島根県|島根県地域水産業再生委員会(浜田地区)

漁業協同組合JFしまね(浜田地区)

取組概要 大手外食チェーン(ワタミ)と開発した加工品の販路拡大
キーワード 認知度向上
魚価向上
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 マアジ
ノドグロ
カレイ
マイワシ

浜プランの取組内容

【沿岸漁業、定置漁業】
漁協は漁獲物の鮮度保持に関する技術研修会を開催して技術の浸透を図っていくほか、島根県水産技術センターと連携して漁獲物の鮮度等の評価・分析を行い、これらの結果を踏まえ、温度管理、活け締め等の取り組みを統一して導入し、漁獲物の高鮮度化を図る。
特に定置漁業は、殺菌冷海水装置の導入し高鮮度化を図る。
所得改善目標 沿岸漁業 12.7%
定置漁業 12.9%
【まき網漁業】
①まき網漁業者は関係団体の協力を得て、一晩あたりの操業回数を複数回化し水揚量を増大させるため、定期的に経営者、漁撈長等、荷受機関による検討会を開催し、その方策の検討と実践を行う。更に、効率的操業を行うため、必要に応じて機器設備整備等の対応を検討する。 ②漁協は水揚増大に対し処理能力を向上させ、用途別に合理的な販売を行うために、従来のセレクター販売方式に加え、トラックスケール販売方式導入し陸揚機能の迅速化、合理化を図る。
【沖合底びき網漁業】
漁業構造改革実証事業に基づいて実施する漁獲物の高鮮度化について、島根県水産技術センターと連携しての漁獲物の鮮度調査、仲買人からの意見聞き取り等を行い、その結果のフィードバックと併せて鮮度保持技術に関する研修会を開催し技術の浸透を図る。また販路を拡大していくために漁獲物の地元認知度向上を図っていく。本事例をモデルとして、他船団への取り組みを検討する。
【大手外食チェーン(ワタミ)との連繋】
漁協は、大手外食チェーン(ワタミ)との連繋開発した加工品を傘下居酒屋、宅配弁当、介護施設等に拡大に供給し更なる附加価値増大によって魚価向上を目指す。
【漁港能力の強化】
漁協は近隣小規模市場との集約化を図り安心で安全な水産物供給を行うため、高度衛生管理型市場及び、関連施設として建設した冷凍冷蔵加工施設を効率的に運用し附加価値増大魚価向上を目指す。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【沿岸漁業、定置漁業】
漁協は漁獲物の鮮度保持に関する技術研修会を開催して技術の浸透を図っていくほか、島根県水産技術センターと連携して漁獲物の鮮度等の評価・分析を行い、これらの結果を踏まえ、温度管理、活け締め等の取り組みを統一して導入し、漁獲物の高鮮度化を図る。
特に定置漁業は、殺菌冷海水装置の導入し高鮮度化を図る。
所得改善目標 沿岸漁業 12.7%
定置漁業 12.9%
【まき網漁業】
①まき網漁業者は関係団体の協力を得て、一晩あたりの操業回数を複数回化し水揚量を増大させるため、定期的に経営者、漁撈長等、荷受機関による検討会を開催し、その方策の検討と実践を行う。更に、効率的操業を行うため、必要に応じて機器設備整備等の対応を検討する。 ②漁協は水揚増大に対し処理能力を向上させ、用途別に合理的な販売を行うために、従来のセレクター販売方式に加え、トラックスケール販売方式導入し陸揚機能の迅速化、合理化を図る。
【沖合底びき網漁業】
漁業構造改革実証事業に基づいて実施する漁獲物の高鮮度化について、島根県水産技術センターと連携しての漁獲物の鮮度調査、仲買人からの意見聞き取り等を行い、その結果のフィードバックと併せて鮮度保持技術に関する研修会を開催し技術の浸透を図る。また販路を拡大していくために漁獲物の地元認知度向上を図っていく。本事例をモデルとして、他船団への取り組みを検討する。
【大手外食チェーン(ワタミ)との連繋】
漁協は、大手外食チェーン(ワタミ)との連繋開発した加工品を傘下居酒屋、宅配弁当、介護施設等に拡大に供給し更なる附加価値増大によって魚価向上を目指す。
【漁港能力の強化】
漁協は近隣小規模市場との集約化を図り安心で安全な水産物供給を行うため、高度衛生管理型市場及び、関連施設として建設した冷凍冷蔵加工施設を効率的に運用し附加価値増大魚価向上を目指す。

団体情報


JF・団体名 漁業協同組合JFしまね(浜田地区)
住所 〒690-0007
島根県松江市御手船場町575 島根県水産会館
電話番号 0852-21-0001