浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

茨城県|那珂湊地区地域水産業再生委員会

那珂湊漁業協同組合

取組概要 衛生管理体制と販売・PRの強化
キーワード1船全量独占販売
資源管理
6次産業化
販路域外流通
取組タイプ他地区での市場調査
魚種 ヒラメ
タイ
ヤリイカ
アンコウ
シラス

浜プランの取組内容

≪漁業収入向上のための取組≫
1.衛生管理体制の強化
・市(市場開設者)及び漁協(市場管理者)は,水産試験場,専門機関の指導のもと,
市場内の導線等の改善を図りつつ,必要な施設整備を行い,すべての漁業者や仲買
人等の市場利用者はその適切な利用により衛生管理体制の強化を図る。また,市場
利用者を集めた協議会の定期開催や,衛生管理講習会を通じて,衛生管理体制の改
善や利用者の意識向上を図る。
・底びき網漁業者は,多種多様な漁獲物を市場で選別する必要があるため,選別台を
導入し,選別作業の効率化を図り,衛生管理体制の強化や漁獲物の鮮度保持に努め
る。
2.販売・PR等の強化
(1)新たな販売方法の開拓
・漁協は,新たな販売方法として,底びき網漁獲物の1船全量独占販売を行い,魚価
の向上を図る。
(2)6次産業化等の取組強化
・漁協女性部は,6次産業化等の取組により,地元水産物の付加価値向上や消費拡大
を目指す。
(3)加工品販売の強化
・加工協及び加工協組合員は,加工品販売の強化のため,地元原料を活用した新たな
商品の開発と販路の開拓を行うとともに,加工排水の処理方法を排水処理施設内で
の全処理から公共下水道への接続に変更し,加工コストの削減を図る。
(4)魚食普及のPR
・市は,漁港を訪れる方が海釣りを楽しむための公園として整備した漁港公園内の遊
歩道(ボードウォーク)を改築し,公園内で市魚食の普及推進に関する条例の啓発
や魚食普及のイベントを開催することで,漁港区域の賑わい創出と魚食の普及を図
る。
3.地先資源の管理
・漁業者は,ヒラメやアワビの種苗放流や,法的管理及び自主管理による資源管理型
漁業を行い,資源の維持増大に努める。また,アワビの放流については,試験研究
機関等の指導のもと,より効率的かつ効果的な放流手法の導入により,放流効果の
増大を図る。
4.後継者育成
・漁協及び市は,後継者育成対策協議会を定期的に開催し,地域が一体となった後継
者対策を行うための枠組づくりを目指す。
・市は,これまで行ってきた漁業体験事業の拡充や,後継者確保のために研修生を受
け入れる漁業者に対する支援により,就業機会の創出に努める。
・漁協は,漁業研修の希望者の受け入れを積極的に行い,後継者の確保に努める。
≪漁業コスト削減のための取組≫
5.操業コスト削減
(1)燃油高騰対策として省エネ活動
・漁業者は,燃油高騰対策として,漁業経営セーフティネットへの加入を継続すると
ともに,燃油使用量の削減のため,船底清掃や減速航行に努める。
(2)上架場の改修
・漁協は,老朽化した上架場の改修を行う。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 那珂湊漁業協同組合
住所 〒311-1214
茨城県ひたちなか市和田町3-11-11
電話番号 029-263-6311