愛媛県|壬生川地区地域水産業再生委員会

壬生川漁業協同組合(現 愛媛県漁業協同組合)

取組概要 直接販売の強化、ノリの養殖方法の見直し
キーワード ノリ養殖
後継者育成
産直市場
販路 その他
取組タイプ 漁法・水揚方法
魚種 ヒラメ
カレイ
タチウオ
アナゴ
ノリ

浜プランの取組内容

1.漁獲物の販売方法の改善
 漁協は、都市部に比較的近く、交通アクセスも良いという地の利を生かして、小型機船底びき網漁業の漁獲物(1年目は比較的活魚としての輸送に強いハモ、ヒラメを主体とする)を漁協と取引のある流通業者を通じて、地元より単価の高い関西(大阪、京都など)の市場に活魚出荷する。活魚出荷を推進するに当たって、漁業者は、活魚の状況を良好に保つため、漁船内の活け間のエアレーション設備を充実させる。また、荷さばき施設に設置した活魚水槽(1.8トン×7基)を有効に活用する。なお、漁協は市況に即した活魚出荷を行うため、都市部の各市場における活魚の取引価格を把握に努める。
 さらに、漁協が主催となって地元の漁港用地で開催している月1回の産直市(漁業者が販売)での販売は好評で品薄になっていることから、販売数量を増加させる。このほか、漁協は、同漁業者の漁獲物を集荷し、近隣の産直施設において、利益率の高い直接販売を増やしていく。直接販売を推進するに当たって、漁業者は船上での魚介類の取扱いを改善(曳網時間の短縮、活け絞めの徹底など)し、鮮度の高い魚介類の提供に努める。また、漁協は、こうした鮮度の高い魚介類に壬生川産であることを示すラベル・シールを作成・添付し差別化を図る。さらに、漁協は、対面販売を通じて、消費者の要望を聞き取りし、それに応じた魚介類の集荷に努める。これらの取組みにより、基準年と比べて小型機船底びき網漁業収入の1%向上を目指す。
2.効率的な放流による漁獲量向上
 小型機船底びき網漁業者は、ヒラメ、クルマエビ、ガザミの放流場所から同漁業の禁止区域を含む沖合約3kmまでの海域において、稚魚放流後から1か月間、操業を自粛することにより、初期減耗を抑制する。
3.ノリ養殖方法の見直しによる生産量向上
 クロノリの生産量回復を目指して、ノリ養殖漁業者は、高水温や低塩分に対する耐性の異なる数種類の品種別の養殖試験を行い、収量、品質を比較することにより、壬生川地先に適した品種の検討を行う。また、ノリ養殖業者は、県の水産研究機関(栽培資源研究所東予駐在)の協力のもと、育苗方法(場所、開始時期、期間、水深)、沖出し時期を比較・検討して、壬生川地先に適した養殖方法を検証する。
 このほか、従来、養殖が行われていなかった沖合の浮き流し漁場においても、アオノリ養殖を開始する。これらにより、ノリ養殖の漁業収入を基準年比の94%まで回復を目指す。
4.労働環境の改善および後継者育成
 活魚出荷や直接販売の推進に併せて、漁業者による荷さばき施設の利用が促進される。これにより、労働環境や漁獲物の衛生管理の向上が図られる。また、漁協は、漁業就業者フェアーに参加し、新規就業者希望者に対し漁業研修を実施することで、将来を担う若い漁業者を確保する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1.漁獲物の販売方法の改善
 漁協は、都市部に比較的近く、交通アクセスも良いという地の利を生かして、小型機船底びき網漁業の漁獲物(1年目は比較的活魚としての輸送に強いハモ、ヒラメを主体とする)を漁協と取引のある流通業者を通じて、地元より単価の高い関西(大阪、京都など)の市場に活魚出荷する。活魚出荷を推進するに当たって、漁業者は、活魚の状況を良好に保つため、漁船内の活け間のエアレーション設備を充実させる。また、荷さばき施設に設置した活魚水槽(1.8トン×7基)を有効に活用する。なお、漁協は市況に即した活魚出荷を行うため、都市部の各市場における活魚の取引価格を把握に努める。
 さらに、漁協が主催となって地元の漁港用地で開催している月1回の産直市(漁業者が販売)での販売は好評で品薄になっていることから、販売数量を増加させる。このほか、漁協は、同漁業者の漁獲物を集荷し、近隣の産直施設において、利益率の高い直接販売を増やしていく。直接販売を推進するに当たって、漁業者は船上での魚介類の取扱いを改善(曳網時間の短縮、活け絞めの徹底など)し、鮮度の高い魚介類の提供に努める。また、漁協は、こうした鮮度の高い魚介類に壬生川産であることを示すラベル・シールを作成・添付し差別化を図る。さらに、漁協は、対面販売を通じて、消費者の要望を聞き取りし、それに応じた魚介類の集荷に努める。これらの取組みにより、基準年と比べて小型機船底びき網漁業収入の1%向上を目指す。
2.効率的な放流による漁獲量向上
 小型機船底びき網漁業者は、ヒラメ、クルマエビ、ガザミの放流場所から同漁業の禁止区域を含む沖合約3kmまでの海域において、稚魚放流後から1か月間、操業を自粛することにより、初期減耗を抑制する。
3.ノリ養殖方法の見直しによる生産量向上
 クロノリの生産量回復を目指して、ノリ養殖漁業者は、高水温や低塩分に対する耐性の異なる数種類の品種別の養殖試験を行い、収量、品質を比較することにより、壬生川地先に適した品種の検討を行う。また、ノリ養殖業者は、県の水産研究機関(栽培資源研究所東予駐在)の協力のもと、育苗方法(場所、開始時期、期間、水深)、沖出し時期を比較・検討して、壬生川地先に適した養殖方法を検証する。
 このほか、従来、養殖が行われていなかった沖合の浮き流し漁場においても、アオノリ養殖を開始する。これらにより、ノリ養殖の漁業収入を基準年比の94%まで回復を目指す。
4.労働環境の改善および後継者育成
 活魚出荷や直接販売の推進に併せて、漁業者による荷さばき施設の利用が促進される。これにより、労働環境や漁獲物の衛生管理の向上が図られる。また、漁協は、漁業就業者フェアーに参加し、新規就業者希望者に対し漁業研修を実施することで、将来を担う若い漁業者を確保する。

団体情報


JF・団体名 壬生川漁業協同組合(現 愛媛県漁業協同組合)
住所 〒799-1341
愛媛県西条市壬生川547-7
電話番号 0898-64-2019