沖縄県|久米島漁業地域水産業再生委員会

久米島漁業協同組合

取組概要 浮漁礁漁場の整備、養殖の生産向上
キーワード 漁場整備
鮮度保持
観光
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 マグロ
ソデイカ
クルマエビ
モズク
アーサ

浜プランの取組内容

安定的な漁業経営を目指し、効率的な操業や養殖並びに漁業資源の持続的な利用を図るため、次の活動 に取り組み、地域の活性化を図る。 [漁業収入向上のための取組] 1 漁場環境の整備 中層浮魚礁(パヤオ)を敷設して漁場環境を整備することにより、マグロ類やカジキ類等の安定した 漁獲や、漁場探索時間の短縮による操業の効率化を確保し漁業収入の向上を図る。 2 養殖漁業の推進 養殖漁場(モズク、アーサ、クルマエビ)を整備するとともに、モズク養殖の二期作、アーサ養殖及 びクルマエビ養殖の規模拡大に取組み、安定した生産と漁業収入の向上を図る。 3 流通・加工体制の整備 久米島←→沖縄本島間の冷蔵・冷凍輸送体制の整備及び未利用資源(シイラ、トビイカ、小シビ等)や主要水産物(モズク、アーサ、マグロ類、クルマエビ等)等の加工品開発により取扱水産物の付加価 値を高め、漁業収入の向上を図る。 4 マグロ類、カジキ類等の鮮度保持及び付加価値向上 活〆等による鮮度保持処理等を徹底し、魚価及び漁業収入の向上を図る。 5 観光漁業の推進 新たな漁業体験プログラムの開発とサンゴ礁の保全活動を推進するとともに、海業支援施設を活用し、 漁業収入の向上を図る。 6 資源管理 漁協及び漁業者は、一本釣り漁業について、自ら策定した資源管理計画(休漁期間の設定を含む)に 基づく自主的な資源管理を実施する。 [漁業コスト削減のための取組] 1 漁業共済・積立ぷらす・漁業経営セーフティーネット構築事業等への加入推進 燃油価格高騰等に備え共済等への加入を推進し、漁業経営の安定を図る。 2 省燃油活動の推進 漁業者は、減速航行、機関稼働時間の短縮、船底清掃等の実施回数の増加により燃油コストを削減し、 漁業経営の安定を図る。 3 加工資材の見直し これまでの加工体制の高コスト要因を分析し、その改善に取り組み、漁業経営の安定を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

安定的な漁業経営を目指し、効率的な操業や養殖並びに漁業資源の持続的な利用を図るため、次の活動 に取り組み、地域の活性化を図る。 [漁業収入向上のための取組] 1 漁場環境の整備 中層浮魚礁(パヤオ)を敷設して漁場環境を整備することにより、マグロ類やカジキ類等の安定した 漁獲や、漁場探索時間の短縮による操業の効率化を確保し漁業収入の向上を図る。 2 養殖漁業の推進 養殖漁場(モズク、アーサ、クルマエビ)を整備するとともに、モズク養殖の二期作、アーサ養殖及 びクルマエビ養殖の規模拡大に取組み、安定した生産と漁業収入の向上を図る。 3 流通・加工体制の整備 久米島←→沖縄本島間の冷蔵・冷凍輸送体制の整備及び未利用資源(シイラ、トビイカ、小シビ等)や主要水産物(モズク、アーサ、マグロ類、クルマエビ等)等の加工品開発により取扱水産物の付加価 値を高め、漁業収入の向上を図る。 4 マグロ類、カジキ類等の鮮度保持及び付加価値向上 活〆等による鮮度保持処理等を徹底し、魚価及び漁業収入の向上を図る。 5 観光漁業の推進 新たな漁業体験プログラムの開発とサンゴ礁の保全活動を推進するとともに、海業支援施設を活用し、 漁業収入の向上を図る。 6 資源管理 漁協及び漁業者は、一本釣り漁業について、自ら策定した資源管理計画(休漁期間の設定を含む)に 基づく自主的な資源管理を実施する。 [漁業コスト削減のための取組] 1 漁業共済・積立ぷらす・漁業経営セーフティーネット構築事業等への加入推進 燃油価格高騰等に備え共済等への加入を推進し、漁業経営の安定を図る。 2 省燃油活動の推進 漁業者は、減速航行、機関稼働時間の短縮、船底清掃等の実施回数の増加により燃油コストを削減し、 漁業経営の安定を図る。 3 加工資材の見直し これまでの加工体制の高コスト要因を分析し、その改善に取り組み、漁業経営の安定を図る。

団体情報


JF・団体名 久米島漁業協同組合
住所 〒901-3105
沖縄県沖縄県久米島町宇根402
電話番号 098-985-8216