兵庫県|兵庫県地域水産業再生委員会仮屋漁協部会

仮屋漁業協同組合

取組概要 「黄金ハモ」の認知度向上、造り酒屋と連携したノリの販促PR
キーワード 認知度向上
異業種連携
観光漁業
販路 域内流通
取組タイプ 広告宣伝、イベント
魚種 ハモ
ノリ
イカナゴ
アサリ
アオリイカ

浜プランの取組内容

①魚価の向上
・底びき網漁業者65人は、当地で最大の漁獲量を誇るハモのうち、魚体の傷が少なく、体型が太く、脂ののりが良いなど一定の基準を満たすハモを「黄金ハモ」として出荷するため、底びき網の魚捕部(袋網)には結び目の無いラッセル網を使用する、選別については小さいサイズは選別機を通して選別機から落ちたものは放流する。また、鯛の選別にはスポンジをカゴに敷いて魚体に傷を付けないように努める。
 また、漁協や地域の底びき網協議会と協力し、「黄金ハモ」の認知度向上のため京阪神地域はもとより、関東地区にも出荷を行なう仲買業者へ協力を求め、ポスター掲示等のPR作戦により消費の拡大と販売価格の向上を図る。
・漁協は、漁業者全員と協力し、地元の観光協会や商工会等と提携して、地引き網の観光漁業事業PRを行い、漁村のにぎわいの創出を図る。また、当地で地元の魚を食べてもううことで鮮度の高い漁獲物の良さを理解してもらい、このことを通じて、消費拡大を図るとともに漁業外収入により漁業者の収入向上を図る。
・全ノリ養殖漁業者は、ノリ養殖海域の栄養塩低下による色落ち対策と漁場環境の保全を兼ねた取り組みとして、海底からの栄養塩の溶出を促すため浅海域の海底耕耘を実施する。さらに、農業者と協力してため池の底に堆積した栄養豊かな泥を水路等を通じて漁場へ供給することで栄養塩の添加を促す「かいぼり」を実施するとともに、カモによるノリの食害被害対策として、地元猟友会の協力を仰ぎ駆除を実施する。
 また、破れ製品や異物混入等の不良品を削減するため、洗い場機器のメンテナンスを頻繁に行うなどの徹底した品質管理を行い、生産枚数の増大と販売価格の向上を図る。
・今期より地元の造り酒屋と連携して土産物として海苔の加工品を販売して観光客へのPRと消費拡大により漁業者の収入向上を図る。
③漁場環境の保全と資源量の増大
・船曳網漁業者は、兵庫県水産技術センターや地域の船曳網漁業協議会と協力し、イカナゴの成長予測や漁況予報を利用し、適性サイズでの解禁日や終漁日、休漁日、時間制限の設定を毎年行うことで乱獲を防ぎ、資源量の維持増大を図る。
・漁業者全員(121人 名)が参加して、海底耕耘、ため池のかいぼり、二枚貝の放流、アオリイカの産卵床等、漁場環境の保全に係る活動を推進する。また、栽培漁業や資源管理計画等に積極的に取組むことにより、資源の増大を図る。
・漁協青壮年部員41名は、栽培漁業の取り組みとして、マダイの中間育成、ヒラメ、アワビ、クルマエビ、サザエ、ウニ、ナマコ、オニオコゼ等の種苗放流を行い資源の増大を図る。
④漁業者の育成と魅力ある漁村づくりの推進
・全漁業者は、計画的で効率の良い漁業経営を行うことが出来、漁業収入の向上に繋がることに意欲を持って取組む漁業者となるため、様々な分野の研修に参加し、自己研鑽に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①魚価の向上
 ・「黄金ハモ」の出荷に向けた、ラッセル網使用やカゴ底スポンジ敷き。「黄金ハモ」の認知度向上のため京阪神地域等でのポスター掲示等のPR。
 ・共販市場統合による漁獲物集約や新規仲買人参入を通じた産地市場価格形成力の向上。
 ・観光協会・商工会等と提携した底びき網や地引き網の観光漁業事業PR。
②ノリ生産量および生産額の増大
 ・ノリ養殖の栄養塩低下未然防止に向けた浅海域の海底耕耘や「かいぼり」の実施。ノリ食害被害対策としての地元猟友会によるカモ駆除。異物混入等不良品削減に向けた洗い場機器の頻繁なメンテナンス。
③漁場環境の保全と資源量の増大
 ・イカナゴ成長予測や漁況予報を活用した解禁日・終漁日・休漁日・時間制限の設定。
 ・海底耕耘、ため池のかいぼり、二枚貝の放流、アオリイカ産卵床等の漁場環境保全。
 ・マダイの中間育成、ヒラメ・アワビ・クルマエビ・サザエ・ウニ・ナマコ・オニオコゼ等の種苗放流。
 ・二枚貝(アサリ)の天然稚貝採取からの垂下式養殖の事業化推進。
④漁業者の育成と魅力ある漁村づくりの推進
 ・各研修への参加。

団体情報


JF・団体名 仮屋漁業協同組合
住所 〒656-2331
兵庫県淡路市仮屋112-1
電話番号 (0799)74-2057