浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

青森県|階上地域水産業再生委員会

階上漁業協同組合

取組概要 イカの加工体験などによる魚食普及やネット販売等を活用した販売促進活動
キーワード加工体験
はしかみブランド
販路域外流通
取組タイプ広告宣伝、イベント
魚種 イカ
サケ
マダラ
カレイ
ウニ

浜プランの取組内容

(1)加工施設整備による魚価向上
①刺網、篭・はえ縄、小型定置網漁業者は、町と漁協が整備する加工施設を活用し、「サケ」「タラ」「タコ」などについて「はしかみブランド」の確立を目指すとともに6次産業化を積極的に推進するため、漁協女性部や町内水産加工業者、漁協、町など官民の協働により、加工品の開発と普及活動に取り組む。また、これまで未利用・低利用であった「ドンコ」等の混獲魚を有効に活用し販売するべく、町や漁協の協力を得て「ドンコ祭り」等のイベントを開催し、来場者の声を確認しつつ鮮魚や加工品出荷に取り組む(販売にあたっては、イベントでの販売のほか、インターネット販売を行いつつ、その反応を確認しながら仲買業者を通じた流通にも取り組む)。
②イカ釣り漁業者は、鮮魚出荷する際の白化抑制に努めるため、船上でのトレーへの積み込み作業においてスルメイカを氷から溶けた真水に触れず、かつ、氷焼けを防いだ状態での低温管理を徹底する。また、加工施設を活用し、「イカ」の加工品開発によるブランド化に取り組む。さらに、漁協や町と連携し潮風トレイルや三陸復興国立公園などの観光客を対象に「一夜干し焼きイカ」などの加工体験を企画するとともに、加工品の販売促進と魚食普及に努める。
③採介藻漁業者は、これまでウニの殻剥きのみに使用してきた紫外線濾過海水殺菌装置をアワビや海藻類の洗浄にも使用することで、採介藻類全般における徹底した品質管理に努める。また、採介藻類の「はしかみブランド」の確立に向けた加工品開発に積極的に取組むとともに、傷物や商品価値が低く自家消費用として扱ってきたものについても、集客数の多い「いちご煮祭り(「いちご煮」とは、ウニとアワビを具材とした吸い物のこと)」等のイベントにおいて来場者の声を確認しつつ販売を行うとともに、インターネット販売等の可能性を検討する。
④その他、各漁業者は、地域イベントとして最も集客数の多い「いちご煮祭り」が7月下旬頃に開催されるため、夏場と比較して、冬場に漁獲される水産物の販売促進活動が限定的となることから、町や漁協の協力を得て加工施設内に「瞬間冷凍庫」を設置し、これを活用して、イクラなどの冷凍保存を行い夏場に提供することにより、積極的な魚食普及活動を展開する。このほか、時化などの漁獲量が不安定となる時期での安定供給にも取り組むことで、漁業者所得の向上と安定化を図る。
※ 町と漁協は、加工施設の整備に当たり事業が効果的なものとなるよう、各種漁業者と協力して生産から販売までの一元化を図るための地域ブランド化研修会や加工品モニター試作講習会、水産物鮮度保持講習会などを実施するとともに、施設を活用した6次産業化への取組に向けて地元観光協会などとの意見交換に努める。
(2)体験施設の整備による魚食普及活動
 漁業者は、町が新たに整備する体験施設を活用し、町が実施する「いちご煮祭り」等のイベントにおいて、祭り来場者を対象としたウニの殻剥き・ウニ丼づくり体験ツアーなどをサブイベントとして企画し、沿岸地区住民だけでなく、内陸地区住民など町内外を含め、より広範な魚食普及に努める。
(3)資源管理への取組み
①漁業者は、資源管理・増殖を図るため、ウニ・アワビの種苗購入・放流を増やすとともに、資源管理計画に基づいた制限や自主的な漁業期間、漁獲方法、操業時間、漁獲体長制限を設け、密漁監視体制を強化することで、資源の適正な管理と増殖に努める。また、既存の増殖施設を活用し、深浅・並行移植と雑海藻などを餌料とした畜養にも取り組む。
②漁協は、資源管理・増殖を図るため、青森県栽培漁業振興協会と連携しヒラメ及びキツネメバルの稚魚放流を行うとともに、県の資源管理計画等に基づき漁獲体長制限や小型魚の再放流を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 階上漁業協同組合
住所 〒039-1201
青森県三戸郡階上町大字道仏字榊山5-61
電話番号 0178-89-2111