浜プランの取組地区数

5 6 7 地区

千葉県|千葉県地域水産業再生委員会安房地区部会(千倉・和田・白浜地区)

東安房漁業協同組合(千倉・和田地区)

取組概要 種苗放流と藻場保全
キーワード種苗放流
漁場管理
藻場保全
販路その他
取組タイプ漁法・水揚方法
魚種 ヒラメ
マダイ
トラフグ
バイ
アワビ

浜プランの取組内容

①漁場・資源の回復・保全の取組
漁業者及び漁協は、
東安房漁協本所(千倉地区)
東安房漁協白浜出張所
(白浜地区)
東安房漁協和田出張所
(和田地区)
・「水産動物の種苗の生産及び放流並びに水産動物の育成に関する基本計画」に基づき、地域栽
培漁業推進協議会及び県が行うヒラメ、マダイ、トラフグ、バイ等の種苗放流事業に対し、積極
的に協力する。(3 地区)
・アワビについては、これまで 4 年輪採型の漁場整備を進めてきたが、生産性の低下が見られる
地区があり、漁場造成後の漁場の管理等が課題となっていることから、アワビ種苗放流の継続と
漁場管理手法の見直しによる増産対策を行う。(3 地区)
・地先の藻場を保全するため、県水産総合研究センターが実施する藻場消失の簡易調査手法の開
発や実証試験、モニタリング調査等に協力する。(3 地区)
②漁業収入向上対策
・漁協は、鮮度保持技術の高度化及び水揚物の集約又は入札の一元化により価格形成力を向上す
る。
→漁協は、専門家の現地指導を受け、和田市場の水揚物の千倉中央市場への集約又は入札の一元
化、新規仲買人(買受人)の参入を検討し、方針を決定する。
また、漁獲物の銘柄、市場における取扱手法の統一化等の販売事業の合理化、効率化に向けた検
討と対策を実施する。(千倉地区、和田地区)
→漁協(定置課)は、活魚取扱量を増加させ、活魚や船上での一次処理等、差別化による魚価の
向上の取組を推進する。また、漁協は、活魚の増加に対応できるよう衛生管理の向上を図るため
海水処理施設(海水ろ過装置と紫外線殺菌装置)を整備する。(千倉地区)
・漁協は、磯根物の集荷業務の効率化を図るため、集荷場所の拠点化を進める。具体的には、こ
れまで 11 箇所あった白浜地区内の磯根物の集荷場を 5 箇所(乙浜漁港、名倉漁港、野島漁港東
泊地、川下漁港、白浜西部漁港根本泊地)に統合する。5 箇所のうち、3 箇所(乙浜漁港、名倉
漁港、川下漁港)については、既存の施設を活用し、2 箇所(野島漁港東泊地、白浜西部漁港根
本泊地)については、集荷施設の整備を行う。(白浜地区)
・漁協及び漁業者は、低・未利用魚の利活用を推進する。
→漁協は、地域水産物関係品の取扱量の増加を図るため、台風で被災した千倉加工場と白浜ヒジ
キ加工場を統合再整備する。漁業者は、ヒジキについて、より高品質な漁期前半の刈取りの増強
など、漁獲量(刈取り量)を増大させる取組を実施する。(千倉地区、白浜地区)
・漁協は、高鮮度冷凍品(鮮魚、一次加工品)の取扱量を増加させ、地域飲食店への供給を行う
とともに、令和元年の台風で被災した千倉加工場の冷凍庫を再整備する。(千倉地区、白浜地区)
・漁協は、鮮度向上型集出荷資材(保冷型ダンべ)を導入し、漁協及び漁業者は、活魚取扱量を
増加させる。(和田地区)
・漁協は、市場の衛生管理体制の整備(衛生品質管理要領の HACCP への対応や策定と実施、防
鳥ネットの設置、長靴洗浄槽等)を行う。(千倉地区、和田地区)
・漁協は、地域水産品(生鮮・加工)の販売促進のため積極的なPRを実施するとともに直売事
業を改善する。(3 地区)
③漁業コスト削減対策
・漁協(定置課)は、第 1 期プラン時に導入した改革型本船、改革型多目的船、改良型定置網に
よる漁業コストの削減対策を継続する。(千倉地区)
・漁協は、荷さばき施設における衛生管理設備を有効活用するため、千倉地区の海水電気分解装
置(平成 22 年に市単補助事業で導入済)を和田地区に移設し、衛生管理に活用することでコス
ト削減を図る。(千倉地区、和田地区)
・漁協は、現在、千倉地区で実証試験を行っている改良型定置網(急潮に強く、メンテナンス性
が高く、修繕費等のコストが削減できる。)の和田地区への導入について、共同経営者と運用等
協議を行い、導入することでコスト削減を図る。(和田地区)


さらに詳細を確認する(外部ページに遷移します)

※上記は、水産庁ホームページに掲載の浜プランの内容を転載しています。

団体情報


JF・団体名 東安房漁業協同組合(千倉・和田地区)
住所 〒295-0025
千葉県南房総市千倉町千田1052-6
電話番号 0470-43-8311