成に努める。
・養殖アワビを含めて、高品質魚介類の海外販売について検討・試行する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

基本方針1:安定的な収入の確保
・安定的・計画的な収入を確保するため、貝類(アワビ等)の養殖事業に取り組む。
・餌となる海藻が豊富であるという地域特性を生かし、高品質アワビの生産に努めブランド化を進める。
・ハイブリッド種を導入し成長期間の短縮を図るとともに、簡便な海面養殖筏・生簀を導入し初期コストの削減に努める。
・流通業者との連携を深め、より市場ニーズに応じたサイズの出荷並びに適切な時期の出荷を進める。
・養殖アワビの販売を「契機」とし、後述する産地直販、多様な販路の確保を並行して進める。
基本方針2:付加価値向上・産直販売の拡大
・とっとパークの水槽などを活用し、小規模な活魚センター機能の確立に取り組む。魚のブランド化、付加価値化に取り組む。
・年間約5万人が来場する「とっとパーク小島」「道の駅とっとパーク小島」に設置されている活魚水槽を活用した産直販売の拡大により、魚価の向上を図る。
基本方針3:販路の多様化
・少量多品種というデメリットをメリットとして生かし、絞め方(神経抜き)などの扱いを丁寧にし、高品質・高付加価値商品が求められる小規模なニッチ市場を目指す。
・大消費地に近いメリットを生かすために新たな販売網の形成に努める。
・養殖アワビを含めて、高品質魚介類の海外販売について検討・試行する。

団体情報


JF・団体名 小島漁業協同組合
住所 〒599-0314
大阪府泉南郡岬町多奈川小島597
電話番号 072-495-5019