沖縄県|金武町水産業再生委員会

金武漁業協同組合

取組概要 モズク、海ぶどうの養殖業推進
キーワード 漁場整備
観光
大型定置網
販路 域内流通
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 モズク
海ブドウ
ソデイカ

浜プランの取組内容

1 漁業収入向上の取組
(1)海藻養殖業の推進
① モズク養殖業の推進
漁協は、平成 30 年度特定区画漁業権更新に併せて養殖場を拡大した。これら新たな養殖場に
おいても順次養殖を開始することで、生産量の増加を図るとともに、漁業者と共同で、本モズ
ク及び糸モズクに適した材質の網等を導入し、生産効率の向上を図る。
② 海ぶどう養殖業の推進
漁協は、沖縄県水産海洋技術センターの指導の基、収穫量を安定させる照度調整や栄養塩濃
度調整等の技術向上に取り組み、漁業者への技術普及に取り組む。また、現在仮設で運営して
いる養殖場を別の場所に面積を増やして養殖場を新設するか、または現在の仮設養殖場の敷地
を増やしたうえで常設設備化し、生産量の増加と安定生産及び生産効率の向上を図り、収入の
向上を図る。
(2)定置網漁業等の沿岸漁業及び観光漁業の推進
① 定置網漁業の再開
漁協は、青年部及び新規就業者により大型定置網漁業を再開させるとともに、操業効率を上
げるための新船購入を検討する。
② 観光漁業の推進
漁協は、大型定置網を活用した体験漁業の実現について、町内観光業者とも連携しながら検
討を進める。
また、沖縄県海洋水産技術センターと連携し、自主的な海洋保護区設定等の資源管理を徹底
するとともに、海洋保護区を活用した観光漁業を展開し、地域漁業の多様化及び活性化を図り
収入の向上を目指す。
(3)パヤオを活用した沖合漁業の推進
漁協は、平成 29 年度に表層及び中層パヤオを敷設した。これらパヤオの多様な魚類の高蝟集
効果により、沖縄県内各地において主要な漁業となっているマグロ類漁業を推進し安定経営を
図るとともに、漁業者の魚探の活用や漁業情報の共有等の操業技術の向上、及び血抜き、神経
締め、早期冷蔵等の鮮度保持技術の向上に取り組みを促進し、漁獲量及び漁獲高の向上を図る。
なお、パヤオの高蝟集効果は、敷設数年後に現れると考えられるため、将来の主要漁業化に向
けた後継者の育成も進める。
(4)鮮度保持と効率的な操業の推進
漁協は、漁獲物の鮮度保持に必要な鮮度保持施設(製氷施設)その他の施設の整備を検討し、
付加価値の向上による魚価の向上に取り組む。また、平成 30 年度に設置した無線局の積極活用
を図り、漁協と漁業者及び漁業者同士の好漁場等の漁業情報共有による操業の効率化、及び気
象・海象情報の共有による安全操業を推進する。また、燃料給油施設の不具合が度々発生し、
他の漁協で給油するなど非効率な操業を強いられることも多いことから、燃料供給施設も整備
して操業と水揚げの効率化を推進し、漁業者の所得向上に繋げる。
(5)資源管理の推進
漁協及び漁業者は、スジアラ(あかじん)及びシロクラベラ(まくぶ)の体長制限を継続す
る(現在は沖縄海区漁業調整委員会指示となっているが元々は漁業者による自主的な措置)。

2 漁業コスト削減の取組
(1)省エネの推進
漁協及び漁業者は、船底・舵・プロペラの定期的清掃、減速航行及び省エネ型エンジンの導
入を推進し、燃料消費量を削減する。
また、金武漁協の表層及び中層パヤオの積極活用を推進し、漁場探索に係る燃油コストの削
減を図る。
(2)漁業経営セーフティーネット加入の推進
漁協及び漁業者は、燃油等のコスト増大に備え、漁業経営セーフティーネット構築事業への
加入を推進する。
(3)漁具の適正管理
漁協は、漁具倉庫を整備し、これを漁業者の利用に供する。漁業者は、網等の漁具を屋内で
適正に管理することで漁具の長寿命化を図り、コストを削減する。また、雨天時には漁具倉庫
内で修繕や準備作業を行うことで、現在は操業可能な天候時に実施していたこれら作業を操業
不可能な雨天時に実施し、操業可能日数を増やして経営の効率化を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

1 漁業収入向上の取組
(1)海藻養殖業の推進
① モズク養殖業の推進
漁協は、平成 30 年度特定区画漁業権更新に併せて養殖場を拡大した。これら新たな養殖場に
おいても順次養殖を開始することで、生産量の増加を図るとともに、漁業者と共同で、本モズ
ク及び糸モズクに適した材質の網等を導入し、生産効率の向上を図る。
② 海ぶどう養殖業の推進
漁協は、沖縄県水産海洋技術センターの指導の基、収穫量を安定させる照度調整や栄養塩濃
度調整等の技術向上に取り組み、漁業者への技術普及に取り組む。また、現在仮設で運営して
いる養殖場を別の場所に面積を増やして養殖場を新設するか、または現在の仮設養殖場の敷地
を増やしたうえで常設設備化し、生産量の増加と安定生産及び生産効率の向上を図り、収入の
向上を図る。
(2)定置網漁業等の沿岸漁業及び観光漁業の推進
① 定置網漁業の再開
漁協は、青年部及び新規就業者により大型定置網漁業を再開させるとともに、操業効率を上
げるための新船購入を検討する。
② 観光漁業の推進
漁協は、大型定置網を活用した体験漁業の実現について、町内観光業者とも連携しながら検
討を進める。
また、沖縄県海洋水産技術センターと連携し、自主的な海洋保護区設定等の資源管理を徹底
するとともに、海洋保護区を活用した観光漁業を展開し、地域漁業の多様化及び活性化を図り
収入の向上を目指す。
(3)パヤオを活用した沖合漁業の推進
漁協は、平成 29 年度に表層及び中層パヤオを敷設した。これらパヤオの多様な魚類の高蝟集
効果により、沖縄県内各地において主要な漁業となっているマグロ類漁業を推進し安定経営を
図るとともに、漁業者の魚探の活用や漁業情報の共有等の操業技術の向上、及び血抜き、神経
締め、早期冷蔵等の鮮度保持技術の向上に取り組みを促進し、漁獲量及び漁獲高の向上を図る。
なお、パヤオの高蝟集効果は、敷設数年後に現れると考えられるため、将来の主要漁業化に向
けた後継者の育成も進める。
(4)鮮度保持と効率的な操業の推進
漁協は、漁獲物の鮮度保持に必要な鮮度保持施設(製氷施設)その他の施設の整備を検討し、
付加価値の向上による魚価の向上に取り組む。また、平成 30 年度に設置した無線局の積極活用
を図り、漁協と漁業者及び漁業者同士の好漁場等の漁業情報共有による操業の効率化、及び気
象・海象情報の共有による安全操業を推進する。また、燃料給油施設の不具合が度々発生し、
他の漁協で給油するなど非効率な操業を強いられることも多いことから、燃料供給施設も整備
して操業と水揚げの効率化を推進し、漁業者の所得向上に繋げる。
(5)資源管理の推進
漁協及び漁業者は、スジアラ(あかじん)及びシロクラベラ(まくぶ)の体長制限を継続す
る(現在は沖縄海区漁業調整委員会指示となっているが元々は漁業者による自主的な措置)。

2 漁業コスト削減の取組
(1)省エネの推進
漁協及び漁業者は、船底・舵・プロペラの定期的清掃、減速航行及び省エネ型エンジンの導
入を推進し、燃料消費量を削減する。
また、金武漁協の表層及び中層パヤオの積極活用を推進し、漁場探索に係る燃油コストの削
減を図る。
(2)漁業経営セーフティーネット加入の推進
漁協及び漁業者は、燃油等のコスト増大に備え、漁業経営セーフティーネット構築事業への
加入を推進する。
(3)漁具の適正管理
漁協は、漁具倉庫を整備し、これを漁業者の利用に供する。漁業者は、網等の漁具を屋内で
適正に管理することで漁具の長寿命化を図り、コストを削減する。また、雨天時には漁具倉庫
内で修繕や準備作業を行うことで、現在は操業可能な天候時に実施していたこれら作業を操業
不可能な雨天時に実施し、操業可能日数を増やして経営の効率化を図る。

団体情報


JF・団体名 金武漁業協同組合
住所 〒904-1201
沖縄県沖縄県金武町宇金武4363-7
電話番号 098-968-3596