浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

岩手県|久慈地区地域水産業再生委員会

久慈市漁業協同組合

取組概要 生産量の回復・安定化と新規養殖
キーワードギンザケ養殖
6次産業化
未利用・低利用資源
販路域外流通
取組タイプ出荷調整(漁獲調整・蓄養など)
魚種 秋サケ
スルメイカ
ブリ
ワカメ
アワビ

浜プランの取組内容

【1 採介藻漁業における生産量の回復・安定化】
1-1 アワビ、ウニ、ナマコ種苗放流及びウニの移植の継続
アワビ及びウニについて、種苗の放流を継続し、計画最終年度までにアワビは水揚げ量 30
トン、ウニは水揚げ量 8.0 トン(むき身換算)の回復を目指す。(年次による取組に変化は無いが、
収入増加効果が大きいため、プラン記載)
ナマコについては、市が実施しているナマコ増殖礁試験(「5-4 漁港機能の効率的利用に
向けた取り組み」に記載)の結果を踏まえて今後の方針を決定することになるため、放流によ
る漁獲量増大は目指すが現時点での水揚げ目標値は設定しないこととする。(プランに記載は
するが、所得目標には使用しない。)
1-2 アワビ放流効果調査及び適地適期放流の実施
アワビ資源管理を適切に実施するため、引き続き放流効果調査による情報収集と適地適期放
流による効果的な種苗放流を継続する。(年次による変化がないため、「(4) 具体的な取組内
容」には記載せず)
【2 養殖漁業における生産量の安定化、新規養殖種及び漁場の開発】
2-1 既存養殖施設の効率的な利用推進
海藻類養殖は現在餌料用海藻の生産が大半だが、養殖規模の拡大により今後食用向けの生産
量も増加が見込めるため、引き続き普及活動に取組む。(改善実施のためプラン掲載)
2-2 新規養殖種及び漁場の開発
ギンザケ養殖試験は令和3年度まで継続し、飼育経費や環境負荷を整理し適切な養殖規模を
把握する。併せて、令和5年度の漁業権切り替えに合わせた区画漁業権取得のため、関係機関
との協議を進める。(新規取り組みのためプラン記載)
貝類養殖については、これまでの試験結果を踏まえ、静穏域が拡大するまでは事業化が難し
いと判断されたため、事業化を目標とした試験は休止する。(事業休止のためプランには記載
せず)
【3 地域水産物の付加価値向上や地産地消活動】
3-1 6次産業化の取組の推進
夏井地区での夏の産直を他の時期にも実施できないか検討するほか、更に多くの地区で直売
会が開催できるよう、普及活動に取組む。併せて、直売会での販売が期待できる未利用・低利
用の前浜資源の生産加工の可能性を検討する。(改善実施のためプラン掲載 ※「3-5 未利
用・低利用の前浜資源の有効利用」を統合)
3-2 高度衛生品質管理の推進
引き続き「水産物高度衛生品質管理計画」に基づいた衛生管理を実施し、漁業者への周知に
8
努める。また、生ウニの衛生品質管理指導を継続する。(年次による変化がないため、「(4) 具
体的な取組内容」には記載せず)
3-3 漁獲物の高鮮度出荷、付加価値向上
スルメイカについては高鮮度出荷による価格優位性が回復するまで、取り組みを休止する。
(事業休止のためプランには記載せず)
シャーベット氷については漁獲物の品質管理に高い効果が確認されているため、今後も使用
を推進する。(改善実施のためプラン掲載)
3-4 地産地消や魚食普及等PR活動の取り組み
引き続き、イベント等への参画・協力を図り地元水産物の知名度向上を図る。併せて、久慈
市内の小学校の食育活動(サケの日給食)の開催に協力し、魚食普及を推進する。(改善実施
のためプラン掲載)
3-5 未利用・低利用の前浜資源の有効利用
※「3-1 6次産業化の取組の推進」に統合
【4 資源管理の推進】
4-1 サケ海中飼育での稚魚の健苗育成、適期放流の推進、海産親魚の確保・供給によるサケ
ふ化放流事業の安定化
定置網で捕獲されたサケ海産親魚を久慈川漁協のふ化場へ提供し、種卵の確保を支援する。
また、同ふ化場からサケ稚魚の供給を受けて、海中飼育し、健苗放流に取組むことで、サケの
水揚げ量の回復及び増大を図る。(年次による変化がないため、「(4) 具体的な取組内容」に
は記載せず)
4-2 磯魚等の資源管理対策
漁船漁業者、定置網漁業者は、県資源管理指針等で定められた磯魚等の漁獲制限規制(ヒラ
メ 30cm未満、マコガレイ・マガレイ 20cm未満、アイナメ 25cm未満、クロソイ 20cm
未満、ミズダコ 2kg未満の再放流)を遵守し、持続的に資源を維持し、安定的な水揚げ量及
び金額の維持に努める。(年次による変化がないため、「(4) 具体的な取組内容」には記載
せず)
4-3 密漁対策
漁協は、密漁によるアワビ等の磯資源減耗を防ぐため、監視員、全漁業者、漁協、県、市及
び警察等と連携し密漁対策(情報の収集、密漁監視・取締りの連携・強化等)に取り組む。(年
次による変化がないため、「(4) 具体的な取組内容」には記載せず)
【5 担い手づくり】
5-1 研究会、青年・女性グループ活動の推進
各地区の研究会、青年及び女性グループ等の活動を支援し、アワビ、ウニ等の種苗放流、磯
根資源調査、新規養殖試験、イベント参加等の活動を通じて、地区漁業の活性化に取り組む。
(改善実施のためプラン掲載)
5-2 高校生を対象とした漁業プログラム作成及び普及
漁協は、県による水産業への理解と将来の漁業への就業の動機付けを起こさせるプログラム
に協力し、久慈東高校の海洋系列の生徒を対象に、定置網漁船乗船実習と魚市場体験、及び定
置漁業にかかる学習会の開催を支援する。(改善実施のためプラン掲載)
5-3 漁家民泊及び漁業体験学習による漁業への理解と担い手確保
漁協は、市や県と協力して市内の小学生を対象としたウニ剥きや新巻き鮭づくり等の漁業体
験を支援し、また、他県の生徒、一般の方を対象とした漁家への民泊体験や漁船乗船等の漁業
体験を開催し、漁業への理解と後継者の確保・育成に取り組む。(改善実施のためプラン掲載)
9
5-4 漁港機能の効率的利用に向けた取り組み
ナマコ種苗の生息場となる増殖礁(ホタテ貝殻礁)を設置しての機能試験を令和2年度まで
実施し、試験結果を踏まえて令和3年度以降普及を推進する。(改善実施のためプラン掲載)
【6 漁業経営安定対策】
漁業コスト削減対策として、次の取り組みを実施する。(年次による取組に変化は無いが、経
費節減効果が大きいため、プラン記載)
(1)漁船漁業者は、省エネ機器の導入事業を活用して燃油消費量の少ない最新機関への換装
に取組み、経費削減を図る。
(2)漁船漁業者は、減速航行や漁場情報の共有及び定期的な上架による船底清掃の実施や不
要な積荷を減らすことにより、燃油消費量の抑制に努める。
(3)上架施設について、更新・新設等の実施について引き続き検討する。
(4)漁協は、燃油高騰による漁業コストの圧迫に備えるため、漁業経営セーフティーネット
構築事業への加入を組合員へ積極的に推進する。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 久慈市漁業協同組合
住所 〒028-0041
岩手県久慈市長内町42-6
電話番号 0194-52-3111