沖縄県|羽地漁協地域水産業再生委員会

羽地漁業協同組合

取組概要 モズク、ヒトエグサ、海ぶどう養殖による安定生産
キーワード 漁場整備
漁場モニタリング
サンゴ礁モニタリング
販路 その他
取組タイプ 出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 モズク
海ブドウ
ヒトエグサ
ドロクイ
ホシギス

浜プランの取組内容

【収入向上】 1 養殖漁業 (1)魚類養殖 養殖魚の普及のため、「未来のマリンパワー確保・育成一貫支援事業」を活用した水産教 室や、魚食普及・販売促進活動に取り組み、安定的な販路の確保を目指す。 (2)モズク養殖 生産技術を向上させるとともに、新規漁業者の育成を行い、就業者を増加させて生産の拡 大を図る。 (3)ヒトエグサ養殖 種網の張り出し時期、栽培方法、収穫、洗浄、加工などの作業工程の効率化を検討し、技
術の向上と生産量の拡大を目指すとともに、新規漁業者の育成を行い、就業者を増加させて 生産の拡大を図る。 (4)海ぶどう養殖 環境の変動に対応した生産管理、栽培技術の向上、共同出荷体制の構築を目指すとともに、 衛生管理に努め品質の向上と安定生産を図る。2 沿岸漁業 (1)漁場の監視活動 「離島漁業再生支援交付金」を活用して、禁漁区及び禁漁期の定期的な漁場監視活動を行 い、資源の回復に向けて取り組む。 (2)サンゴ礁及び藻場のモニタリング 「水産多面的機能発揮対策事業」を活用して、赤土等の浮遊堆積物や食害生物の除去等を 実施するとともに、漁場環境のモニタリングを行い資源の維持・回復に取り組む。 (3)資源管理の推進 関係機関と連携して、ハマフエフキ、スジアラ、シロクラベラ、シラヒゲウニの資源管理 及び資源の回復に向けて取り組む。
3 水産基盤の整備 「水産物供給基盤機能保全事業」を活用し、漁港機能の診断に基づいた防波堤、護岸、船 揚げ場等の整備を行い、漁船の安全性を確保、就労環境の改善を図る。
【コスト削減】 1 海藻養殖 (1)モズク養殖 「農林水産物流通条件不利性解消事業」を利用したモズクの県外出荷について、沖縄県と 協議、検討を行い、輸送コストの削減に取り組む。

(2)漁船の船底清掃による燃油削減 漁船の船底清掃による負荷の低減で、燃油消費を抑制し、燃油コストの削減を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【収入向上】 1 養殖漁業 (1)魚類養殖 養殖魚の普及のため、「未来のマリンパワー確保・育成一貫支援事業」を活用した水産教 室や、魚食普及・販売促進活動に取り組み、安定的な販路の確保を目指す。 (2)モズク養殖 生産技術を向上させるとともに、新規漁業者の育成を行い、就業者を増加させて生産の拡 大を図る。 (3)ヒトエグサ養殖 種網の張り出し時期、栽培方法、収穫、洗浄、加工などの作業工程の効率化を検討し、技
術の向上と生産量の拡大を目指すとともに、新規漁業者の育成を行い、就業者を増加させて 生産の拡大を図る。 (4)海ぶどう養殖 環境の変動に対応した生産管理、栽培技術の向上、共同出荷体制の構築を目指すとともに、 衛生管理に努め品質の向上と安定生産を図る。2 沿岸漁業 (1)漁場の監視活動 「離島漁業再生支援交付金」を活用して、禁漁区及び禁漁期の定期的な漁場監視活動を行 い、資源の回復に向けて取り組む。 (2)サンゴ礁及び藻場のモニタリング 「水産多面的機能発揮対策事業」を活用して、赤土等の浮遊堆積物や食害生物の除去等を 実施するとともに、漁場環境のモニタリングを行い資源の維持・回復に取り組む。 (3)資源管理の推進 関係機関と連携して、ハマフエフキ、スジアラ、シロクラベラ、シラヒゲウニの資源管理 及び資源の回復に向けて取り組む。
3 水産基盤の整備 「水産物供給基盤機能保全事業」を活用し、漁港機能の診断に基づいた防波堤、護岸、船 揚げ場等の整備を行い、漁船の安全性を確保、就労環境の改善を図る。
【コスト削減】 1 海藻養殖 (1)モズク養殖 「農林水産物流通条件不利性解消事業」を利用したモズクの県外出荷について、沖縄県と 協議、検討を行い、輸送コストの削減に取り組む。

(2)漁船の船底清掃による燃油削減 漁船の船底清掃による負荷の低減で、燃油消費を抑制し、燃油コストの削減を図る。

団体情報


JF・団体名 羽地漁業協同組合
住所 〒905-1144
沖縄県沖縄県名護市宇中尾次510-7
電話番号 0980-58-1829