愛媛県|大浜地区地域水産業再生委員会

大浜漁業協同組合(現 愛媛県漁業協同組合)

取組概要 地域のスーパーマーケットとの連携、地域の魚食普及
キーワード 加工品開発
イベント
販路 域内流通
取組タイプ 魚食普及活動
魚種 マダイ
キジハタ
オニオコゼ

浜プランの取組内容

漁業就業環境の改善、生活環境の改善並びに都市漁港の交流拡大により産地水産業の活性化を図ることにより漁業収入の向上につなげる。
漁獲量を増大させるため、漁場の調査をし計画的な種苗の放流を行うなど資源管理を積極的に取り組むことにより漁業収入の向上につなげる。
漁協が実施予定の観潮船の就航、及び物販を備えた観潮船受付・待合所・加工場(直売所)の建設に取り組み、交流人口の拡大を図り地域の活性化につなげる。
◇取り組みの内容
①漁協が事業主体となり、観潮船を就航させるとともに、前年の検討を元に直売所での加工品(タイめし、さばまん)の販売促進を図ることで、組合員の新しい雇用の場を設け所得の向上につなげる。また、加工場(直販所)では組合が組合員から漁獲物を商品に見合った価格で購入することで所得の向上につなげる。
加工品の販売や商品開発については、引き続き地元の加工業者の指導を受けて、各種イベントやサイクリングで訪れる方からの意見を参考に、消費者のニーズにあった価格設定や商品開発に取り組む。また、夏に多く漁獲されるメブトジャコや秋から冬に多く漁獲されるコノシロ・デベラは魚価が安いため、加工することにより付加価値を付けて商品化することで消費拡大と漁業者の所得向上につなげる。
②漁協は加工場の生産アップのため、学校給食で利用する魚種やメニューを学校側のニーズと水揚げ状況を考慮して検討・選定し、学校給食に適した加工食品を開発・販売する取り組みをすることで消費拡大を図る。
③漁協は集客に向て、サンライズ糸山(サイクリングターミナル)と提携し、大浜をコースに入れたサイクリングコースの新設やサンライズ糸山での宿泊と観潮船乗船をセットとしたプランの開発を行い、サイクリストの集客を図る。
④大浜漁港(砂場地区)に整備される公園を利用し、地元の漁業者が出店できる朝市を月1回程度開催し、漁業者が直接消費者に、大浜で揚がる魚の良さを知ってもらうためパンフレットの配布や試食販売を行ったり、美味しくいただける調理方法をレクチャーし、販売することで消費拡大と所得向上につなげる。また、朝市のイベントとして一般の方を対象に模擬セリ市の開催やトロ箱販売を行い魚を身近に見ていただくことで魚食普及に努め消費拡大を図る。
⑤漁協は漁業者が直販できる機会を設けるため地域のスーパーマーケットと提供し、大浜漁協産コーナーを設け販売することで漁業者の所得向上につなげる。
⑥漁協や各漁業者は、家庭で魚食に親しむことが少なくなっている子供達が魚食への興味を持つきっかっけを提供するため、朝市と併せたイベントの中で魚のつかみ取り、つり堀、漁船の体験乗船を企画し、魚食普及に努め消費拡大を図る。
⑦漁協や各漁業者は、引き続き今治地区協議会が開催する「漁協まつり」や地域イベントに参画し、魚食普及のため、消費者に魚のさばき方をレクチャーしたり、美味しくいただける調理のレシピを配布するなどして、消費拡大を図る。
⑧漁協や各漁業者は、資源管理のためサワラ、マダイ、ヒラメ、キジハタ、オニオコゼの種苗放流を継続し、資源の増加を図る。
⑨漁協や各漁業者は、漁場環境の維持のため藻場の調査を行い、アマモ、アラメの種苗投入により漁場の保護に努める。
⑩漁協や各漁業者は、来島海峡で水揚げされる魚のブランド化を目指した取組を推進する(「大浜ブランド」)。特に3月から6月の春に捕れる天然マダイは「桜鯛」として珍重されているので、漁協が仲買業者と提携し、新しく京都を中心とした関西方面への販路拡大を図るとともに、新鮮な魚を週3回直送できる体制を構築し、朝捕れた魚を昼に提供することで付加価値を高め、「大浜ブランド」の出荷単価を上げることにより漁業収入の増加に努める。また、新たに高級魚とされているキジハタやオニオコゼについても売り込みを行い、春にタイ、夏から秋にキジハタ、冬から春にオニオコゼと年間を通じて新鮮な魚の提供をすることで、安定した漁業収入の向上につなげる。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

漁業就業環境の改善、生活環境の改善並びに都市漁港の交流拡大により産地水産業の活性化を図ることにより漁業収入の向上につなげる。
漁獲量を増大させるため、漁場の調査をし計画的な種苗の放流を行うなど資源管理を積極的に取り組むことにより漁業収入の向上につなげる。
漁協が実施予定の観潮船の就航、及び物販を備えた観潮船受付・待合所・加工場(直売所)の建設に取り組み、交流人口の拡大を図り地域の活性化につなげる。
◇取り組みの内容
①漁協が事業主体となり、観潮船を就航させるとともに、前年の検討を元に直売所での加工品(タイめし、さばまん)の販売促進を図ることで、組合員の新しい雇用の場を設け所得の向上につなげる。また、加工場(直販所)では組合が組合員から漁獲物を商品に見合った価格で購入することで所得の向上につなげる。
加工品の販売や商品開発については、引き続き地元の加工業者の指導を受けて、各種イベントやサイクリングで訪れる方からの意見を参考に、消費者のニーズにあった価格設定や商品開発に取り組む。また、夏に多く漁獲されるメブトジャコや秋から冬に多く漁獲されるコノシロ・デベラは魚価が安いため、加工することにより付加価値を付けて商品化することで消費拡大と漁業者の所得向上につなげる。
②漁協は加工場の生産アップのため、学校給食で利用する魚種やメニューを学校側のニーズと水揚げ状況を考慮して検討・選定し、学校給食に適した加工食品を開発・販売する取り組みをすることで消費拡大を図る。
③漁協は集客に向て、サンライズ糸山(サイクリングターミナル)と提携し、大浜をコースに入れたサイクリングコースの新設やサンライズ糸山での宿泊と観潮船乗船をセットとしたプランの開発を行い、サイクリストの集客を図る。
④大浜漁港(砂場地区)に整備される公園を利用し、地元の漁業者が出店できる朝市を月1回程度開催し、漁業者が直接消費者に、大浜で揚がる魚の良さを知ってもらうためパンフレットの配布や試食販売を行ったり、美味しくいただける調理方法をレクチャーし、販売することで消費拡大と所得向上につなげる。また、朝市のイベントとして一般の方を対象に模擬セリ市の開催やトロ箱販売を行い魚を身近に見ていただくことで魚食普及に努め消費拡大を図る。
⑤漁協は漁業者が直販できる機会を設けるため地域のスーパーマーケットと提供し、大浜漁協産コーナーを設け販売することで漁業者の所得向上につなげる。
⑥漁協や各漁業者は、家庭で魚食に親しむことが少なくなっている子供達が魚食への興味を持つきっかっけを提供するため、朝市と併せたイベントの中で魚のつかみ取り、つり堀、漁船の体験乗船を企画し、魚食普及に努め消費拡大を図る。
⑦漁協や各漁業者は、引き続き今治地区協議会が開催する「漁協まつり」や地域イベントに参画し、魚食普及のため、消費者に魚のさばき方をレクチャーしたり、美味しくいただける調理のレシピを配布するなどして、消費拡大を図る。
⑧漁協や各漁業者は、資源管理のためサワラ、マダイ、ヒラメ、キジハタ、オニオコゼの種苗放流を継続し、資源の増加を図る。
⑨漁協や各漁業者は、漁場環境の維持のため藻場の調査を行い、アマモ、アラメの種苗投入により漁場の保護に努める。
⑩漁協や各漁業者は、来島海峡で水揚げされる魚のブランド化を目指した取組を推進する(「大浜ブランド」)。特に3月から6月の春に捕れる天然マダイは「桜鯛」として珍重されているので、漁協が仲買業者と提携し、新しく京都を中心とした関西方面への販路拡大を図るとともに、新鮮な魚を週3回直送できる体制を構築し、朝捕れた魚を昼に提供することで付加価値を高め、「大浜ブランド」の出荷単価を上げることにより漁業収入の増加に努める。また、新たに高級魚とされているキジハタやオニオコゼについても売り込みを行い、春にタイ、夏から秋にキジハタ、冬から春にオニオコゼと年間を通じて新鮮な魚の提供をすることで、安定した漁業収入の向上につなげる。

団体情報


JF・団体名 大浜漁業協同組合(現 愛媛県漁業協同組合)
住所 〒794-0002
愛媛県今治市大浜町2-3-28
電話番号 0898-23-3737