沖縄県|名護地域水産業再生委員会

名護漁業協同組合

取組概要 浮漁礁漁場の整備、モズク養殖の生産向上
キーワード 漁場整備
鮮度保持
消費拡大
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 マグロ
ソデイカ
イルカ
モズク
アーサ

浜プランの取組内容

効率的で安定的な漁家経営を目指し、漁業資源の継続的な利用を図るため、次の活動に取り組み、地域の活性化を図 る。 【収入向上】 1 浮魚礁漁場の整備 現在、名護漁協管内では、沖縄海区漁業調整委員会の「浮漁礁の敷設及びこれを利用して行う水産動植物の採捕に 関する委員会指示」の定めに従い 3基の浮魚礁(パヤオ)を整備し、承認を受けている。新たにパヤオを 2基整備す ることで、マグロ類等の漁獲量の増加を目指す。 2 モズク養殖の生産向上と後継者の確保 生産者は、沖縄県海洋技術センターが実施する研修や講習会等を積極的に活用し、モズクの安定生産を目指す。ま
た漁協は、沖縄県担い手協議会が実施する漁業就業フェアー等へ積極的に参加し、モズク養殖の新規就業者の確保に 取り組む。 3 鮮度保持および付加価値の向上 漁船漁業者は、活き〆、神経締め、血抜き等による高鮮度化の取り組みを徹底し、魚価及び漁業収入の向上を図る。
4 流通・加工体制の整備 (1)漁協は、イルカの市内への流通体制の構築に努める。 (2)漁協は、直販所において低未利用魚の利活用を図り、魚価および漁業収入の向上を図る。 5 地産地消の推進 漁協と漁業者は、名護桜まつり等のイベントに合わせて、名護産水産物の PR イベントを開催し、消費拡大を図る とともにイルカ食文化の継承を行う。 6 資源管理 漁協及び漁業者は、スジアラ(あかじん)及びシロクラベラ(まくぶ)の体長制限を継続する(現在は沖縄海区
漁業調整委員会指示となっているが元々は漁業者による自主的な措置)。また、小型定置網について、自ら策定した 資源管理計画(休漁期間の設定を含む)に基づく自主的な資源管理を実施する。
【コスト削減】 1 漁業共済・積立プラス・漁業経営セーフティーネット構築事業等への加入促進 燃油価格高騰等に伴う漁業経営圧迫に備え、共済等への加入を促進する。 2 省燃油活動及び省エネ機器導入 各漁業者は、省燃油活動や省エネ機器導入により経費削減を図る。特に、マグロ漁業者は、新規に整備された浮魚 礁の活用を促進し、漁場探索時間と燃料コストの縮減を図る。 3 青色申告会の利用促進 各漁業者は、青色申告会を利用して経営に関する知見を深め、経営者としてコスト削減を意識した漁業経営に努める。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

効率的で安定的な漁家経営を目指し、漁業資源の継続的な利用を図るため、次の活動に取り組み、地域の活性化を図 る。 【収入向上】 1 浮魚礁漁場の整備 現在、名護漁協管内では、沖縄海区漁業調整委員会の「浮漁礁の敷設及びこれを利用して行う水産動植物の採捕に 関する委員会指示」の定めに従い 3基の浮魚礁(パヤオ)を整備し、承認を受けている。新たにパヤオを 2基整備す ることで、マグロ類等の漁獲量の増加を目指す。 2 モズク養殖の生産向上と後継者の確保 生産者は、沖縄県海洋技術センターが実施する研修や講習会等を積極的に活用し、モズクの安定生産を目指す。ま
た漁協は、沖縄県担い手協議会が実施する漁業就業フェアー等へ積極的に参加し、モズク養殖の新規就業者の確保に 取り組む。 3 鮮度保持および付加価値の向上 漁船漁業者は、活き〆、神経締め、血抜き等による高鮮度化の取り組みを徹底し、魚価及び漁業収入の向上を図る。
4 流通・加工体制の整備 (1)漁協は、イルカの市内への流通体制の構築に努める。 (2)漁協は、直販所において低未利用魚の利活用を図り、魚価および漁業収入の向上を図る。 5 地産地消の推進 漁協と漁業者は、名護桜まつり等のイベントに合わせて、名護産水産物の PR イベントを開催し、消費拡大を図る とともにイルカ食文化の継承を行う。 6 資源管理 漁協及び漁業者は、スジアラ(あかじん)及びシロクラベラ(まくぶ)の体長制限を継続する(現在は沖縄海区
漁業調整委員会指示となっているが元々は漁業者による自主的な措置)。また、小型定置網について、自ら策定した 資源管理計画(休漁期間の設定を含む)に基づく自主的な資源管理を実施する。
【コスト削減】 1 漁業共済・積立プラス・漁業経営セーフティーネット構築事業等への加入促進 燃油価格高騰等に伴う漁業経営圧迫に備え、共済等への加入を促進する。 2 省燃油活動及び省エネ機器導入 各漁業者は、省燃油活動や省エネ機器導入により経費削減を図る。特に、マグロ漁業者は、新規に整備された浮魚 礁の活用を促進し、漁場探索時間と燃料コストの縮減を図る。 3 青色申告会の利用促進 各漁業者は、青色申告会を利用して経営に関する知見を深め、経営者としてコスト削減を意識した漁業経営に努める。

団体情報


JF・団体名 名護漁業協同組合
住所 〒905-0013
沖縄県沖縄県名護市城3-1-1
電話番号 0980-52-2812