島根県|島根県地域水産業再生委員会(西ノ島町・知夫村地区)

漁業協同組合JFしまね(西ノ島町・知夫村地区)

取組概要 既存の水産加工品の見直し、地産地消活動
キーワード 魚価向上
販路拡大
販路 その他
取組タイプ 鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 アジ
カサゴ
キジハタ
サザエ
アワビ

浜プランの取組内容

①魚価の向上の取組
・一本釣り漁業者は、船内で使用している大型発泡スチロール保冷箱から、保温性に優れ高性能な大型クーラーに順次変更することにより、品質管理を徹底し、殺菌冷海水、溶けにくいフレークアイスを併せて使用することにより鮮度を向上させ、魚価の向上を図る。
また、カサゴ・キジハタ・オコゼ等、高級魚の活魚出荷や、マダイ、メダイ等の神経締の作業を推し進め、全船で実践することで単価の上昇を図り、漁業収入の増加を目指す。
・漁業者は、漁協、県及び町村の協力の下で既存の水産加工品をブラッシュアップ(サザエ等)することで付加価値向上を図り、需要の拡大に繋げる。
・イワガキ養殖業者等は、地元水産加工業者と連携して、最新凍結装置(プロトン凍結)を活用した冷凍水産物(イワガキ等)を生産することで付加価値向上を図り、需要の拡大に繋げる。
・上述の取組について、本年度は、昨年度までの取組を継続するとともに、対象商品の拡大を試みる。
②漁場環境整備の取組
・漁業者は漁協と協力し、藻場の造成、食害となる魚・蛸等の駆除を行い、沿岸資源の環境の保全に努める。
・漁業者は島根県、町村と協力し、魚(カサゴ・キジハタ・オコゼ)、稚貝(アワビ)の放流を行い、磯根資源の回復を図り漁業者の所得向上に繋げる。
③新たな魚種の水揚、販売先の開拓
・一本釣り漁業者は、新たに選定した魚種について、本格的な水揚げを開始するとともに、効率的な漁獲方法を検討する。さらに、新規の魚介類について、試験的な出荷等を継続して行う。
・まき網漁業者は漁協、加工業者と協力し、地元で水揚げしたアジ・ハマチ等を学校給食の食材とするために規格等の検討した結果を踏まえ順次提供すると共に、採介藻漁業者も他の食材として貝類(炊込用等の材料)の提供を行い魚価の向上を図る。
・漁業者は、島根県、町村とも連携し、各地の産業祭、全国シーフードショー等、様々なイベントに参加して、地元水産物の積極的な宣伝活動等により新たな販路を開拓し、活魚、鮮魚、貝類、加工品の販売先を増やすことにより、漁業収入の増加を図る。
④イワガキ養殖施設、付属施設の増設
イワガキ養殖業者は、養殖施設、付属施設の運用を開始し、生産量を拡大し、イオン、ダイエー、ワタミ等へ販売することで販路を確保し、魚価の向上を図る。
⑤漁業就業者確保のための取組
漁業者は漁協・町・県と連携し、各種の新規漁業就業者支援事業等により、全国から若い漁業の担い手を募集し、1年間の漁業体験を実施し、次年度以降の後継者及び担い手確保に繋げていく。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

①魚価の向上の取組
・一本釣り漁業者は、船内で使用している大型発泡スチロール保冷箱から、保温性に優れ高性能な大型クーラーに順次変更することにより、品質管理を徹底し、殺菌冷海水、溶けにくいフレークアイスを併せて使用することにより鮮度を向上させ、魚価の向上を図る。
また、カサゴ・キジハタ・オコゼ等、高級魚の活魚出荷や、マダイ、メダイ等の神経締の作業を推し進め、全船で実践することで単価の上昇を図り、漁業収入の増加を目指す。
・漁業者は、漁協、県及び町村の協力の下で既存の水産加工品をブラッシュアップ(サザエ等)することで付加価値向上を図り、需要の拡大に繋げる。
・イワガキ養殖業者等は、地元水産加工業者と連携して、最新凍結装置(プロトン凍結)を活用した冷凍水産物(イワガキ等)を生産することで付加価値向上を図り、需要の拡大に繋げる。
・上述の取組について、本年度は、昨年度までの取組を継続するとともに、対象商品の拡大を試みる。
②漁場環境整備の取組
・漁業者は漁協と協力し、藻場の造成、食害となる魚・蛸等の駆除を行い、沿岸資源の環境の保全に努める。
・漁業者は島根県、町村と協力し、魚(カサゴ・キジハタ・オコゼ)、稚貝(アワビ)の放流を行い、磯根資源の回復を図り漁業者の所得向上に繋げる。
③新たな魚種の水揚、販売先の開拓
・一本釣り漁業者は、新たに選定した魚種について、本格的な水揚げを開始するとともに、効率的な漁獲方法を検討する。さらに、新規の魚介類について、試験的な出荷等を継続して行う。
・まき網漁業者は漁協、加工業者と協力し、地元で水揚げしたアジ・ハマチ等を学校給食の食材とするために規格等の検討した結果を踏まえ順次提供すると共に、採介藻漁業者も他の食材として貝類(炊込用等の材料)の提供を行い魚価の向上を図る。
・漁業者は、島根県、町村とも連携し、各地の産業祭、全国シーフードショー等、様々なイベントに参加して、地元水産物の積極的な宣伝活動等により新たな販路を開拓し、活魚、鮮魚、貝類、加工品の販売先を増やすことにより、漁業収入の増加を図る。
④イワガキ養殖施設、付属施設の増設
イワガキ養殖業者は、養殖施設、付属施設の運用を開始し、生産量を拡大し、イオン、ダイエー、ワタミ等へ販売することで販路を確保し、魚価の向上を図る。
⑤漁業就業者確保のための取組
漁業者は漁協・町・県と連携し、各種の新規漁業就業者支援事業等により、全国から若い漁業の担い手を募集し、1年間の漁業体験を実施し、次年度以降の後継者及び担い手確保に繋げていく。

団体情報


JF・団体名 漁業協同組合JFしまね(西ノ島町・知夫村地区)
住所 〒690-0007
島根県松江市御手船場町575 島根県水産会館
電話番号 0852-21-0001