三重県|志島地区地域水産業再生委員会

三重外湾漁業協同組合(志島)

取組概要 インターネット販売、資源管理
キーワード インターネット販売
低利用魚
加工品開発
販路 域外流通
取組タイプ 出荷形態(共同化・集約化など)
魚種 アワビ
サザエ
ワカメ
アカモク
イセエビ

浜プランの取組内容

①水産物の加工・販売の取組
・アワビ、サザエ、イセエビ等について、県内提携企業と協力して活魚出荷を行うインターネッ
ト販売に取り組むことで、産地としての知名度向上及び単価向上を図る。
・漁協女性部メンバー及び新規漁業就業者を中心に、未利用魚や低価格魚の加工販売に取り組む
ことで、地元水産物の付加価値向上を図る。また、地区への来遊者の増加を目的に、集客力の
ある新商品開発を行い、加工販売の取組の加速化を図る。
・上記の取組について、漁協女性部メンバー及び地区の協力者により、現在は地区公民館などを
借り受け活動しているが、今後は既存の倉庫を加工施設に改修し、本格的に海女漁業者が中心
となった加工事業を開始する。
②資源管理・漁場環境保全の取組
・水揚量が低位で推移しているアワビについて、種苗放流や禁漁区、禁漁期間の設定を行うこと
により、資源量の増加を図る。
・アワビの生息場所となるアラメ藻場の利用については、アラメの繁茂状況をもとにアラメ漁の
口開け日数や利用漁場について、地区内で毎年協議することで、アワビ資源とアラメ資源の持
続的な利用を図る。
・海洋汚染や漁業の支障となる漂着ゴミの回収をすることで、漁場環境の保全、改善を図る。
③燃油使用量削減に向けた取組
・漁船の定期的な船底清掃及び減速航行の実施により、燃油使用量の削減を図る。
上記の①~③の取組により漁業所得の向上を図るとともに、所得向上には直接寄与しないが後継
者対策として、次の取組を基本方針の柱に位置づける。
④後継者育成の取組
・近隣地区と合同で開催する「畔志賀漁師塾」による勉強会を継続して開催することで、次世代
の担い手の育成に取り組む。特に、地区出身者の流出が続くなか、地区外からの漁業就業希望
者を受け入れることで、地区の漁業及び漁業を核とする周辺産業の維持、拡大を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①水産物の加工・販売の取組
・アワビ、サザエ、イセエビ等について、県内提携企業と協力して活魚出荷を行うインターネッ
ト販売に取り組むことで、産地としての知名度向上及び単価向上を図る。
・漁協女性部メンバー及び新規漁業就業者を中心に、未利用魚や低価格魚の加工販売に取り組む
ことで、地元水産物の付加価値向上を図る。また、地区への来遊者の増加を目的に、集客力の
ある新商品開発を行い、加工販売の取組の加速化を図る。
・上記の取組について、漁協女性部メンバー及び地区の協力者により、現在は地区公民館などを
借り受け活動しているが、今後は既存の倉庫を加工施設に改修し、本格的に海女漁業者が中心
となった加工事業を開始する。
②資源管理・漁場環境保全の取組
・水揚量が低位で推移しているアワビについて、種苗放流や禁漁区、禁漁期間の設定を行うこと
により、資源量の増加を図る。
・アワビの生息場所となるアラメ藻場の利用については、アラメの繁茂状況をもとにアラメ漁の
口開け日数や利用漁場について、地区内で毎年協議することで、アワビ資源とアラメ資源の持
続的な利用を図る。
・海洋汚染や漁業の支障となる漂着ゴミの回収をすることで、漁場環境の保全、改善を図る。
③燃油使用量削減に向けた取組
・漁船の定期的な船底清掃及び減速航行の実施により、燃油使用量の削減を図る。
上記の①~③の取組により漁業所得の向上を図るとともに、所得向上には直接寄与しないが後継
者対策として、次の取組を基本方針の柱に位置づける。
④後継者育成の取組
・近隣地区と合同で開催する「畔志賀漁師塾」による勉強会を継続して開催することで、次世代
の担い手の育成に取り組む。特に、地区出身者の流出が続くなか、地区外からの漁業就業希望
者を受け入れることで、地区の漁業及び漁業を核とする周辺産業の維持、拡大を図る。

団体情報


JF・団体名 三重外湾漁業協同組合(志島)
住所 〒517-0501
三重県三重県志摩市阿児町鵜方1401-1
電話番号 0599-44-5300