島根県|島根県地域水産業再生委員会(松江地区)

漁業協同組合JFしまね(松江地区)

取組概要 大手外食チェーン(ワタミ)との加工品共同開発、イオンとの水産物直接取引拡大
キーワード 魚価向上
市場統合
養殖事業
販路 その他
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 サワラ
ワカメ
イワガキ
アジ
サバ

浜プランの取組内容

①魚価の向上
イ 漁船漁業者は、漁協と協力して、魚介類について、活締め作業および殺菌冷海水利用により鮮度保持を図るとともに、規格を統一することにより高付加価値化を図る。また、先進地等の調査・研究を行うことにより施設の充実化を検討する。
ロ 漁協は、漁船漁業者と連携しつつ、イオンとの水産物直接取引拡大のため、消費地店舗の調査と取引先バイヤー、店舗主任等の来県によって店舗での供給スタイル開発のための現地研修を実施する。
ハ 新たに本年度から、漁協は、大手外食チェーン(ワタミ)と鮮魚供給方式及び加工開発検討を行い、順次生産供給を開始する。
②新統合市場整備
漁協は、市場の統合のための基本的事項の検討と農商工関係者を含む合意形成に努める。
③冷凍冷蔵加工施設整備
漁協は、境港における多獲性大衆魚(アジ・サバ・イワシ等)の流通加工処理能力の改善向上を図るための冷凍冷蔵加工処理施設の更新増設を検討する。
④養殖漁業(ワカメ・イワガキ)およびサザエの生産量・生産額の増大
ワカメ養殖業者は、生産量の増加を図るため、引き続き販路の開拓等を行い、新たに区画漁業権を設定する等の生産拡大方法を検討する。
イワガキ養殖業者は、生産量の増大を図り、安全・安心な出荷を行うために衛生施設を追加することを検討する。また、安定した出荷を確保するため、通年で販売可能な冷凍保存等の手法を試験する。
採介漁業者は、サザエについて、新たに加工品の開発等を検討し、販路の拡大を図る。
⑤漁場環境の保全と資源の増大
漁業者は、漁協等と協力して、磯焼けの原因である外敵駆除等の実施により漁場環境の保全に係る活動を推進していく。また、種苗放流や資源管理等に積極的に取り組むことにより、資源の増大を図る。
⑥新規漁業就業者の確保
漁協は、漁家の後継者等に対する研修を実施し、新規漁業就業者の確保に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①魚価の向上
イ 漁船漁業者は、漁協と協力して、魚介類について、活締め作業および殺菌冷海水利用により鮮度保持を図るとともに、規格を統一することにより高付加価値化を図る。また、先進地等の調査・研究を行うことにより施設の充実化を検討する。
ロ 漁協は、漁船漁業者と連携しつつ、イオンとの水産物直接取引拡大のため、消費地店舗の調査と取引先バイヤー、店舗主任等の来県によって店舗での供給スタイル開発のための現地研修を実施する。
ハ 新たに本年度から、漁協は、大手外食チェーン(ワタミ)と鮮魚供給方式及び加工開発検討を行い、順次生産供給を開始する。
②新統合市場整備
漁協は、市場の統合のための基本的事項の検討と農商工関係者を含む合意形成に努める。
③冷凍冷蔵加工施設整備
漁協は、境港における多獲性大衆魚(アジ・サバ・イワシ等)の流通加工処理能力の改善向上を図るための冷凍冷蔵加工処理施設の更新増設を検討する。
④養殖漁業(ワカメ・イワガキ)およびサザエの生産量・生産額の増大
ワカメ養殖業者は、生産量の増加を図るため、引き続き販路の開拓等を行い、新たに区画漁業権を設定する等の生産拡大方法を検討する。
イワガキ養殖業者は、生産量の増大を図り、安全・安心な出荷を行うために衛生施設を追加することを検討する。また、安定した出荷を確保するため、通年で販売可能な冷凍保存等の手法を試験する。
採介漁業者は、サザエについて、新たに加工品の開発等を検討し、販路の拡大を図る。
⑤漁場環境の保全と資源の増大
漁業者は、漁協等と協力して、磯焼けの原因である外敵駆除等の実施により漁場環境の保全に係る活動を推進していく。また、種苗放流や資源管理等に積極的に取り組むことにより、資源の増大を図る。
⑥新規漁業就業者の確保
漁協は、漁家の後継者等に対する研修を実施し、新規漁業就業者の確保に努める。

団体情報


JF・団体名 漁業協同組合JFしまね(松江地区)
住所 〒690-0007
島根県松江市御手船場町575 島根県水産会館
電話番号 0852-21-0001