千葉県|千葉県地域水産業再生委員会内湾地区部会天羽地区

大佐和漁業協同組合(天羽地区)

取組概要 活〆、ブランド化による付加価値向上、SNS・HPを活用したPR
キーワード 活け締め
加工品開発
直接販売
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 サバ
スズキ
マダイ
ヒラメ
キス

浜プランの取組内容

漁業収入向上のための取組

水産資源の維持増大策

資源管理の強化

漁協、漁業者は、 メゴチやキスなどの魚類を漁獲する 刺網漁業 について、 資源管理計画に基づ
き、 天羽漁協魚市場公休日 を 定期休漁 とする 取組を継続 する。また、 計画の自主点検と見直しを
行うことで、 資源管理 のさらなる強化を図る。
・定置網漁業におけるクロマグロ資源管理に対応するため、
漁獲上限を超える恐れがある際には、
くろまぐろ型 TAC に関する千葉県計画(試行)に記載されている取組を実施するほか、 クロマグ
ロ小型魚を魚獲りから逃がす ための 開口部の設置など 、 漁具改良についての 検討 を行う。
○栽培漁業の推進
・漁
協、漁業者は、マダイ 、ヒラメ、マコガレイ、クルマエビ、アワビなどの種苗放流を継続し
資源の底支えを図る。

漁獲物の付加価値向上策
○定置網漁業
・漁協は、所属する
千葉県 定置 漁業 協会において 、 県 内の他漁協が 「 もうかる漁業 創設支援事業」
など の活用により取組む、沖での活け〆等の鮮度向上対策による 魚価 向上 対策 や、 網目拡大 による波浪・潮流等の影響の緩和、
高圧洗浄機等の導入による網 メンテナンスの省力化 等 、 操業の省
力・省コスト化や急潮対策 の 先進事例に 関する情報収集 を行い、 自営定置へ応用 することで 、 漁
業収入向上 と コスト削減 につなげる 。
・漁協は、定置漁獲物の鮮度向上、高価格となる活魚や活き締め魚の量を増加させるなど、単価
向上の取組を行う。
○ブランド力の強化
・漁協は、
竹岡 支所地方卸売市場の 荷捌き施設、冷凍冷蔵施設等を整備し、 高度衛生化、 鮮度保
持 を図り 、魚価向上 に取り組む 。

当 漁協 の組合員 はもとより富津市内 の 他漁協の 水揚 物の集約 を図り 、 竹岡支所地方卸売市場に
おいて、 富津市内他地区など地元外からも 新規買受人 を 受け入れ ること によ り 、 価格形成力の向
上を図る。
・漁協は、
地区水産物の知名度を上げ、魚価向上を図るため、千葉 ブランド 水 産物 など の新規認
定を目指す 。

低価格魚の付加価値化
・漁協は、
地元 飲食店、商工会などと連携して、 サバ類、スズキ類など 低価格魚 の 加工商品を開
発し 、 付加価値向上を図る。

水産物の消費拡大策
○直接販売の再構築
・漁協は、
これまでも自らの 入札権を行使し 水揚げ物を買い取り、それを 流通業者へ直接販売 す
ることによって魚価向上を図ってきたが、そ の規模 を 拡大 すること により、 収益力向上を目指す
ととともに、魚価の底支えを図る 。
○商工観光業との連携PR
・漁協は
、市、商工会、地元飲食店などとの連携強化 を図り 、HPやSNS を積極的に活用し 、
マアジ、タチウオ、キスなどすでに消費地卸売市場での 評価 が 高い 水揚げ物を地域特産品として
PRする。
○魚食普及活動の推進
・漁協、漁業者は
県や市と連携し市内にある 高校などを対象に魚調理教室を開催し、魚食普及に
努める。

漁業就業者の確保・育成
○漁業の担い手対策
・漁協は、県や市と連携し、担い手対策事業
など を有効活用 し、収入 や 住居 が確保され、漁業技
術を 系統だって 習得 できる機会を提供するなど、 新規就業者の 参入しやすい環境を確保し、確実
な着業を促進する。

漁協は、 定置網漁業やまき網漁業など 雇 用型漁業 の従事者がその地区に定住し、安定した収入、
漁協の理解・支援、先輩漁業者の指導を得て、 小型漁船漁業 を独立自営する 「鴨川モデル」を普及する。
漁業コスト削減のための取組

省燃油対策
○船底清掃・低速航行
・漁業者は、船底清掃、低速航行に取り組み、燃油使用量の削減を図る。
○省エネ機器の導入等
・漁業者は低燃費機関の導入などにより
燃油コストの低減を図る。
・漁業者は、漁業経営セーフティ
ー ネット構築事業 への 加入により漁業経営の安定を図る。
・漁協は、低燃費機関の導入、漁業経営セーフティ
ー ネット構築事業の 加入を促進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

漁業収入向上のための取組

水産資源の維持増大策

資源管理の強化

漁協、漁業者は、 メゴチやキスなどの魚類を漁獲する 刺網漁業 について、 資源管理計画に基づ
き、 天羽漁協魚市場公休日 を 定期休漁 とする 取組を継続 する。また、 計画の自主点検と見直しを
行うことで、 資源管理 のさらなる強化を図る。
・定置網漁業におけるクロマグロ資源管理に対応するため、
漁獲上限を超える恐れがある際には、
くろまぐろ型 TAC に関する千葉県計画(試行)に記載されている取組を実施するほか、 クロマグ
ロ小型魚を魚獲りから逃がす ための 開口部の設置など 、 漁具改良についての 検討 を行う。
○栽培漁業の推進
・漁
協、漁業者は、マダイ 、ヒラメ、マコガレイ、クルマエビ、アワビなどの種苗放流を継続し
資源の底支えを図る。

漁獲物の付加価値向上策
○定置網漁業
・漁協は、所属する
千葉県 定置 漁業 協会において 、 県 内の他漁協が 「 もうかる漁業 創設支援事業」
など の活用により取組む、沖での活け〆等の鮮度向上対策による 魚価 向上 対策 や、 網目拡大 による波浪・潮流等の影響の緩和、
高圧洗浄機等の導入による網 メンテナンスの省力化 等 、 操業の省
力・省コスト化や急潮対策 の 先進事例に 関する情報収集 を行い、 自営定置へ応用 することで 、 漁
業収入向上 と コスト削減 につなげる 。
・漁協は、定置漁獲物の鮮度向上、高価格となる活魚や活き締め魚の量を増加させるなど、単価
向上の取組を行う。
○ブランド力の強化
・漁協は、
竹岡 支所地方卸売市場の 荷捌き施設、冷凍冷蔵施設等を整備し、 高度衛生化、 鮮度保
持 を図り 、魚価向上 に取り組む 。

当 漁協 の組合員 はもとより富津市内 の 他漁協の 水揚 物の集約 を図り 、 竹岡支所地方卸売市場に
おいて、 富津市内他地区など地元外からも 新規買受人 を 受け入れ ること によ り 、 価格形成力の向
上を図る。
・漁協は、
地区水産物の知名度を上げ、魚価向上を図るため、千葉 ブランド 水 産物 など の新規認
定を目指す 。

低価格魚の付加価値化
・漁協は、
地元 飲食店、商工会などと連携して、 サバ類、スズキ類など 低価格魚 の 加工商品を開
発し 、 付加価値向上を図る。

水産物の消費拡大策
○直接販売の再構築
・漁協は、
これまでも自らの 入札権を行使し 水揚げ物を買い取り、それを 流通業者へ直接販売 す
ることによって魚価向上を図ってきたが、そ の規模 を 拡大 すること により、 収益力向上を目指す
ととともに、魚価の底支えを図る 。
○商工観光業との連携PR
・漁協は
、市、商工会、地元飲食店などとの連携強化 を図り 、HPやSNS を積極的に活用し 、
マアジ、タチウオ、キスなどすでに消費地卸売市場での 評価 が 高い 水揚げ物を地域特産品として
PRする。
○魚食普及活動の推進
・漁協、漁業者は
県や市と連携し市内にある 高校などを対象に魚調理教室を開催し、魚食普及に
努める。

漁業就業者の確保・育成
○漁業の担い手対策
・漁協は、県や市と連携し、担い手対策事業
など を有効活用 し、収入 や 住居 が確保され、漁業技
術を 系統だって 習得 できる機会を提供するなど、 新規就業者の 参入しやすい環境を確保し、確実
な着業を促進する。

漁協は、 定置網漁業やまき網漁業など 雇 用型漁業 の従事者がその地区に定住し、安定した収入、
漁協の理解・支援、先輩漁業者の指導を得て、 小型漁船漁業 を独立自営する 「鴨川モデル」を普及する。
漁業コスト削減のための取組

省燃油対策
○船底清掃・低速航行
・漁業者は、船底清掃、低速航行に取り組み、燃油使用量の削減を図る。
○省エネ機器の導入等
・漁業者は低燃費機関の導入などにより
燃油コストの低減を図る。
・漁業者は、漁業経営セーフティ
ー ネット構築事業 への 加入により漁業経営の安定を図る。
・漁協は、低燃費機関の導入、漁業経営セーフティ
ー ネット構築事業の 加入を促進する。

団体情報


JF・団体名 大佐和漁業協同組合(天羽地区)
住所 〒293-0042
千葉県富津市小久保字港町3089
電話番号 0439-65-0034