宮城県|宮城県近海底曳網漁業再生委員会

宮城県近海底曳網漁業協同組合

取組概要 マダラ、ヒラメの一部活〆出荷、ヤリイカの高鮮度化
キーワード 活締め出荷
活魚出荷
高鮮度保持
販路 その他
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 ノリ
カキ
ワカメ
ホヤ
サケ

浜プランの取組内容

①漁獲物の高鮮度保持の実施
漁業者は、漁獲後すぐに漁獲物を十分な氷を使用して低温管理することにより、鮮度の維持を図り、夕方~夜に魚市場へ水揚げした後も、販売(翌朝)までの間の鮮度低下を防ぐため、十分な量の氷を使用することで、漁獲物全体の単価向上を図る。また、マダラについては、スカイタンクを用いた水揚げを増やし、鮮度向上と魚価の増加を図る。近海底曵網漁業協同組合は、所属船における鮮度維持に対する意識向上のため、漁業者を対象として、上記取組をルール化するための啓蒙活動を行う。
②ヒラメ、マコガレイ、ババガレイ等の一部活魚出荷の実施
漁業者は、ヒラメ、マコガレイ、ババガレイ等の単価向上を図るため、傷のない活きた魚体のみを選別し、漁獲後ただちに清潔な活魚槽へ入れ、市場への水揚げまでの間、海水を十分循環させ、酸素を供給し、活魚槽の水温管理に注意を払いながら水揚げを行う。ただし、市場での活魚取扱量には、限りがあるため、下記③の活〆出荷も併せて実施する。
③マダラ、ヒラメの一部活〆出荷
漁業者は、主力のマダラ、ヒラメの付加価値向上を図るため、サイズが揃った傷のない活きたマダラ(2~4 尾入れサイズ:体長50~70cm、体重2~6kg)及びヒラメ(体長40~60cm、体重1~2kg)を厳選し、沖で活〆(マダラ:鰓及び尾の付け根部分、ヒラメ:背骨(延髄)と尾の付け根部分)を行う。活〆後、ただちに殺菌冷海水を用いた衛生管理水氷により十分な脱血処理を行い、発泡の魚箱に下氷したうえで低温管理し、「活〆鮮魚」として出荷する。なお、マダラの活〆は、産卵のために沿岸に近づき、漁獲による水圧変化が最小限に押さえられることにより、活きたマダラを数多く入手でき、かつ雄の生殖腺(白子:たらきく)が発達し、単価の向上が見込める12 月~1 月の2 ヶ月間限定で実施する。
また、近海底曵網漁業協同組合は、品質向上並びに品質均一化を図るために所属船における活〆技術の統一化、意識向上のため、漁業者を対象として、上記取組をルール化するための鮮度保持取扱講習会・研修会等を開催し、活〆マニュアルを作成する。
④ヤリイカの高鮮度化の実施
19 トン型沖合底びき網漁業及び小底機船底びき網漁業の年間水揚金額の約2割を占めるヤリイカについて、資源の持続的な利用と単価の向上を図るため、県と協力し、ヤリイカの漁況予測手法の開発による効率的なヤリイカ資源の利用を行うとともに、生態学的知見が少ないヤリイカの季節的な分布状況を明らかにし、今後の資源管理方法を検討する。また、直氷によるイカの白濁化を防ぐため、魚箱の下氷の上に紙又はエアキャップ等のシートを敷き、ヤリイカの高鮮度化を図ることにより、単価向上に取り組む。
また、近海底曵網漁業協同組合は、所属船における高鮮度保持技術の統一化、意識向上のため、漁業者を対象として、上記取組をルール化するための鮮度保持取扱講習会・研修会等を開催し、ヤリイカの取扱マニュアルを作成する。
⑤資源管理への取組
沖合底びき網漁業及び小型機船底曵網漁業の主力魚種であるマダラについて、将来にわたる資源の持続的な利用と経営の安定化を図るため、単価の低いマダラ小型魚の漁獲圧を押さえ、大型魚に狙いをシフトすることによる資源管理(豆タラ(1 歳魚)の保護)を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①漁獲物の高鮮度保持の実施
漁業者は、漁獲後すぐに漁獲物を十分な氷を使用して低温管理することにより、鮮度の維持を図り、夕方~夜に魚市場へ水揚げした後も、販売(翌朝)までの間の鮮度低下を防ぐため、十分な量の氷を使用することで、漁獲物全体の単価向上を図る。また、マダラについては、スカイタンクを用いた水揚げを増やし、鮮度向上と魚価の増加を図る。近海底曵網漁業協同組合は、所属船における鮮度維持に対する意識向上のため、漁業者を対象として、上記取組をルール化するための啓蒙活動を行う。
②ヒラメ、マコガレイ、ババガレイ等の一部活魚出荷の実施
漁業者は、ヒラメ、マコガレイ、ババガレイ等の単価向上を図るため、傷のない活きた魚体のみを選別し、漁獲後ただちに清潔な活魚槽へ入れ、市場への水揚げまでの間、海水を十分循環させ、酸素を供給し、活魚槽の水温管理に注意を払いながら水揚げを行う。ただし、市場での活魚取扱量には、限りがあるため、下記③の活〆出荷も併せて実施する。
③マダラ、ヒラメの一部活〆出荷
漁業者は、主力のマダラ、ヒラメの付加価値向上を図るため、サイズが揃った傷のない活きたマダラ(2~4 尾入れサイズ:体長50~70cm、体重2~6kg)及びヒラメ(体長40~60cm、体重1~2kg)を厳選し、沖で活〆(マダラ:鰓及び尾の付け根部分、ヒラメ:背骨(延髄)と尾の付け根部分)を行う。活〆後、ただちに殺菌冷海水を用いた衛生管理水氷により十分な脱血処理を行い、発泡の魚箱に下氷したうえで低温管理し、「活〆鮮魚」として出荷する。なお、マダラの活〆は、産卵のために沿岸に近づき、漁獲による水圧変化が最小限に押さえられることにより、活きたマダラを数多く入手でき、かつ雄の生殖腺(白子:たらきく)が発達し、単価の向上が見込める12 月~1 月の2 ヶ月間限定で実施する。
また、近海底曵網漁業協同組合は、品質向上並びに品質均一化を図るために所属船における活〆技術の統一化、意識向上のため、漁業者を対象として、上記取組をルール化するための鮮度保持取扱講習会・研修会等を開催し、活〆マニュアルを作成する。
④ヤリイカの高鮮度化の実施
19 トン型沖合底びき網漁業及び小底機船底びき網漁業の年間水揚金額の約2割を占めるヤリイカについて、資源の持続的な利用と単価の向上を図るため、県と協力し、ヤリイカの漁況予測手法の開発による効率的なヤリイカ資源の利用を行うとともに、生態学的知見が少ないヤリイカの季節的な分布状況を明らかにし、今後の資源管理方法を検討する。また、直氷によるイカの白濁化を防ぐため、魚箱の下氷の上に紙又はエアキャップ等のシートを敷き、ヤリイカの高鮮度化を図ることにより、単価向上に取り組む。
また、近海底曵網漁業協同組合は、所属船における高鮮度保持技術の統一化、意識向上のため、漁業者を対象として、上記取組をルール化するための鮮度保持取扱講習会・研修会等を開催し、ヤリイカの取扱マニュアルを作成する。
⑤資源管理への取組
沖合底びき網漁業及び小型機船底曵網漁業の主力魚種であるマダラについて、将来にわたる資源の持続的な利用と経営の安定化を図るため、単価の低いマダラ小型魚の漁獲圧を押さえ、大型魚に狙いをシフトすることによる資源管理(豆タラ(1 歳魚)の保護)を行う。

団体情報


JF・団体名 宮城県近海底曳網漁業協同組合
住所 〒985-0001
宮城県塩釜市新浜町1-11-15
電話番号 022-367-5866