浜プランの取組地区数

5 8 5 地区

北海道|古平町・積丹町地区地域水産業再生委員会 (積丹町分会)

東しゃこたん漁業協同組合

取組概要 漁場環境整備、ブリのブランド化
キーワード
販路
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種

浜プランの取組内容

1)藻場造成をはじめとした沿岸域の生育環境向上と資源保護の取組
①藻場の造成及び保全の推進
②稚魚及び種苗放流事業の推進
③網漁業での網目の拡大による資源保護
ウニの食圧により、思うように藻場の回復が見られなかったため、継続して母藻設置や施肥、
特に今期はウニの密度管理を重点的に行い、磯焼け解消や藻場造成に取組む。
稚魚及び種苗放流の取組みではヒラメ、ニシン、バフンウニ等のほか、平成29年度より新
たに漁業者自ら人工採苗を行い放流しているナマコについて、更なる放流数増を目指し活動
を行う。
網漁業では資源量の減少に伴う漁獲量の減により、実施に至らなかった網目の拡大を、沿岸
域の生息環境の向上による資源増大により実施を目指す。
2)効率的で安定した漁業経営の推進と高付加価値化による収入向上の取組
①活〆や新たなブランド化による高付加価値化
②つくり育てる漁業の推進
③陸上蓄養による天候に影響を受けない出荷体制の構築
④生鮮出荷物の出荷形態見直しによる経費の削減
他地域と必要以上の競合を避ける活〆魚種選定と大型定置網で大量に水揚げされるブリの
ブランド化により既存魚種の高付加価値化を目指す。
安定的な漁業経営を目指し、現在海面での篭養殖ウニとその餌料等として養殖しているコ
ンブの他にも養殖漁業を推進する。さらに、海況に影響を受けやすい当町経済の要であるウ
ニについては安定供給に資する陸上蓄養の体制も構築し、当町漁業者の多数を占める浅海漁
業者の収入向上について取り組みを進める。
刺網漁業・定置網漁業で漁獲されたサバ・フクラギ等を発泡箱から大型タンクによる出荷
に切り替え、魚箱経費の削減についても実施する。
3)地域の活性化と漁業後継者不足対策
①体験型観光の実施による地域活性化と漁業者の収入増
②地元小学生を対象とした体験授業及び食育の推進
③漁業就業支援フェア等を活用した新規就業者の確保
観光客向けウニ剥き体験など漁業者の収入と地域活性化が見込める取組みを定着させ、漁業
以外での収入確保を目指す。
後継者対策については、地元小中学生への漁業についての学習活動や魚捌き体験教室等を通
し、地域の漁業への理解促進を図るとともに、漁業就業支援フェア等を活用した外部からの
新規就業者の参入を促進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 東しゃこたん漁業協同組合
住所
北海道
電話番号