浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

岩手県|三陸やまだ漁協地域水産業再生委員会

三陸やまだ漁業協同組合

取組概要 サケの資源回復、養殖カキ周年出荷とホタテ地場採苗体制の確立
キーワードサケ稚魚の海中飼育
垂下式養殖
ネット販売
販路その他
取組タイプ鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 サケ
カキ
ホタテ
スルメイカ
イナダ

浜プランの取組内容

【資源維持と環境保全への取り組み】
1 漁協は、秋サケ資源を回復させ、漁獲量の増大を図るため、サケ稚魚の計画放流の維持、試験研究機関と連携した放流適期の特定、回帰率や生残率向上に向けた稚魚の海中飼育の導入及び種卵確保のための海産親魚の活用に取り組む。
【付加価値向上への取り組み】
1 定置漁業生産組合は、時期により多獲されるスルメイカ、サバ、イナダ等の単価向上のため、船上選別や施氷の徹底による鮮度保持に引き続き取り組む。
2 定置漁業生産組合は、市場出荷のほか、専用サイト「産直やまだ」によるインターネット販売を検討する。
3 船びき網漁業者は、イサダの鮮度管理に取り組み、食用向け出荷を検討する。
4 かご、延縄、刺網漁業者は、高単価が期待できる一部の魚種で箱詰出荷に取り組む。
5 全漁業者及び漁協は、衛生管理意識を高める取り組みを実施する。
【PR活動・魚食普及活動への取り組み】
1 全漁業者及び漁協は、イベント等に参画し販路拡大、PR活動を実施する。
2 漁協は、インターネットを活用した販売促進を図る。
【養殖漁業】
1 カキ養殖については、製品の品質に重点を置き、安定した出荷体制を構築するため、養殖方法等を再確認するとともに、周年出荷が出来る体制の整備を検討する。また、インターネット販売に取り組む。
2 ホタテ養殖については、 地区外からの種苗購入が安定しないことから、地場採苗への移行、その生産方法等について検討する。また、インターネット販売に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 三陸やまだ漁業協同組合
住所 〒028-1332
岩手県下閉伊郡山田町中央町11-14
電話番号 0193-82-1122