沖縄県|与那原西原地域水産業再生委員会

与那原・西原町漁業協同組合

取組概要 ソデイカ、マグロの付加価値向上、冷凍保管による販路拡大
キーワード 神経締め
血抜き
凍結保管
販路 域外流通
取組タイプ 鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 ソデイカ
マグロ

浜プランの取組内容

【収入向上対策】 ① ソデイカ、マグロ付加価値向上対策による単価向上 ・ソデイカ・マグロ漁業者は、ソデイカの内臓除去やマグロの血抜き・神経締めによる高付加価
値化を図る為、ソデイカ・マグロの品質チェックの面で仲買業者と協力して品質向上に向けた
取組を進める。また、漁協は、大日本水産会認定の優良・衛生品質管理市場・漁港認定の取得
に必要な衛生管理マニュアルの徹底を継続する。ソデイカに関しては、内臓除去に伴い発生し
た非食用部分の有効活用に取り組む。
② 凍結保管ソデイカの増加と県外に向けた販路開拓
・漁協は、漁獲時に船内冷凍されたソデイカを買い取り、そのまま冷凍保管をすることにより漁
獲時の鮮度を維持した状態での長期保存を可能とすることで、輸送に時間を要する県外大消費
地等にむけた販路開拓と単価向上を目指す。 ② 観光産業と連携した新規事業の構築 ・漁協は、平成 32 年の大型 MICE 供用開始予定に伴い、体験漁業といった観光事業と連携した新
規事業の構築のため、イベントや祭りなどで営業活動を展開し、地元水産業のアピールを行う
とともに、観光客が利用するレストラン等での地元水産物の利用促進のため鮮魚販売について
も実施する。
④ 市町村等と連携した新規就業者の確保・支援
・漁業と漁業者は、新規漁業者の確保や定着化を目指すため、漁業就業支援フェアに参加すると
伴に公的支援事業を活用して漁具のリース等を支援する。
⑤ 沿岸漁場の改善及び資源回復
・漁協と沿岸漁業者は、当地域地先タイドプールに珊瑚を移植し漁場環境の改善を図ると伴に、
ハマフエフキ(タマン)の稚魚を放流し沿岸漁場の資源回復を図る。
【漁業コストの削減】
① 漁業経営セーフティネット構築事業への加入促進
・漁協は、燃油の高騰による漁業コストの圧迫に備えるため、セーフティネットへの加入を推進
する。
② 省エネ機器の導入による漁労コストの削減
・漁協は、省エネエンジン、省エネ機器等を導入する事により、燃油消費量を削減しコスト削減
を図る。 ③ 給油機能強化による円滑な操業体制の整備 ・漁協は、A 重油タンク 2 基と軽油タンク 1 基を追加整備し、給油能力を強化することで、給油
待ちの発生を防ぐ。その際、A重油タンクのうち1基をスラッジ沈殿用として使用することで、
スラッジの少ない重油と新たな軽油の供給によりエンジントラブルの発生を抑制する。
④ 資材コストの削減
・漁協は、流通作業保管施設(漁具倉庫)を整備し、漁具の適正保管による使用年数の延命によ
る資材コストの削減を図る。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

浜プラン1期 取組内容

【収入向上対策】 ① ソデイカ、マグロ付加価値向上対策による単価向上 ・ソデイカ・マグロ漁業者は、ソデイカの内臓除去やマグロの血抜き・神経締めによる高付加価
値化を図る為、ソデイカ・マグロの品質チェックの面で仲買業者と協力して品質向上に向けた
取組を進める。また、漁協は、大日本水産会認定の優良・衛生品質管理市場・漁港認定の取得
に必要な衛生管理マニュアルの徹底を継続する。ソデイカに関しては、内臓除去に伴い発生し
た非食用部分の有効活用に取り組む。
② 凍結保管ソデイカの増加と県外に向けた販路開拓
・漁協は、漁獲時に船内冷凍されたソデイカを買い取り、そのまま冷凍保管をすることにより漁
獲時の鮮度を維持した状態での長期保存を可能とすることで、輸送に時間を要する県外大消費
地等にむけた販路開拓と単価向上を目指す。 ② 観光産業と連携した新規事業の構築 ・漁協は、平成 32 年の大型 MICE 供用開始予定に伴い、体験漁業といった観光事業と連携した新
規事業の構築のため、イベントや祭りなどで営業活動を展開し、地元水産業のアピールを行う
とともに、観光客が利用するレストラン等での地元水産物の利用促進のため鮮魚販売について
も実施する。
④ 市町村等と連携した新規就業者の確保・支援
・漁業と漁業者は、新規漁業者の確保や定着化を目指すため、漁業就業支援フェアに参加すると
伴に公的支援事業を活用して漁具のリース等を支援する。
⑤ 沿岸漁場の改善及び資源回復
・漁協と沿岸漁業者は、当地域地先タイドプールに珊瑚を移植し漁場環境の改善を図ると伴に、
ハマフエフキ(タマン)の稚魚を放流し沿岸漁場の資源回復を図る。
【漁業コストの削減】
① 漁業経営セーフティネット構築事業への加入促進
・漁協は、燃油の高騰による漁業コストの圧迫に備えるため、セーフティネットへの加入を推進
する。
② 省エネ機器の導入による漁労コストの削減
・漁協は、省エネエンジン、省エネ機器等を導入する事により、燃油消費量を削減しコスト削減
を図る。 ③ 給油機能強化による円滑な操業体制の整備 ・漁協は、A 重油タンク 2 基と軽油タンク 1 基を追加整備し、給油能力を強化することで、給油
待ちの発生を防ぐ。その際、A重油タンクのうち1基をスラッジ沈殿用として使用することで、
スラッジの少ない重油と新たな軽油の供給によりエンジントラブルの発生を抑制する。
④ 資材コストの削減
・漁協は、流通作業保管施設(漁具倉庫)を整備し、漁具の適正保管による使用年数の延命によ
る資材コストの削減を図る。

団体情報


JF・団体名 与那原・西原町漁業協同組合
住所 〒901-1301
沖縄県沖縄県与那原町宇坂良敷649
電話番号 098-946-2316