鹿児島県|喜入地区地域水産業再生委員会

喜入町漁業協同組合(現 鹿児島県漁業協同組合)

取組概要 施設整備による多獲性魚・低利用魚の直売・加工と活魚出荷体制の構築
キーワード 直販所
神経締め
活魚出荷
販路 その他
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 カマス
アジ
イトヨリ
アオノリ
キンメダイ

浜プランの取組内容

(1)付加価値向上
① 多獲性⿂・低利⽤⿂等の直売及び加⼯
漁協及び漁業者は、各種イベント及び事務所等での簡易な直売を通して、⼲物や⻘のりを販売し、直販のノウハウの蓄積と地元需要の確認を⾏う。
また、加⼯品開発に向けて、美味しい⾷べ⽅等について研究・情報取集を⾏う。
② 鮮度保持対策の普及と活⿂出荷体制の構築
漁協は平成30 年度に整備した研修施設を利⽤し、組合員に向けて神経締めや冷却⽅法等の講習会を開催し、鮮度保持技術を向上させることで、⿂価の向上を図る。漁業者もそれらの情報共有に努める。
また、漁協は整備予定の荷捌き所を活⽤した活⿂出荷体制の構築について検討する。
③ 出荷時期の検討
漁協及び漁業者は、各⿂種についてこれまでの出荷時期以外の市場単価を随時確認し、より⾼単価な取引が可能となる新たな出荷時期を検討する。
(2)販路の開拓
① 海藻類の販路開拓
漁協及び漁業者は、⻘のり収穫量の回復にむけ、栽培⽅法等の研究を進めつつ、より⾼単価での取引ができる販路を検討する。
また、⻘のりの代替として期待されるその他の海藻類(ヒジキ・オゴノリ)については、⽣産量の拡⼤・安定にむけて栽培技術の確⽴を図る。
② 沖合漁業のキンメダイの販路開拓
沖合漁業者は、現在の⿅児島・⻑崎のほか、他県の市場単価の動向にアンテナをはり、より⾼単価での取引が可能となる販路を検討する。
(3)漁獲量の増⼤
① ⽔産資源の増⼤(⿂礁設置、藻場造成、放流等)
漁協及び漁業者は、県・市等の関係機関の協⼒を得ながら、増殖⽤⿂礁の設置や松⽊等による⿂礁の設置、ヒジキ・オゴノリによる藻場造成、マダイ・ヒラメの種苗放流を実施し、⽔産資源の維持・回復に努める。
② 漁具の改良による漁獲率・操業効率の向上及び新規養殖業の導⼊
沖合漁業者は、釣り漁具の改良を検討し、漁獲効率・漁獲量の改善を図る。
漁協及び漁業者は、新規導⼊予定のヒオウギ⾙やアサリ等の養殖について、養殖試験を実施し、関係機関と情報共有しながら産地化に向けての検討を進める。
(4)直販施設・荷捌き所 等の整備
漁協は、既存の事務所に併設して、直販施設、荷捌き所、冷凍庫、冷蔵庫、フォークリフト、そして⾙類のための蓄養施設(ポンプ、タンク、滅菌海⽔浄化装置、冷却装置、上屋)などの整備を検討する。各施設の整備に向けて、費⽤対効果の検討、施設の運営・利⽤⽅法の検討、⽤地の確保に向けた港湾管理者との協議、補助事業導⼊に関する⾏政機関との協議等を⾏っていく。
特に次年度整備予定の荷捌き所については、整備の計画を具体化し、予算の要望を⾏う。
(5)ブルーツーリズム等による地産地消の推進及び⿂⾷の普及
漁協及び漁業者は、⻘のり摘み体験等のブルーツーリズムが実施できるように、⻘のりの⽣産量の回復に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 漁業世帯収入の向上
(1)付加価値向上
①多獲性魚の直売及び加工
・漁協及び漁業者は,産業祭等のイベントで,カマス・アジの鮮魚や,カマス塩干品,青のりを販売し,地産地消に取り組みながら,
漁協が整備を計画している直販施設での販売に向けてノウハウを蓄積する。
②低利用魚等の直売
・漁協及び漁業者は,産業祭等のイベントで,沿岸漁業で漁獲されるソコイトヨリ,クロサギ,タカノハダイ,ブダイなどや沖合漁業で漁獲されるハチビキなどを,消費者に対して美味しい食べ方を普及しながら販売し,地産地消に取り組みながら,漁協が整備を計画している直販施設での販売に向けてノウハウを蓄積する。
③鮮度保持対策の普及と活魚出荷体制の構築
・漁業者は,神経締めや冷却方法等,鮮度保持のための情報を共有し,魚価の向上を図る。
・漁協は,整備を計画している漁協事務所に併設した活魚設備を拠点とした活魚出荷体制の構築を検討する。
(2)販路の開拓
①青のりの販路開拓
・漁協及び漁業者は,これまで取引のある販路の他にも,高単価な取引が可能となる新たな販路を検討し,可能なことから実践する。
②沖合漁業のキンメダイの販路開拓
・沖合漁業者は,鹿児島中央卸売市場だけではなく他県市場のキンメダイ相場も見ながら,優位な市場を選択し出荷する。また,単価の安いものについては,加工向けの出荷について検討し,可能なことから実践する。
(3)漁獲量の増大
①水産資源の増大(魚礁設置,藻場造成,放流等)
・漁協及び漁業者は,県や市等関係機関の協力を得ながら,松木魚礁の設置,ヒジキやオゴノリによる藻場造成及びマダイ・ヒラメの放流により資源の増大を図る。
②漁具の改良による漁獲率の向上
・沖合漁業者は,釣り漁具の改良により漁獲率の向上を図り,漁獲量の増大に努める。
(4)漁協事務所等の整備
・漁協は,荷さばき所や冷蔵庫,出荷用活魚設備の他,直販所や簡易加工施設を併設した漁協事務所の新設を検討する。新設するに
当たっての検討事項としては,用地の確保に向けた港湾管理者との協議や漁協直営に係る経営方法の内部協議,補助事業導入に関する行政機関との協議等である。

団体情報


JF・団体名 喜入町漁業協同組合(現 鹿児島県漁業協同組合)
住所 〒891-0203
鹿児島県鹿児島市喜入町7010-5
電話番号 0993-45-2424