浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

茨城県|日立市地域水産業再生委員会

久慈町漁業協同組合

取組概要 品質・鮮度保持と付加価値向上
キーワードCAS
さくらダコ
久慈浜しらす
販路域内流通
取組タイプ鮮度保持(〆・裁きなど)
魚種 シラス
コウナゴ
ヒラメ
カレイ

浜プランの取組内容

本市の水産業は、漁業就業者の減少や高齢化による担い手不足に加え、漁獲量の減少や魚
価の低迷などにより、今後は、活力の衰退が懸念される。
そのような現状から、漁村地域を活性化し、漁業後継者などの若手が新規で就業しやすい
環境を整え、担い手確保・育成を図るとともに、現漁業者が少しでも長く、健康に就業でき
るよう、作業の省力化などによる就労環境の改善を図る。
また、漁獲物の付加価値を高めるため、売り先を明確にした販売戦略、地場消費を増やす
取組、衛生管理や作業の効率化などの流通改革、「さくらダコ」、「茨城あんこう」、「久
慈浜しらす」等を始めとした地元水産物を活用した浜のにぎわい創出や魚食普及活動、省燃
油活動や協業化による経費の削減、生産基盤となる漁港の老朽化対策を計画的に推進するこ
とで、所得の向上と魅力ある漁村づくりを進める。
≪漁業収入向上のための取組≫
1 漁獲物の品質及び鮮度保持と衛生管理の向上
船上での漁獲物の扱いや冷却による鮮度保持、市場内での衛生管理について行政機関等
の指導を受けながら、各船間の鮮度管理の平準化や、船上から出荷に至るまで途切れるこ
となく品質管理を行い、魚価の向上を図る。
2 漁獲物の付加価値の向上
これまで開発してきた CAS 等の冷凍製品については、製品特性を生かし、市場ニーズに
合った販路拡大が見込めそうな魚種について、改良及び安定生産に努め、好・不漁により
激しく変動する漁獲物の付加価値の向上を図る。
3 持続可能な水産資源の維持管理
長期的な漁獲の安定化と増大を図るため、アワビ、ヒラメの種苗放流を実施しながら、
水産資源を持続可能なものにしていくため、適切な水産資源の維持管理に努める。
4 磯根資源の維持・増大
水産資源の維持活動及びウニ密度管理等による藻場の保全活動やアワビの種苗放流を実
施しながら、磯根資源の特性に応じた放流方法並びに操業を行い、行政機関等と連携を図
りながら磯根資源の維持・増大と市場への安定供給を目指す。
5 水産物の養殖による新たな収入源の検討
新たな収入源の検討として、活魚水槽等を利用した駆除した空ウニの養殖試験を行い、
事業化を検討する。
6 魚食普及及び消費拡大
地元水産物の利用促進策として、市内外のイベントにおいて安値販売や量販店の試食販
売の取組や料理教室の開催により、魚食普及及び消費拡大を図るとともに、本市の水産物
が鮮度、品質等において安全安心であることを、ホームページやメディア、SNS 等を活用
して情報発信し、広報 PR 活動の強化を図る。
7 漁業研修制度による新規漁業就業者支援
漁業研修制度を活用した新規漁業就業者支援や茨城県立海洋高校との連携により新規漁
4
業就業者の確保に努める。
8 漁労作業の効率化・省力化
漁労作業の身体的負担を軽減し、作業効率を上げるための共同利用施設等を整備する。
≪漁業コスト削減のための取組≫
1 減速航行の励行による省燃油化等
減速航行の励行による省燃油化、省エネ機器等の導入検討、船底清掃や機器メンテナン
スの実施による漁船の負荷低減を図る。
2 セーフティネットへの加入推進
漁業経営セーフティネットへの加入を推進するとともに、老朽化した漁港の機能保全対
策として、安全で効率的な操業のため、漁業生産拠点となる漁港機能の整備保全に取り組
む。
3 漁港機能の整備保全
老朽化した漁港の機能保全対策として、安全で効率的な操業のため、漁業生産拠点とな
る漁港機能の整備保全に取り組む。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 久慈町漁業協同組合
住所 〒319-1222
茨城県日立市久慈町1-1-2
電話番号 0294-52-3360