三重県|尾鷲地域水産業再生委員会

三重外湾漁業協同組合(尾鷲)(旧尾鷲漁業協同組合)

取組概要 活〆による鮮度向上、代船建造、集約市場への集出荷体制構築
キーワード 魚の脂質含量測定
ICT技術の活用
早田漁師塾
販路 域内流通
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 ブリ
マアジ
マグロ
マハタ
カキ

浜プランの取組内容

①定置網漁業者は、旬の魚の活〆等による魚価向上に取り組む。市は、県の研究機関等と連携し、四季の旬の魚の脂質含量等の測定や活〆の鮮度保持効果の検証を行い、取りまとめたデータはWEB上での公開等、情報発信に努める。
②漁協、漁業者は、三重県海水養魚協議会等が開く研修会等へ積極的に参加し、魚病対策や赤潮対策等、養殖技術向上のための知識取得に努める。
③漁協、漁業者は、ヒロメなどの藻類、マガキなどの二枚貝養殖の導入の検討を進め、市は、技術の普及や向上への支援を行い、あわせて、二枚貝の地場採苗、品質向上などの養殖試験に取り組む。
④漁協、漁業者は、地区内での新たなマグロ延縄船建造や、定置網漁業において、代船建造や網の改良等について検討を進めるための情報収集を図る。
⑤漁協は、水産関連施設の機能再編、集約市場である尾鷲魚市場への集出荷体制の構築に向けて、課題の整理を検討するとともに、衛生管理の強化に取り組む。また、あわせて、既存の市場の利便性対策などの課題の整理を検討する。
⑥漁協、市は、関係団体とともに、「おわせ魚まつり」等のイベントの開催を継続して行う。また、漁業者、加工業者と連携し、市内小中学校において、地域の水産物を利用した料理教室等を実施する。
⑦漁協及び漁業者は、「尾鷲市漁業体験教室」の受け入れ、漁協は「早田漁師塾」を実施し、後継者の確保・育成に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

団体情報


JF・団体名 三重外湾漁業協同組合(尾鷲)(旧尾鷲漁業協同組合)
住所 〒519-3604
三重県三重県尾鷲市港町3-6
電話番号 0597-22-0621