千葉県|千葉県地域水産業再生委員会安房地区部会(鋸南町保田地区)

館山漁業協同組合(鋸南・保田地区)

取組概要 鮮度保持、低利用魚の活用
キーワード 鮮度保持
観光
定置網の改良
販路 域内流通
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 ゴマサバ
マダイ
ヒラメ
アワビ
サザエ

浜プランの取組内容

漁業収入向上のための取組
◎水産資源の維持増大策
○生産量の増大
・急潮に強い定置網の導入により、網なりの改善と休漁日短縮による生産量増大を図る。
○資源管理の強化
・定置網漁業の休漁期間の設定を内容とする資源管理計画を作成し実行することにより資源管理を強化する。
・アオリイカ等の産卵床の設置
○栽培漁業の強化
・マダイ、ヒラメ、トラフグ、サザエ、アワビ、バイなどの種苗放流を継続し、資源の底支えを図る。
・藻場の再生に向けた取組を行う。
◎漁獲物の付加価値向上策
○付加価値の向上
・荷さばき施設内に衛生管理を目的とするUV殺菌装置、冷水機を導入し、鮮度保持技術を向上させ、活魚出荷を増加させるなど魚価向上の取組を行う。
・新規買受人の受け入れを行う。
・定置網漁船の船上に選別機を導入し、活魚出荷の取扱を増加させる。
○低・未利用魚の利用
・大量に漁獲される単価の安いゴマサバ等の低・未利用魚の活用を図るため、県水産総合研究センターと連携して、ゴマサバの冷凍保存技術の改良に取り組み、アニサキス(寄生虫)の低減による冷凍刺身の通年提供を目指す。
・ゴマサバを含む低・未利用魚について漁協直営食堂で積極的な提供を行い、収入増を目指す。
◎水産物の消費拡大策
○水産物の消費拡大
・漁協直営食堂において、旬の魚のフェアや未利用魚を用いた新規メニューを開発し利益向上を図る。
○観光・交流との連携
・近隣の観光関連施設へのパンフレットの配付や漁協HPにより積極的に地元水産物をPRし、観光客の集約を図ることで漁協直営食堂の利用者数を向上させ、収入増大を図る。
◎漁業就業者の確保・育成
・漁業の担い手の確保・育成のため漁業就業者相談会に参加する。また、就業のための長期研修を行うことで新規漁業就業者の確保を図る。
漁業コスト削減対策
○定置網の改良
・急潮に強い網を導入し、急潮被害の低減による修繕費、消耗品費の削減を図る。
・目合いについても、資源管理の観点から大きい目合いの網の導入を図る。
○省エネ機器の導入
・漁協は、省エネ省コストに優れた新造船を導入し、燃料費・修繕費の削減を図る。
・漁船漁業者は、低燃費機関の導入により燃料費の削減を図る。
○定置網の効率化
・定置網漁船に船上選別機を導入することにより、作業時間の短縮を図る。
・休漁期間に漁船や漁網をメンテナンスすることにより燃料費、修繕費の削減を図る。
・定置網用倉庫を新たに整備し分散化した定置網関連施設(車庫・漁具倉庫)を集約化し、網保
管による耐用年数の延長や、操業の効率化を図る。
・老朽化した製氷・貯氷施設を改修することにより定置網に供給される氷のコストを削減する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

漁業収入向上のための取組
◎水産資源の維持増大策
○生産量の増大
・急潮に強い定置網の導入により、網なりの改善と休漁日短縮による生産量増大を図る。
○資源管理の強化
・定置網漁業の休漁期間の設定を内容とする資源管理計画を作成し実行することにより資源管理を強化する。
・アオリイカ等の産卵床の設置
○栽培漁業の強化
・マダイ、ヒラメ、トラフグ、サザエ、アワビ、バイなどの種苗放流を継続し、資源の底支えを図る。
・藻場の再生に向けた取組を行う。
◎漁獲物の付加価値向上策
○付加価値の向上
・荷さばき施設内に衛生管理を目的とするUV殺菌装置、冷水機を導入し、鮮度保持技術を向上させ、活魚出荷を増加させるなど魚価向上の取組を行う。
・新規買受人の受け入れを行う。
・定置網漁船の船上に選別機を導入し、活魚出荷の取扱を増加させる。
○低・未利用魚の利用
・大量に漁獲される単価の安いゴマサバ等の低・未利用魚の活用を図るため、県水産総合研究センターと連携して、ゴマサバの冷凍保存技術の改良に取り組み、アニサキス(寄生虫)の低減による冷凍刺身の通年提供を目指す。
・ゴマサバを含む低・未利用魚について漁協直営食堂で積極的な提供を行い、収入増を目指す。
◎水産物の消費拡大策
○水産物の消費拡大
・漁協直営食堂において、旬の魚のフェアや未利用魚を用いた新規メニューを開発し利益向上を図る。
○観光・交流との連携
・近隣の観光関連施設へのパンフレットの配付や漁協HPにより積極的に地元水産物をPRし、観光客の集約を図ることで漁協直営食堂の利用者数を向上させ、収入増大を図る。
◎漁業就業者の確保・育成
・漁業の担い手の確保・育成のため漁業就業者相談会に参加する。また、就業のための長期研修を行うことで新規漁業就業者の確保を図る。
漁業コスト削減対策
○定置網の改良
・急潮に強い網を導入し、急潮被害の低減による修繕費、消耗品費の削減を図る。
・目合いについても、資源管理の観点から大きい目合いの網の導入を図る。
○省エネ機器の導入
・漁協は、省エネ省コストに優れた新造船を導入し、燃料費・修繕費の削減を図る。
・漁船漁業者は、低燃費機関の導入により燃料費の削減を図る。
○定置網の効率化
・定置網漁船に船上選別機を導入することにより、作業時間の短縮を図る。
・休漁期間に漁船や漁網をメンテナンスすることにより燃料費、修繕費の削減を図る。
・定置網用倉庫を新たに整備し分散化した定置網関連施設(車庫・漁具倉庫)を集約化し、網保
管による耐用年数の延長や、操業の効率化を図る。
・老朽化した製氷・貯氷施設を改修することにより定置網に供給される氷のコストを削減する。

団体情報


JF・団体名 館山漁業協同組合(鋸南・保田地区)
住所 〒294-0056
千葉県館山市船形1452
電話番号 0470-27-2111