浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

茨城県|磯崎地区地域水産業再生委員会

磯崎漁業協同組合

取組概要 高度衛生管理による付加価値向上と6次産業化の推進
キーワード一口アワビ
資源管理
高度衛生管理
販路域外流通
取組タイプ安全・衛生管理
魚種 シラス
ヒラメ
アワビ
シイラ
フノリ

浜プランの取組内容

【収入向上の取組み】
① 品質衛生管理施設の適切な運用による付加価値向上
漁協では,水産物の全面的な共同出荷という販売方法により,近都県の卸売市場と取引をし
ているが,豊洲市場の供用開始もあり,今後産地における水産物の品質・衛生管理が一層注目
されることから,漁協荷捌所における高度衛生管理を継続し,大日本水産会による優良衛生品
質管理市場・漁港認定を更新していくことで,水産物の高品質・高鮮度を維持していく。ま
た,市との協力により HP や SNS の活用や,ふるさと納税返礼品への採用などにより PR の機会
を増やし,高品質な魚を提供する市場としての認知度の向上を図り,磯崎市場ブランドのブラ
ンド力強化や新たな販路の開拓による魚価の向上や需要の拡大を目指す。
さらに,固定式刺し網,引き釣り漁業者及び漁協は,神経締めヒラメ等について,出荷体制
の確立及び消費地市場ほか,さまざまな販路の開拓による付加価値の向上を目指す。
② 6次産業化の推進
漁協及び漁業者,市と協力し,これまで開発してきた 6 次産業化商品である未利用資源を活
用したシイラのつみれや乾燥・凍結フノリ,市場出荷が難しいキズヒラメを利用したヒラメの
フライ等のイベントでの販売強化及びしらす等を利用した新たな加工品の開発・販売により,
消費拡大と付加価値向上目指す。また,これまで一口アワビ(陸上養殖)を中心に行ってきた
漁協直販について,イセエビやアワビ等の天然資源の取り扱いを強化し,地先資源の PR や魚価
の向上を図る。また,若手漁業者を中心に,加工業者との連携により,これまで未利用だった
ワカメなどの磯根資源について,新たな加工品の開発や量販店へ売り込みを行うことで需要拡
大を目指す。
③ 地先資源の管理
漁協および漁業者は,資源管理の取組として,これまでに引き続き県栽培漁業センターにお
いて生産したヒラメ・アワビなどの種苗放流やヒラメ等の小型魚の漁獲制限を行う。併せて,
採介藻漁業者は,アワビの年間漁獲上限(原則 2.5 トン)を順守し,乱獲の抑制,資源保護に
努める。なお,漁獲量の上限については,資源状況や水産試験場の知見に基づき設定する。
④ 水産業 PR 活動
漁業研究会員は,地元小学生を対象に,中間育成したヒラメ稚魚の放流体験事業を引き続き
行う。
また,漁協は地びき網体験事業や漁港内でのイベント開催等について,市や地元観光協会と
連携して取り組みを拡大することで,魚食普及や漁業への理解増進を図ることに加え,6 次産業
化商品等の販売促進を見込む。
【コスト削減の取組み】
⑤漁業コスト削減
漁業者は,燃油高騰対策として,漁業経営セーフティネットへの加入を継続する。また,燃
油使用量の削減に向けた船底清掃,減速航行も引き続き実施していく。


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 磯崎漁業協同組合
住所 〒311-1202
茨城県ひたちなか市磯崎町4643
電話番号 029-265-8111