浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

宮城県|宮城県近海底曳網漁業再生委員会

宮城県近海底曳網漁業協同組合

取組概要 出荷形態の多様化
キーワード活締め出荷
活魚出荷
高鮮度保持
販路その他
取組タイプ漁法・水揚方法
魚種 タラ
ヒラメ
カレイ
イカ
毛ガニ

浜プランの取組内容

1)漁業収入向上のための取組
①減少傾向にある魚種の資源管理と増加傾向にある魚種の利用
減少傾向にあるマダラの小型魚保護等の資源管理に関する取組を継続しつつ,増加傾向にあ
るタチウオやサワラ等の魚種を積極的に利用して,水揚げ量の維持に取り組む。
②主要漁獲対象種の出荷形態の多様化
第1期プランで効果のあったヒラメ・マコガレイ・ババガレイの活魚出荷については,引き
続き取組を継続する。加えて,漁船リース事業を活用して新船建造をする際に,魚槽海水冷却
装置の導入も進めることで,活魚出荷体制を強化する。
一方で,新型コロナウイルス感染症の流行が今後も続く場合,外食産業の活魚・鮮魚需要は
低迷すると予想されることから,代替となる出荷形態についても検討を行う。
③ケガニの活魚出荷と資源管理
これまで発泡箱を用いて鮮魚出荷していたケガニを活魚出荷に切り替えることで,販売単価
の向上を図る。加えて,ケガニ資源を持続的に利用するため,小型個体の再放流による資源保
護に取り組む。
④漁獲物高鮮度化と衛生管理の取組の継続
鮮魚出荷する漁獲物は,十分な氷を用いた低温管理を徹底して,高鮮度化に向けた取組を継
続する。また,水揚げする魚市場は高度衛生管理型魚市場として復旧しており,漁業者は,水
揚げ時の衛生管理ルールを遵守することで,地域全体で取り組む衛生管理体制の高度化に協力
する。
2)漁業コスト削減のための取組
①減速航行・船底清掃・漁場形成情報の共有等による省エネ操業の継続
第1期プランで効果のあった減速航行・船底清掃・漁場形成情報の共有等による省エネ操業
に関する取組を,引き続き継続する。
②新船建造による操業経費の削減の継続
漁船リース事業を活用して,老朽化した漁船の代船建造を計画的に進めることで,修繕経費
などの削減を図る。
4
③操業時間の短縮
昨今の海洋環境と水産資源の構成の変化を受けて,漁獲される魚種にも変化が生じている。
漁獲が昼間に集中する傾向のある魚種を対象とする期間は,出港時間の後ろ倒しと早めの操業
切り上げに努め,操業時間の短縮を図る。これにより,燃油消費量の削減のみならず,良好な
労働環境の実現もさせる。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 宮城県近海底曳網漁業協同組合
住所 〒985-0001
宮城県塩釜市新浜町1-11-15
電話番号 022-367-5866