浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

宮城県|宮城県沖合底びき網漁業再生委員会

宮城県沖合底びき網漁業協同組合

取組概要 漁獲物の価格安定化・高鮮度化
キーワード輪番操業
高鮮度化
ダンべによる販売
販路域外流通
取組タイプ鮮度管理(冷凍・冷蔵技術など)
魚種 タラ
スルメイカ
マダラ
キチジ
イトヒキダラ

浜プランの取組内容

1)漁業収入向上の取組
①資源の適正な利用
 減少傾向にあるマダラの資源管理のため,小型魚が多く分布する場所・時期における操業
を控えるとともに,小型魚が一定以上入網した場合は漁場を変更する。また,キチジ・サ
メガレイ保護のため,既に設定されている保護区の拡大を検討する。
 福島県漁業者と協議の上,震災後自粛をしていた福島県の一部沖合漁場での操業を再開す
ることとなったため,所属船12隻を3つの船団に分け,「沿岸・沖合・福島海域」の3
区域を各船団が交替で操業するグループ輪番操業を行うことで,漁獲圧の分散操業に取り
組む。
②漁獲物の価格安定化・高鮮度化
 保冷のための製氷を入れる十分なスペースを確保するため,各船で魚艙一区画当たりに入
れる漁獲物の量を2トンから1.5トンに削減し,鮮度保持に取り組む。
 所属船の一部は,がんばる漁業復興支援事業を活用して,老朽化した漁船の代船建造を行
う。これらの新造船は,海水冷却装置の導入や冷水艙の拡大,内壁板張りのFRP化など
により,漁獲物の高鮮度化に取り組む。
 比較的気温の高い時期を中心にまとまった水揚げが見込めるイラコアナゴ等について,保
冷性の高い容器(ダンベ)による販売に取り組み、高鮮度化を図る。
 閉鎖型の高度衛生管理型魚市場において,流通段階でも適切に衛生管理や温度管理に取
組,漁獲物を高品質・高鮮度で供給することにより,魚価の安定・向上を図る。
2)漁業経費削減の取組
①操業体制の効率化
 漁場への往復航行時の低速化に取り組むとともに,各船団に省エネ性能の高い新造船を配
置し,漁場探索に当たらせることで,漁場探索に係る燃油消費量削減を図る。
 4~6月の水揚げが少ない時期に1週間ごとに1船団が交替で休漁し,1隻当たりの年間
操業日数を180日以下にすることにより,燃油消費量の削減を図る。
②省エネ型漁船の導入
 がんばる漁業復興支援事業を活用して,老朽化した漁船の代船建造を行う。建造に当たっ
ては,ナックルバルブ付きバドックフロー船型の採用や船内照明のLED化など,省エネ
に資する工夫を行うともに,サテライトコンパスの導入等によりメンテナンスコストを削
減できる設計とし,漁業経費削減に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 宮城県沖合底びき網漁業協同組合
住所 〒986-0022
宮城県石巻市魚町2-14
電話番号 0225-93-8795